2017年05月22日

スズキコージ ヤッホーホイホ―展 秋田県立近代美術館 

先週、横手の近代美術館にスズキコージ展を観に行ってきました。
DSC02575_blog.jpg

持っている絵本は数冊ですが、昔、参加していた読書会で人気が高く、サイン会や講演会に行ったことがある絵描きさんです。まさか秋田にやってくるとは。ほくほく出かけて行ったのですが、いざ来場してみたら、来場者が終始、私一人という展開でさらにびっくり。たまたま誕生日でもあったのでテンションあがりました。いつもであれば、携帯だの話声だの、見ている絵との間を通過されるだのと、マナー悪いわ〜(怒)(怒)と思うことが1回や2回や3回はあるのですが、今回は全くのストレスフリーでゆっくり観賞することができました。満喫しすぎて2時間半も滞在していた私。置かれている付属の絵本も挿絵の一枚一枚を原画と見比べながら見られましたよ。ライブペインティングの大きな絵で囲まれたホールでは、「この空間に私一人!!」というあまりの贅沢さにくらくらしました。これまで色々な展覧会に行きましたが、誰もいなかったというのは初です。きっとゴールデンウィ―クが終わったばかりで、田植え直前だったからでしょうね。

何年か前に東南アジアのろうけつ染めの手法で作品を手掛けられているドキュメントを見たことがあるのですが、その作品もさりげなくホールの天井からぶら下がっていて、「おお〜」と思いました。そして絵本とちがって近年のライブペインティングはシャガールみたいな雰囲気が加わったようにも感じました。これは新発見。

これまでロシア等寒い国の民話の絵本の挿絵が似合うなあと思っていた方でしたが、ナンセンス絵本の挿絵も合うなあと思った今回の展覧会でした。様々な手法で実験的に思える挿絵も多くて、原画を見るとあれこれ絵本を読みたくなるのですが、今回は特に「ガブリシ」の絵本が欲しくなりました。自宅の本棚に並べている絵本とは雰囲気が違うので、影響されたのがよくわかります(笑)。

観終わった後は、家に直帰というのももったいなかったので、ふるさと村の美術館側の斜面(彫刻の森というらしいです)を散策してきました。

風で随時動いて形を変えている羽のようなもの。コレ、なんだか好きなのです。強風の吹く夜など、寝しなにふと思い出して、今頃どんな動きをしているのだろうと考えたりすることがあります。
DSC02579_blog.jpg

宇宙船が着陸したようと言われる美術館の建物を横から。この赤い斜めの部分は長いエスカレーターです。あんまり動いていることがない(利用時だけ動くのかもしれません)のですが、一度だけのったことがあります。
DSC02581_blog.jpg

どうせなら、こんにゃく石を観に行こうと思って、てっぺんまで登りました。コレがこんにゃく石です。いつ見ても「なにこれ」と思う(笑)。猫のせたいわあ。
DSC02580_blog.jpg

下りながら個人的に大好きなキリンちゃんを望む。
DSC02582_blog.jpg

この花、なんていうんでしたっけ?
DSC02584_blog.jpg

一ヶ月前までと比べて、ずいぶん緑が濃くなってきていました。この彫刻の森、紅葉の時期もいいのですが新緑の時期もいいです。登る時はふるさと村からやってくる列車の運行に気をつけましょう。

美術館のリーフレットで、今夏は、秋田市の県立美術館に短いですがエロール・ル・カイン展が来ると言う情報もゲットしました。こちらも絵本の挿絵の展示会です。15年くらい前から少しずつ絵本を集めている絵描きさんなので、こちらも行かねば。

