2018年09月20日

ぐいぐい窯づめ

はっいる〜のか?でっきる〜のか?はてさてふむ〜ん♪と歌いたくなった昨日の窯づめ。ぐい呑み一個だけ入らなかった…。土曜日には焼き上がって検品、包装もして納品済みのはず。いつも以上の突貫です。
DSC03038_blog.jpg

DSC03039_blog.jpg


posted by UH.Komatsu at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年09月16日

素焼き&内塗り

超タイトな注文が入ったので、大急ぎで制作を進めている先週からの本日です。

素焼きの窯づめは今日が本番でしたが、一回の窯では入りきらない量なもので、昨日、急遽0.1立米の窯、通称「小さい窯」で先発素焼き隊が焼成されました。

内塗り作業のため、過程がひとつ多い花瓶が窯に入ったと聞いていたので、さっそく朝、見に行ってみたらば、ホカホカの状態でどっさり積まれておりました。おお〜う!!(他に牛乳瓶型とだるま型の徳利もでてきました)。
DSC03035_blog.jpg

なんというか、気持ち悪い?
こう、フジツボ的な…。

残りの素焼き品の窯づめが終わってからは、二時間弱黙々黙々内塗り作業をしました。以前は感覚が分からなくて、よく流し込んだ釉薬を溢れさせていましたが、このところ内側の個体差に騙されない限りは、そういうことはめっきり減りました。少しは進歩しているようです。

明日は磨き、磨き、磨き作業で一日終わりそうです。下手したらあさっても。今日の窯づめのハンパない入れ子状態から思うに、そんな予感がします。

余談ですが「素焼きの窯」と言われると「西瓜の皮」と聞こえます。なぜだ?と言われますが、そう聞こえるんですよ…。


posted by UH.Komatsu at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年09月12日

盛岡散策

9月11日、県外の友人と現地集合で盛岡に行ってきました。最初に話が出たのが確か5年前、当初は一泊の予定だったのですが年月に転がされているうちに日帰りになりました。

まずは盛岡駅で落ち合って、盛岡八幡宮へ。お参りに加えて友人は御朱印を貰いに、私は古いお守りを返納に。本殿、大黒様、恵比寿様、干支の社、初詣かといわんばかりにしっかりお参りしてきました。
KIMG0246.JPG
石段を登りきると空気が変わるような気がします。

今週末に例祭を控えての昨日で、あちこちで様々な準備の途中でした。周辺の商店街でも神楽や流鏑馬告知のポスターをたくさん見かけて、各町内の皆さんは山車の制作に精を出してみえました。盛岡山車。見たい…。

この櫓?下層部に猫が侵入して行くのを目撃したのですが、一緒に並んでたらおもしろ…、いえ迷惑ですね。
KIMG0245.JPG

お参りのあとは肴町の商店街と紺屋町を散策しました。「ござ九」さんに「釜定」さんに「ひめくり」さんなどの手仕事のお店の合間に酒屋、パン屋、はちみつ屋など。

南部せんべいのお店では、その味付けの豊富さにびっくり。ココア?冷麺?7月に別の友人から届いたマンゴー八橋とレモン八橋にも驚きましたが、南部せんべいも裾野が広がっている!!これは秋田も何か頑張らねば!!(←何かは不明。)
DSC03029_blog.jpg

しめくくりに材木町の「光原社」さんへ足を運んで、仕事のことをちらっと考えて帰途につきました。友人はまな板と日本酒(菊の司)と鶏ロール(商店街の肉屋で特売)とドイツパンとくるみクッキーを抱えて。私は、りんごカゴと鶏ロールとドイツパンとせんべいを抱えて。

食べ物の方が圧倒的に多い上に、なぜそれを?的ものを買って帰ることの多い私たちです。内館牧子さんによると「女は旅で土産を持ちかえり、家で楽しんだところでやっと旅双六あがりになる」そうです。そのとおり。これから数日間かけて、旅を終わらせてゆきます。

大量生産、大量消費のものにはほぼ触れず、そしていつも屋内で細々仕事しているので、この一年で一番太陽の光を浴びて、一番歩いた日になりました。夕方には片方のふくらはぎがツリかけて、両カカトが痛くなりましたが、よい一日になりました。これでまたしばらく屋内でみっちり働けそう。

帰り道の最後の最後にて、わんこ兄弟に敗北の図。ちなみに中身は銀河高原ビールです。
DSC03030_blog.jpg

常々キャラクター商戦にはひっかかるまいと思っているのに、どうしてもこの方々には勝てません…。
DSC03032_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート

2018年09月06日

本の追加 〜ブック・クロッシング〜

ブッククロッシング本、2冊追加しました。

ストレスについての本、NHKでの放送は見ていないのですが、ストレスによって脳が直接ダメージを受けることがよ〜く分かりました。後半はストレスから身を守るためのコーチングが具体的に説明されています。ストレスから逃れられないなら少しでもダメージを軽くするのが大事ですね。

