2021年06月10日

カリカリ梅とさし酢梅

6月も10日になりました。このところ暑い日より肌寒い日続きだったので、気持ちはまだなんとなく春なのですが、ふと気づけば植生はすっかり夏仕様になっていてびっくりするこの頃です。

ガマズミの花も咲きました。ふわふわの白い花もいいですが、緑のグラデーションが絶妙なつぼみの姿に毎年目を奪われます。
KIMG1439.JPG

スーパーの店頭もビワやプラムやミズなど初夏のものが並ぶようになりました。そして梅。昨今、「ていねいな生活」の代名詞になっている気もする梅仕事ですが、ていねいかどうかは置いておいて、やはり梅を見かけると気持ちがワクワクしてしまいます。なんというか、いよいよ夏の扉が開きますよ的な雰囲気が。

うちの梅事情的には、梅酒(去年仕込んだものがまだ手付かず)、調理用の梅(去年、予定外につけた青梅干し有り)なので手薄になっているご飯とお弁当の友のさし酢梅をつけることにしました。

しかーし!!なんと今年はタイミングよく小梅を入手したので、念願のカリカリ梅にも初挑戦してみることになりました。小梅、この辺はなかなか出回りませんね。シーズン中、一回くらいは店頭で見かけますが、元気なさそうなものだったり、数が少なかったり、入荷時期が私の仕事スケジュールと合わなかったり。毎年、玉子の殻だけは張り切って準備するものの、肝心の小梅が手に入らないまま数年…。あまりの手に入らなさ加減に、昨年、小梅の鉢植えを購入した次第です。まだ小さいので花は咲いたものの今年は実はなりませんでしたが。

KIMG1253.JPG

さて、入手した小梅。毎年言ってますが、水に浸けた梅は空気をはらんだメタリックさが素敵ですね。
KIMG1434.JPG

いよいよのカリカリ梅。目下、毎日仕込んだガラス瓶を振りながら経過観察中です。玉子の殻をいれるお茶パックもガーゼもなかったので(一年前に送られてきたマスクはありましたが、さすがに…)、急遽、コーヒードリップ用のペーパーを袋状に縫ってみたのですが、何か支障はあるかなあ。あったら、来年の改善点その1ですね。

さし酢梅は、おととい、南高梅で漬けてみました。
KIMG1476.JPG

あるもので漬けたので規定量より砂糖100g少なめで、キビ糖とざらめ半々。塩は海塩と岩塩半々で。甘味はともかく、食べてみて味や風味の違いが分かれば面白いんでしょうが、多分、わからないだろうなあ〜。ちなみに酢も足りなかったので、翌日買ってきて足しました。梅だけに気持ちとられすぎですね。

漬けた直後のさし酢梅。酢が足りないので梅の頭が出ています。瓶ごと振って、買い足すまでの1日ごまかしておきました。
KIMG1478.JPG

だいぶ適当ですが、おいしくなりますように。



posted by UH.Komatsu at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくするもの

2021年06月06日

ぐいのみ 他 作陶状況

ゴールデンウィークが終わり、行楽お土産用の注文品も落ち着いて、ろくろ場にも少し余裕が出てきました。大体いつも取引先からの注文に追われてばたばたしているのが現状(←慢性的人手不足)なので、この機会にと、注文は入っていないけれど、店舗に並べたいものをいくつか製作しました。

まずは一品ぐいのみ。取引先に出荷する品物の画像をTwitterにupしたところ、なかなか反響がよく、陶工ががぜんやる気を出しました。陶工いわく「注文品として出荷しているものより攻めた形にしてみたい」とのこと。

一品ぐい呑みはその名の通り、一つずつ形を変えてあり、自分の手にしっくりくる1個の選択を楽しめることが特長になります。感覚は人それぞれなれど、最終的に人の手に収まるものなので、通常品はコロンとした雰囲気の、手に合う要素多めの形になっているのですが、今回その要素を少し削ってみた次第。

結果、なんだか不思議な形が多めになりました。手にしっくりくるかに加えて、どこから飲むかにも選択肢の幅が!!
KIMG1415.JPG

個人的には、この河童の足跡みたいな形のが気になります。
KIMG1419.JPG

「攻めた一品ぐい呑み」は、窯元限定商品として、通常型に取り交ぜて店頭に並べております。ご来店された折には、どうぞ色々選んでみて下さいね。

さらに、ものすごく久しぶりになりますが、線彫ぐい呑みも作陶しました。普段だと、陶工が高台を削り出すのに合わせて、私が線を彫り入れるのですが、今回は店舗&事務作業が忙しくて手が空かず、線彫りも陶工が行いました。