今年は秋の「明治の工芸展」と「花森安治展」を視野に入れていたのですが、外出予定が1つ増えました。疲れて億劫という気持ちに負けて出不精にならないように気をつけないと。夏まで頑張って仕事します。







posted by UH.Komatsu at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート

2017年05月20日

楢岡陶苑 乾物部始動

ようやく、5月晴れの爽やかな日がやってきました。

今日明日はきっと田植え最盛期、出勤時からもうあちこちの田んぼに人影とトラクターと軽トラックをいくつも見かけました。

楢岡陶苑では乾物部(部員1人、補助員1人)始動です。

まずは人参。
DSC02609_blog.jpg

先週から干し始めたもの。だいぶ乾いてますが、雨の数日間、屋内に入れてあったので、ちょっぴりしけり気味。中途半端で取り込むとカビが生える恐れがあるので、念を入れてかぴかぴに干します。
DSC02610_blog.jpg

こちらは今朝削ったもの。まだみずみずしいです。
DSC02611_blog.jpg

昨年までは100円ショップで買ったピーラ―を使用していましたが、人参削るとすぐ刃こぼれ、固い部分にひっかかってなかなか削れないというストレスがあったので奮発してメーカー品を購入しました。家人には「だって、これからもあれやこれやたくさん削るんでしょ」とのお言葉をいただきました。削り心地に「異次元の」という謳い文句や称賛があげられているものです。おかげで人参3本削るのに5分かからず、ストレスフリーになりました。

そして今日の真打ちはこちらです。連休中に採取した桜の花。塩を振って酢に漬けこんで、後は干すだけと言う過程で雨だの風だのに見舞われ、二週間近くつけっぱなしになっていました。
DSC02608_blog.jpg

漬けこんでいた時間が長かったためか桜酢は色が濃くてキレイ。
DSC02603_blog.jpg

桜の塩漬けは、額の部分に含まれるクマリンという成分が梅干し以上の抗菌力があるそうなので、夏のご飯に炊き込んでみようかと計画しています。ただし摂りすぎると肝臓に悪影響が出るので少しずつですが。

さて、桜は今日から3日程度の陰干し予定です。

が!!

陶芸体験の片づけしている間に、なかなか強い風が出てきているではないですか。慌てて様子を見に行ったら、案の定、風に飛ばされて干してた桜は干しザルの縁の辺りにたまってました…。アミ付きの干しザルで良かった〜。風がおさまるまで、と室内に取り込みましたが、すでに二時間経過。まだまだ風が強く吹いています。
posted by UH.Komatsu at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくするもの

2017年05月14日

水差し

久しぶりの「陶工のきまぐれ品」ができました。

今回は、横からちょこっと口をだして水差しを作ってもらいました。
DSC02586_blog.jpg

ちょっとイメージと形や雰囲気はちがうのですが、作ってもらったモノなので、そこは仕方ないということで(笑)。

ところでフードコーディネーターの長尾智子さんも著書「あさ・ひる・ばん・茶」で、水差しは日本の食卓においては、ほぼ用がなく、結局、飾っておいたり花をいけたりするくらいなのに、見るとなんでか欲しくなったり魅かれてしまうということを記しておられましたが、私もそうです。同じく本来の用途では全然使いこなせてはいません。それでも、いいな〜と気持ちがふらふらと吸い寄せられてしまうときがあります。なんででしょうね。外国の食卓で、水やジュースや牛乳がなみなみと入って鎮座しているイメージに対する憧れみたいなものがあるのでしょうか。不思議です。

ちなみに陶工は、水差しについて、特にそんなふうに思うこともないそうで。男性はそうでもないのかしら。

とりあえず、今回は私の「あったらいいな」を具現化したので、気まぐれ+αということで。
もちろん1個限定です。
posted by UH.Komatsu at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2017年05月08日

ヨモギと桜摘み

ゴールデンウィークが終わりましたが、皆さまよい日々を過ごされたでしょうか。今年の楢岡陶苑は例年よりもお客様が多く、みっちり働きました(笑)。ご来店くださいました方々、ありがとうございました。楽しい時間を過ごしていただけておりましたら幸いです。

さて、私はゴールデンウィーク中に、お休みが一日あったので、今を逃さじと実家へヨモギ摘みに行ってきました。毎年、四月の内に行くので、今年は大きくなりすぎているのでは?と心配してましたが、さすが山際、やっと雪が消えたそうで、父はジャガイモ植え中、ヨモギはここ数年でベストな摘み時でした。

山にはまだ少し雪。
DSC02568_blog.jpg

雑木林は春先のがらんとした感じ。
DSC02567_blog.jpg

去年のヨモギは少し育ち過ぎて筋っぽく、土汚れもついていて洗うのが大変で、周りには羽虫も飛んでいて色々いまいちでしたが、今年はまだ出てきたて。葉もやわらかくてキレイで、虫もいませんでした。
DSC02571_blog.jpg
ただ、去年の枯れ草が雪に倒されて層になった中にヘビがいて、「ひいやああ〜」と悲鳴を上げてきました。まだ、会いたくなかったよ、君には。

これはモグラ。
DSC02570_blog.jpg

ここ数年、気にしていた桜の木も初めて開花始めに遭遇することができました。桜の塩漬けをやってみたいと思っていたんですよ。しかも、この牧草ロール、なんていい場所にあるんでしょ。
DSC02565_blog.jpg

ロールによじ登って蕾を積んでいたら、母が脚立を運んで来て参戦して来ました。道行く車が、みんな速度を落としてこっちを見てましたね〜。何してんの?あの人たちって思われたんだろうな〜(笑)。

初めてだし、欲張って摘むのもなあと思ったので、両手の平に乗るくらいの量でストップしました。
DSC02574_blog.jpg

ヨモギは摘んですぐ洗ってきたので、帰宅してからは茹でるだけ。量が多いのとくたびれたのとで刻むのは翌日に伸ばしました。ゆるく行けるとこはゆるく行かないとバテますからね。説明には、桜に塩をまぶして重しをして水をあげろとあったので一晩放置することに。しかーし、「水気を拭き取って酢に漬ける」という過程に進むには、もう出勤日。仕方ないので翌朝五時に起きて桜仕事は一段落させました。帰ってきたら待っているのは大量のヨモギ…。

「面倒〜」という気持ちが出てきていましたが、こういう採取モノというのは待ったなしなのが常。手を動かさないことには来年までのヨモギパンが焼けなくなるので頑張りました。今年はキッチンバサミという文明の利器を導入したので、随分早く、そして楽に作業を進めることができました。それでも一時間ちょっとかかりましたが(笑)。おさえたつもりでしたが、やはり野に出て浮ついて採りすぎたかな〜。

ヨモギを茹でたお湯は鍋ごと風呂場に運んで行って浴槽にあけました。菖蒲湯ならぬヨモギ湯に。なかなかいいお湯になりました。

さて、残されたのは桜仕事。酢漬けにしたあと、塩をまぶして干す、と言う過程で終わりなのですが、どうして今年は毎日毎日強い風が吹くのでしょうね。干したら飛ばされる…。風の具合を見ている横で、桜の入った酢はキレイなピンク色に染まっています。

*足を向けたついでに、実家の猫もからかってきました。
DSC02572_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくするもの

2017年05月04日

すり鉢制作

5月4日。今朝、出勤する折に玄関先に日の丸を掲げているお宅がありました。
「あ、旗日だ」
「なんの日だっけ?国民の休日?」
「そだね」
という会話をしていたのですが、カレンダーを見てみれば『みどりの日』だそうです。みどりの日は4月29日じゃなくなってるんですね。そういやそういうニュースをだいぶ前に聞いたような…年齢がバレますね(笑)。

工房では、4月下旬からすり鉢制作が始まりました。
陶工が削り作業している横で、私は櫛目のバリ取り作業です。
DSC02507_blog.jpg

バリがくっついたままでは見た目も悪いし、すりこぎに当たって欠片が取れて食べちゃったなんてことになったら大変ですしね。
DSC02504_blog.jpg

軽く指でひとなでした後、金ブラシを櫛目一本一本をなぞるように当てて行きます。歯ブラシ型の金ブラシですが、先端の一筋しか使わないので、作業後にはなんとも不思議な形に毛先がすり減ります。