陶工が線彫りすると、線が太目で線の間も少し空き気味のおおらかな雰囲気になります。私が彫ると細い線でこれでもかと言わんばかりのみっちりさに。同じ道具を使っていますが、それぞれの好みがダイレクトに反映されますね…。
KIMG1432.JPG

ちなみに、この線彫りがよい滑り止めになって、酔いが回っても落っことしたりしにくいですよ、というのが宣伝文句です。

これらに続いて、馬上盃も久しぶりに店舗にならべたいねという話をしていたのですが、5月の後半から、もう夏を見据えた注文がちらほら入り始めました。注文品が優先となりますので、馬上盃の作陶は少し先になりそうです。

現在は、夏のイベントや父の日に向けた品物を作陶中ですが、一日一日と日を追うごとにスケジュールがタイトになり、陶工に焦りが見え始めました。必要な物を必要数、とりあえず形にしておかないとね。注文によっては、すでに来月の窯でと、ご了承いただいたものもあり。もうじき素焼き作業に移行します。有限の窯面積に関しては、素焼きが終わってから、〆切や注文日と相談しながら取捨選択になるかと。追っかけですぐ二回目の窯を焼成することになるかと思いますが、その数日の完成のズレが大事になったりするので、計画は慎重に。でも、父の日はギリッギリになりそうだなあ…。

頑張ります。
posted by UH.Komatsu at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2021年05月31日

5月の庭

小学生の頃、毎月、全校集会で歌う今月の歌というのがあり、5月は「みどりのららら」だったな〜と思い出すくらい、今月は目覚めた植物の成長が著しい月です。昨年晩秋から枝ばかりになっていた木々が芽吹いてあれよあれよという間に立派に茂りました。変化が早い!!半年ぶりに駐車場に木陰&木漏れ日ができたのを見て「ああ、やっと寒い季節が終わった」と実感した次第です。
DSC04915.JPG

KIMG1413.JPG

4月の終わりから咲き始めたチューリップもゴールデンウィークには満開に。
DSC04913.JPG

KIMG1354.JPG

無造作にチューリップが咲く庭ってかっこいいかもと、あえて露地植えにしているので、都会の方には、枯れ葉を突き破って生えている姿がとてもワイルドにうつるそうです(チューリップは花壇やプランターに整然と咲いているイメージが強いそうで)。今年は八重咲の花に加えて、花びらにシャギーが入ったものも植えてみました。毎年、1種類ずつ球根を増やしているので、来年はまた別のチューリップが加わるはず。お楽しみに。

店舗入り口には、南高梅(梅子)、小梅(小梅)←新入り、山椒(椒子)←新入り、くちなし(くちなし子)の鉢が密に並びました。全部、のちの収穫を見込んだものばかり((* ´艸`)。今年は、どの鉢も花ばかりで(くちなしはこれから)実はなっていませんが、梅は梅干し、小梅はカリカリ梅、山椒は白い麻婆豆腐になる予定です。作業の合間にのぞいてみると、南高梅にはアブラムシ、小梅には青虫、山椒には蝶々の幼虫とおぼしき毛虫がついていたりすることも。好み、それぞれなものよのう、と見つけ次第、駆除に励んでいるこの頃です。実がなったら、いつか加工までたどりつけるといいなあ。
KIMG1412.JPG

山椒は、こうなる予定。
KIMG1386.JPG

今年もコロナ禍なので、休日はなるべく外出は控えていますが、実はステイホームの幅が広いということが普段気づかない田舎のよいところ。自宅の裏の草むら(5月なのでまだ藪ではない)や木の下(まだ虫が少ない)などに椅子を持ち出しての簡易ピクニックが今年のひそやかな楽しみになっています。たとえ庭先や自宅の裏であろうとも戸外にいると、冬が終わった感(←結局、この時期、これが一番嬉しい)を実感できて、それだけでモチベーションがあがるように思います。梅雨と酷暑の時期まで、もう少しの間、楽しめたらいいな。
KIMG1424.JPG

桜のあと、満開になった小さい花。植物に詳しい友人に聞いたところ、ムラサキサギゴケとのことです。
KIMG1425.JPG

ついでに、晩御飯のおかずも採取。
1621036045911..jpg

初夏ですね。風が強い日多いけれど。雨の日も寒い日も多いけれど。
posted by UH.Komatsu at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2021年04月22日

28個のお菓子

先日、お買い物に見えたお客様からお土産に金萬をいただきました。今は近所のスーパーで真空パックになったものとキティちゃんコラボのものまで買えますが、幼少期はお土産としてだけやってくるお菓子だったので、今でもいただくと特別感を感じます。たまに秋田市駅前に行った折、お店のガラス張りの壁の向こうで金萬が製造されていく様子を見るのも楽しみでした。(その後、いつのまにか秋田市のお土産はミスタードーナツにシフトしていってしまいました…)。