ポイントは力を加減して櫛目を破壊しないこと。まだ乾燥させただけの状態なので、力を加えると簡単に潰れます。櫛目を無視してがーがー金ブラシを動かして櫛目を片っ端から破壊するのは言語同断です(以前、そういうスタッフもいましたが)。

きれいになりました。これ以上続けると櫛目が摩耗してしまうので、素焼きして焼きしめた後に同じ作業をもう一度行います。
DSC02508_blog.jpg

今回は100個制作しました。2日間、みっちりバリ取り。
DSC02506_blog.jpg

さすがにそれだけ、機械のように同じ動きを繰り返したら、手首や肘が文句を言いだしたので、薫風薫り始める中、そこはかと漂う湿布の香り。風情ないわ〜。

こちらはもうひとまわり大きい尺サイズのすり鉢。作りかけですが、すでに焼成用の窯の順番がきつきつなので順番待ち中です。5月の半ばあたりの焼成になるのかなあ。
DSC02505_blog.jpg

花火国際シンポジウムの折り、日本語全く分かりません、というアメリカからのお客様が見えました。八寸すり鉢について、これは何か、何に使うものなのかと尋ねられたのですが、日本語だめ対英語だめ。まあ大変。すり鉢って英語でなんて言うんだっけ?状態だったので名称は横においておいて「セサミ、ナッツ」と繰り返しながらゴリゴリするゼスチャーをしてみせたところ「おお〜、ク〜ッキ〜ング!!」と意思疎通がはかれました。そして、そのまま八寸すり鉢はお客様と一緒にアメリカへ旅立っていきましたが、すりこぎはあるのかな〜。ありますよね。するという調理法は日本だけのものじゃないはず。

余談ですが、この時、お互いにスマートフォンの翻訳アプリというものを手にしていたのですが、うちのスタッフが「サラダ」と言うと、何回言っても「真田丸」と変換される始末。「サラダって言ってるのに真田丸に変換されるんですけど〜」と言われましたが、そんな答えに困ること聞かないでくれ〜。こういうものは、どこの発音を基準に設定してしてあるんでしょう。肝心な時に母国語の発音の壁にぶつかってちゃだめなのよう〜。
posted by UH.Komatsu at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2017年04月29日

神岡の桜

昨日は久しぶりの定期検診でした。と言っても問診だけなのですが。10年通った病院から転院になったからかGW直前だったからか2時間半の待ち時間。長い…。持参した本も読み終わってしまい、待ち疲れした体が腰を中心に「むきー」と悲鳴を上げたので、帰り道の途中で昼ご飯を調達して神岡の公園まで来てみました。

桜満開、いい天気。
DSC02547_blog.jpg

デイサービスの車が入れ替わり立ち替わりでやってくるほかは、片手で数えるほどの人出で静かでした。桜の蜜を吸いに来ているヒヨドリやメジロの方が数多し。まだ散る頃合いではないので、鳥の羽ばたきで散る花びらがのどかでした。

これはヒヨドリ。見えるでしょうか。真ん中あたりにいます。
DSC02549_blog.jpg

雄物川の川べりを歩いて公園一周しつつ
DSC02551_blog.jpg

高いところ(土手の上)まで登ってみました。
DSC02558_blog.jpg

今年は日向に日陰、木によって花の付き方や咲き方がばらばらです。

これはよく花がついて、よく咲いてる木。
DSC02554_blog.jpg

それでも集まれば立派な桜並木です。
DSC02552_blog.jpg

久しぶりに太陽をたくさん浴びて、伸びて歩いて満足しました。さあ、そろそろ帰ろうと車に乗り込んでバックすべく振り返ると、どこから現れたのか秋田おばこ装束のお姉さんが一人いてびっくり。いつのまに!?沸いてきたとしか思えない現れ方でした。きっとポスターか何かの撮影に来たんだろうなあ。桜咲いてるし、人少ないし。

こちらの公園は13号線方向から楢岡陶苑までの途中(嶽見橋のたもとの雄物川べり)にある公園です。まだもう少し桜は頑張って咲いてくれると思うので、お時間があれば寄り道をおすすめします。「桜まつり」の看板は出ていますが静かなのがいいところです。


posted by UH.Komatsu at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくするもの

2017年04月24日

楢岡陶苑、開花宣言

駐車場の桜の木が開花しました。一輪二輪程度ですが。
DSC02517_blog.jpg

大曲では、数日まえから満開になっていて、車で15分程度の距離といえども差は大きいようです。

雪が少なかったので雪解けは早かったのですが、その後、空気の冷たい日が続きました。外に出してあったヒヤシンスは、芽が出てからの温度不足で茎が伸びず、根元での開花です。来年はもう少し気をつけてあげないと。
DSC02518_blog.jpg

今日も、朝は二℃、日中は二十℃の予報です。今年も極端な春のようです。
posted by UH.Komatsu at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年04月23日

サン・ジョルディの日

今日はサン・ジョルディの日です。スペインのカタルーニャ地方で、女性が男性に本を、男性が女性にバラの花を贈るのだそうで、数年前から友人にバラのカードを贈りたいな〜(性別のところは無視)と思いつつ、忘れるということを繰り返していたのですが、今年は無事ポストに投函することができました。

皆様にもお裾わけ。
DSC02513_blog.jpg

10年程前は、書店が売上につなげるべく無料配布の栞や書店くじなどで「サン・ジョルディの日には本を贈り合いましょう」と、さかんに謳ってましたがどうなったのかなあ。とりあえず、ここ近辺は定着していないようです。

さて、勝手に最近の読書の話です、興味ない方はすみません。

去年の冬の初めに、文庫ながら、なかなかのお値段でしばらく手が出せずにいたスヴェトラーナさんの本を買いました。
DSC02515_blog.jpg
少しずつ読み進め、今もなお読み終わらず読んでます。みっちりソ連で第二次世界大戦に従軍したり戦闘に加わった女性から戦中、戦後の体験を聞き取り調査した内容。さらさらと読み進められるはずもなく、これはゆっくり読んでいこうと決めた本です。というのも、去年の終戦記念日のあたりに、「世界大戦」であったのに、日本以外の国々の戦時下の状況をほとんど知らないなと思ったので。

重い本を読みながら、息抜きに生活本やフィクションを。
DSC02516_blog.jpg

「ルピナスさん」は大人になってから知った本で、影響受けて「ルピナスさん計画」をひとり発令し、先週、会社の敷地にルピナスを植えました。理想はバーバラ・クーニーの繊細な挿絵にため息が出る最終ページの、ルピナスがあちこちに群生する図なのですが今年は初心者なので最終的に5株にとどめました。さて、どうなることでしょう。

「365日」は料理家の渡辺有子さんの写真付き日記のような文章が365日分。野菜や果物や花、器、友人、風景などの写真がそれぞれ気取らないお洒落さで眺めてると和むのが分かります。肩から背中から力が抜ける感じ。気取らないって言うのがポイントなんだろうな〜。開いたところから読み進められるのもいいところ。芍薬の花と、光に透けるローズティ(朝でも夜でもなく午後三時に飲みたいお茶とのこと)の妖しい美しさの写真が好きです。

一段落したら、これを読みます。
DSC02514_blog.jpg
ダークファンタジーにして良質なゴーストストーリーだそう。あるレヴューに、夜中に屋敷を歩き回る人影、禁じられた部屋、部屋に入ると失うもの手に入るもの、屋敷を浸食する大木とあり、その雰囲気に興味津津。ふふふ。楽しみです。
posted by UH.Komatsu at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について

2017年04月17日

相棒 こぐま

明日からまた雨が、そして強い風が吹くそうですが、今日は日差しも気温も穏やかで、周辺の農家では早朝からビニールハウスのビニールがけ作業をしている姿をちらほら見かけました。納屋の前に稲の苗を育てる箱も積んであり、そろそろ農作業の始まりのようです。