昔は細いボーダー柄のしっかりした紙箱に薄葉紙に包まれて斜めに重なった状態で入っていたっけなあ。そして2〜3日で乾いて固くなってきて、よく朝ご飯用の冷やご飯と一緒に蒸されていたのを覚えています。家族が雑なため、米粒だらけになった金萬が子供心にも残念でした。

その後、大学の寮の帰省お土産交換会にもっていったりしましたが、味、形より金萬という名前の方に話題が集中して、そっち?と思った記憶があります。秋田では、そこに言及する人を見たことがなかったので。

何はともあれ、昔から変わらない秋田のお菓子。昨今の流行のように様々なフレーバーがあったらなあと思う時もありますが、もともとのスタイルを守り続けているのも実は格好いいと思っています。

さて、くだんの金萬は、お茶と一緒に皆でつまむ風に盛ってみました。昔は、甘さあっさりめの方のお菓子だと思っていましたが、甘さ控えめのお菓子が増えた昨今、少し甘めかなと思うようになりました。なので、コーヒーや紅茶など強めの飲み物と合わせることが多くなったおやつの時間です。

KIMG1255.JPG

KIMG1254.JPG

*紋様長皿、変形皿(黒に青流し)使用
posted by UH.Komatsu at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2021年03月01日

2月 雪と地震と風と

3月になりました。今月は巣立ちの季節、今週は県立高校の卒業式が、少し間を開けて小中学校の卒業式が行われます。生徒、児童さんたちはもちろんですが、先生に親御さんもお疲れさまでした。よい卒業式になりますように。

楢岡陶苑でも1月から卒業記念品の製作が始まり、なんとか2月の終わりに無事納品しました。品物が窯から出た後、数日、包装に追われる日が続くのですが、一個ずつ品物をくるんで包装して熨斗をかけてと作業を進めていると、自分の時の記念品や紅白饅頭やお赤飯も、全部こうして誰かが手配して作業してくれたんだな〜としみじみ思いました。めぐりめぐって自分が準備する側に立っているのがなんだか嬉しくて、肩がころうが手がかさかさになろうが楽しく包装できました。どうか今後の人生に寄り添う品になりますように。

KIMG1137.JPG

さて、二月は吹雪いて揺れて吹いてと悪天候に地震まで起こって、なかなか気持ちが平らかでいられない一か月でした。一番の被害は強風で、窯場の二階の屋根が見事にめくれました。
1613457026680.jpg

むっちゃ光がふりそそいでる室内。
1613457015037.jpg

めくれた屋根は平らに伸ばして角材をのせた状態で春になったら修理ということになりました。とは言っても雨漏りはするので、早く春にならないかなあ。春になっても多分、需要が多くてすぐ修理というわけにはいかないだろうなあ。通勤路沿いだけでも結構な数、屋根や庇が破損したお宅を見かけるので、そう思います。

とりあえず、破損した屋根の真下に保管していた原料は全部移動しました。鉄骨の錆が混入したりすると、政策の方に支障が出るので。

3月は穏やかな月になるといいなあ。





posted by UH.Komatsu at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2021年01月31日

2021年1月

占い師をしている友人によると「子年」は水の年であれこれ色々起こるのが常なんだそうです。ちなみにウイルスも水の属性なんだそう。そんな大変だった一年が明けて丑年、今年は穏やかな一年になりますように、と思っていましたが、年末から最大級の寒波に見舞われての幕開けになりました。

仕事初めから一週間近く経っても毎日除雪、雪下ろしばかりで、ちっとも本来の仕事に取り掛かれず…。

とにかく日々、埋まる。
KIMG1045.JPG

埋まる。
KIMG1046.JPG

折れる。
KIMG1043.JPG

時期的に卒業記念品等、各種記念品に取り掛からないといけない時期なので、毎日内心焦っていましたが、降り積もった雪をほっておくわけにもいかず、とにかく寄せておろして積み上げてをくりかえし。ようやく轆轤を回せたのが14日で、ずいぶん遅れた初轆轤になりました。あとはもうダッシュで作る作るで日を過ごし、ようやく本日、素焼きの窯に作ったもの全部詰めて点火の運びになりました。
KIMG1092.JPG

本焼きが終わった暁には怒涛の包装ラッシュ&発送ラッシュが待ち構えているわけですが、とりあえず品物の完成についてはメドがついたので一安心です。振り返ると、年末年始のお休み?いつの話?という感じ。牛のようにのんびりおおらかにと思っても、雪国の冬はなかなかゆっくりしている暇はありませんね。

さて、酉年から集め始めた中山人形の干支土鈴も今年で5個めになりました。去年のネズミがコミカルタッチだったのに比べると、今年の牛は妖艶な雰囲気です。「たくさん鳴らして割れたらまた買いに来てください」と樋渡人形店さんには言われましたが、割れるのはちょっと寂しい。店舗に入った真ん前に鎮座していますので、どうぞ皆様、お手柔らかに。
KIMG1023.JPG

外に積もった雪の量を思うと今年は雪解けに時間がかかりそうです。春咲きの球根の開花もずれ込みそう。とは言ってもあと数日で節分、暦の上では春が来ます。実際には冬極まれりな2月ではありますが、仕事も暮らしも頑張っていけますように。

現在、店舗内の金のなる木が満開です。少しでも光をキャッチしたいらしく全部外の方を向いて咲いています(笑)。
KIMG1093.JPG

posted by UH.Komatsu at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2021年01月27日

フラットブレッド

ご無沙汰しております。12月にPCを一新したらパスワード諸々がわからなくなった馬鹿者です。

さて、昨冬とは比べ物にならないくらい大雪に見舞われた今冬です。今日現在は中休み的に穏やかですが、今週末また荒れてくるそうです。くわばらくわばら。皆様、どうぞお気を付けください。

ところで昨日は定休日でした。朝食を食べながら録画していた「レイチェルのおうちごはん」を見ていたのですが、そこで紹介されていたモッツァレラチーズたっぷりのフラットブレッド、「十文字のカレー屋さんで出てきたナンに似たようなのだよね」という話をしているうちに、カレーパン的なものにしても美味しいのでは?という話になりました。カレーはレトルトを煮詰めて水分飛ばして、粉はあるし、と食後すぐパンこね決行!!←食べるものに関しては素早い。

番組ではオーツ麦とオーツ全粒粉を使っていました(ご本人いわく「小麦粉を切らしちゃったから」だそうです。まさか突撃的な撮影?)が、強力粉とライムギ粉を混ぜたものに雑穀たっぷりクラッカーを砕いて入れてみました。生地中の赤い粒粒がそれです。冬はヒーターの上がよく発酵が進みます。
KIMG1080.JPG

ちぎって丸めて伸ばしてカレーを入れてたたむと、なんだかドローンみたいな形になりました(笑)。
KIMG1081.JPG

フライパンに少量の油をひいて並べて焼いて出来上がり。さくっともちっとしたカレーパンになりました。その名のとおりフラットです。
KIMG1085.JPG

KIMG1084.JPG

オーブンを使わないパンは、ガスでも反射式ストーブでも焼けるので野外や災害等でガスや電気が使えなくなった時に役にたちそうです。中身もなんでも合いそうなので、集まりがある時など、いろいろな具を準備しておいて、各自好きなものを入れて焼くというようにしても楽しそう。覚えておこうっと。

ちなみに、この冬は反射式ストーブで蒸す蒸しパンにもはまっています。普段はトーストなのですが、乾燥した喉に固いパンくずはむせる原因になったりもするので。しばらく、あれこれと具材や組み合わせを変えて遊んでみようと思います。

巣籠でも楽しく!!



posted by UH.Komatsu at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年11月30日

原料採取に行ってきました 

11月某日、あめ釉の原料が春までもたないから雪が降る前に、と原料採取に行ってきました。知り合いの農家さんに軽トラックを借りて、つるはしやら袋やらを積み込んで、いざ、出発!!

数年ぶりなので、確かこの辺と小道に車を乗り入れたら、途中で「関係者以外立入禁止」の立て札があり、目的地までたどり着けませんでした。毎年、定期的に行くわけではないので、こんなこともある。ほかにも道路ができてアスファルトで覆われてしまっていたとか、不法投棄と間違えられたとか、全国的に土の採取が年々難しくなってきているようです。

目的地での採取こそできませんでしたが、その近辺で何とか原料を採取してきました。つるはしを振り上げて掘り起こして、肥料袋に詰めて運んで積み込んでのくりかえしで手のひらにマメができました。これは地味に痛い。
hhakfelbjjpaplcj.jpg

採取してきた土は水分を含んでいるので、しばらく天日干し、のつもりが天気が安定しないので室内干しになりました。枯れ葉が混じっていたりすると見つけ次第取り除きます。混じったままだと釉薬になってから発酵したり、酸っぱい臭気を放ったりして施釉作業が辛くなるので。
KIMG0872.JPG