買い出しに行くと、大根と白菜ばかりだった地産地消野菜コーナーにも青い葉野菜がぐぐっと増えました。春の活力を取り入れるためにも青菜は積極的に食べないとね。

青菜は茹でて食べることが多いのですが、ゴマはアンチエイジングによい、と耳にしてから胡麻和えにすることが多くなりました。ゴマはすったものの方が吸収がいいそうなので、いつのまにか棚の奥に追いやられていたすり鉢も発掘してごりごりゴマすってる最近です。

すり鉢でゴマをすると香りはイイのですが、すり鉢の櫛目にすったゴマが入り込んでなかなかとれなくなるのがストレスです。洗う時もなかなか落ちないし。

そのためのササラという道具があるわけですが、櫛目の太さによってはなかなかフィットしないんですよね。割竹を合わせたものや棕櫚を束ねたもの等、色々ありますが、作りによってはササラ本体の奥にゴマが入り込んで、こちらも洗う時に「きい〜!!」となったりします。

それで、ゴマをすった後、直接オイルや酢を流し込んでドレッシングを作る以外は、あまり使わなくなっていたすり鉢なのですが、やっと最近、よい道具を見つけました。

小さい熊手型のスクレイパー。
DSC02471_blog.jpg

これでカリカリ引っ掻くと面白いほど詰まったゴマが取れます。初使いの時は「おお〜う!!」と感嘆の声が出ました。すり鉢だけではなく、おろしがねにひっかかった大根や生姜もすっきり。洗う時も奥に入り込んだり絡まったりしないし、金属なので生乾きの不衛生も心配なし。これを使い始めてから、すり鉢は出っぱなしの使用頻度になりました。道具よって状況は変わるものですね。

小さい熊手型なので、「こぐま」という愛称がつきました。すり鉢の相棒として今後も頑張りを期待します。
DSC02469_blog.jpg

ちなみに、すり鉢はB品をつかっているのですが、上1/3部分の櫛目が釉薬で埋まってしまっていてつるつる(だからB品)のため、すりこぎを当てる部分を選ばなくてはいけません。急いでいる時はイライラの元なので、すり鉢の方も新調しようかな〜。したいな〜。

*「こぐま」はこちらで見つけました。
おろしがね・すり鉢用 ステンレス製スクレイパー IK-2101おろしがね・すり鉢用 ステンレス製スクレイパー IK-2101

池商
売り上げランキング : 26760

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by UH.Komatsu at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2017年04月15日

ふきのとう

どうやら菜種梅雨に入ったような土曜日です。ここ数日、強風でしたが今日から来週は雨模様の予報です。せっかく花苗を買ったのになあ。このタイミングで雨続き…。

駐車場のふきのとうがぽこぽこ顔を出したので、早速採取してきました。
DSC02481_blog.jpg

この顔を出したての、すぼまった形が一番かわいいなあと思います。

去年に引き続き、蕗味噌にしました。蕗味噌を作るきっかけになった、苦さが美味しくてご飯おかわりしたという連絡をくれた友人を今年も思い出しました。
DSC02482_blog.jpg

去年は3時間近くあく抜きしてもまだ苦くて、食べた後の戻ってくる風味も強く、数日の間はデトックスしてます感満載に濃度の濃い汗が出たりしたのですが、今年は10分たらずのあく抜きでも水の色はそれほど変わらず、食べても淡白な味でした。去年の、あの強烈さはなんだったの?

という話を親類にしたら、駐車場の蕗は水蕗だから味が薄いんだろうということで、山の畑から採取してきた野生(?)のふきのとうをスーパーのビニール袋1つ分を貰いました。

おおう。
採取は楽しいし、広い所で見るとたいしたことないように見えるのが常ですが、多い…(笑)。

全部、蕗味噌はとても無理なので、開いたり踏みつぶされたりしたものは選り分けて、2/3は天ぷらにしました。う〜ん、山のふきのとうも今年は風味が薄い。

ふきのとうも、その年それぞれなんですかね。調べてみましたが分かりませんでした。

とりあえず春の味覚、1つクリア。


posted by UH.Komatsu at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記