KIMG0887.JPG

もう少ししたら砕いて調合してテストピースを焼いてみます。同じ原料だからと言って、同じ調合、同じ焼成塩梅で同じように発色しないのが、天然原料のみ、の難しいところであり、面白いところ。とは言っても、なかなか安定しなかったり、全然別の発色しかしなかったりしても困るのですが。

どうか新しい原料分の釉薬にうまく切り替えられますように。

posted by UH.Komatsu at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2020年11月15日

チューリップ

標高の高い山には雪が積もり、低い山は紅葉して晩秋と初冬のはざまにいるこの頃です。皆様、体調崩されませぬよう。

今朝は、川の流れている付近を中心に濃い霧が出ました。無灯火の車が、ぬっと現われ出てくるので、いつもより慎重な運転での出勤になりました。道々、地吹雪用の防風柵が全部おろされていて、いよいよ冬の近づきを感じさせられました。

KIMG0870.JPG

KIMG0871.JPG

さて、一段がくんと寒くなったので、今年も駐車場の片隅にチューリップを植えつけました。来年雪が溶けたら、冬を乗り切ったご褒美になるはず。

去年、おととしの繰越し球根に加えて、今年は、形も面白い品種も加えてみました。去年はカラフルさ第一だったので全部咲いたら、来年はどんな様相になるでしょう。半分、実家にお裾分けしたので、山奥で春の遅い実家の庭も少し賑やかになるはず。
KIMG0792.JPG

ちょうどケヤキの葉が全部落ちたところなので、駐車場より一段低いはずの地面が2〜3段高くなっています。天然マルチというには、ふかふかすぎるかなあ。とりあえず落ち葉を寄せて地面を露出させるところから。落ち葉の下の雑草はまだ鮮やかな緑色で生き生きしていました。きっとあったかいんだろうな。

KIMG0868.JPG

品種別に分けようかとも思いましたが、群生っぽくさせたかったので、あえて全部混ぜて植えてみました。どうなるかは春になったら分かるはず。
KIMG0867.JPG

去年、植えつけた球根は、今春とても立派に咲きました。けれど、咲き始めたころから世は非常事態宣言下に突入。店舗は閉めていましたし、ガス屋さんや用事を済ませに来た近所の方が楽しまれていました。

KIMG0588.JPG

KIMG0586.JPG

来年は、のんびり花を見て貰えるようになっていたらいいなあ。

そして、球根さん達、来春もよろしく。


posted by UH.Komatsu at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年10月19日

今日の反省

今朝、出勤時に、ご近所の前を通ったら、庭に大きい木槌やら縄やらがあれこれと並べられていました。おお、あれは冬囲い道具一式ではないですか!庭木の多いお宅なので、早めに始めないと大変なのはわかっていても、つい、11月に入ってからでもいいのでは?と思ってしまうのは、多分、雪の季節がやってくることに対する拒否感の表れ。

影響されて、うちは冬支度の前に夏仕舞いをしとかねば、と、事務所と店舗の扇風機をバラして水洗いをしたのですが、洗って外に干したら、あっという間に雨が降ってきて、にゃっふーん!!と慌てて取り込みました。もっと早くにやっとくべき作業だった〜。干す場所がなくて、仕方なく店舗の隅に立てかけたのですが、お客さんの車が入ってきたら、ダッシュで片づけないと。秋晴れの日の外干しだったら、すぐ乾いただろうになあ。ぬかった〜。
DSC04794_blog.jpg

さて、話は変わりますが、先日、ニュースでアイヌの方々を描いた映画の紹介をちらっと見ました(←出勤準備中だったため)。その中で「隔たり」を表現したシーンとして流れたのが、観光客がお店に入り「ここ、アイヌの店?あなたアイヌ?」と店主さんとおぼしき方に質問するやりとり。

ばたばたしてる最中でしたが、あれ?と思ったのは、似たようなやりとり、よくあるよなと思ったこと。その、よくある、と思った自分に自分で、どきっとしました。「隔たり」とは、またちょっとちがうかもしれませんが、店頭にいると「あんた、ここの家の人?娘?嫁?子供は?後継ぎは?頑張らなきゃ。」と結構言われます。多分、相手に悪気はなく、軽い世間話のような感じで口に出しているのだろうし、よくきかれるし、と、いくらかもやっとはするものの、そこまで深く気にすることもなく、いつのまにか慣れてしまっていました。

けれども、それは多分、鈍化。

鈍化したことに気づかないまま、他所様に失礼しないよう気をつけなくちゃと反省した次第です。

この映画のタイトル、なんだったかなあ。見てみたいです。

posted by UH.Komatsu at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記