どちらの本も必要な人の手を旅して行きますように。

DSC02993_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について

2018年09月05日

ツワモノどもが夢のあと

昨日は中学校の美術授業の一環で陶芸体験が行われました。中学生はその学年によって子供寄りか大人寄りかが結構すっぱり分かれるお年頃。作品にも、その辺は顕著に反映されます。

さて、終了後。

誰だ、指なんぞ作って置いて行ったのは〜?
DSC03027_blog.jpg

びっくりするじゃないか。
posted by UH.Komatsu at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 諜報員クマの事件簿

2018年09月04日

第33回全国やきものの里展

催事のご連絡です。

9月7日〜10月22日までの期間、石川県地場産業振興センター本館じばさんギャラリーにて「第33回全国やきものの里展」が開催されます。時間は午前9時〜午後5時まで、入場無料となっております。

楢岡陶苑の今年の出品はカップ等よくある形状の物は思いきって取り止めて、角衛門窯独特の形状を持つ物を中心に据えてみました。一品ぐい呑み、蕗皿、リーフ鉢等々。あとはガッコ鉢など、ほんの少し地元色のある物を。ぐい呑みも少し多めの出品で。

私は果物を盛りたいリーフ鉢。カレーやサラダの盛り付けたものも見かけます。
DSC03017_blog.jpg

どうぞよろしくお願いいたします。





posted by UH.Komatsu at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2018年08月30日

三羽ガラス

今夏の楢岡陶苑は、この三羽ガラスにずいぶん翻弄されています。今年近くで生まれたらしい兄弟カラス、7月中は親も一緒で4羽で行動していましたが、8月に入ってから親離れしたようです。まだカーと鳴けなくて濁点の付いた「ああ」を短く繰り返しています。うるさい…。楢岡陶苑社屋前の道路の上の電線が定位置です。
DSC02995_blog.jpg

中庭の片隅に、窯仕事の合間につまめるようミニトマトを植えたのですが、赤くなる前に、このカラス共に片っ端から食べられる始末。完食するならまだ許せるのですが、ちぎり落すのがおもしろいらしく落としては申し訳程度に一回つついた状態であちこちに放置されています。

ひどいわ〜。
DSC02971_blog.jpg
ひどいわ〜。
DSC02973_blog.jpg

8月下旬になって、このカラスの興味がミニトマトから社長宅の葡萄棚に移りました。同じ丸い粒でも葡萄の方が美味しいようです。

意外と実っていたものが
DSC02998_blog.jpg

朝な夕なに食べられています。
DSC02997_blog.jpg

社長はカラス除けにと黄色い紐を張ったのですが、会社の事務所から見える限り、カラスは紐など全く無視でひょいひょいくぐりぬけては葡萄を食しています。事務所からの観察結果を伝えるたびに紐がカラフルになり、本数が増え、ネットが張られて、二段目ネット、三段目ネットと覆いが強固になりました。もうこれ以上覆いようがないというところまで覆って、ようやくカラスに勝利したところでしょうか。

工房周辺の野良猫といい、山の畑のタヌキといい、あれこれ敵の多い社長です。

ついうっかり葡萄の木の前に停めてしまった車。屋根部分が恰好のカラスのテーブルとなってしまい、葡萄の実の皮と果汁と種だらけに。仕事している間に強烈な日差しにあぶられて貼りついてしまい、落とすのが大仕事でした。
DSC02996_blog.jpg

おのれ、三羽ガラス!!今年流行りの「猛禽類の凧」(←動きが素晴らしい)でも下げてやろうかしら。

ちなみに食べ散らかしたあげく、お供え物のように植木鉢の上に放置されていったミニトマト、先週見たら芽が出て苗になってました…。仕事にかまけて駐車場以外に散らかされたトマトの残骸は放置してたからなあ。
DSC03015_blog.jpg
コレ、どうしよう。
また植えてみる?露天のトマトの時期、終わるけれど。

今現在の仕事が一段落するまで、とりあえずこのままカリン子ちゃん(←花梨の鉢植えの名前、「カリリン」は却下されました)と同居です。
posted by UH.Komatsu at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年08月25日

よう作った…

昨夜から午前中にかけて、峻烈な通り雨の波状攻撃に襲われた大仙市、午後になって曇りではありますが雨は遠のいた様子の今晩は花火競技大会です。楢岡陶苑は、あちこち交通規制や渋滞の恐れがあるので本日は午後3時にて閉店です。

午前中は先日窯から出した品物の検品と仕訳で大わらわでした。

ちょーっと作りすぎたのでは?という予感の施釉作業。
DSC02999_blog.jpg

DSC03000_blog.jpg

予感が本当になる窯づめ。まさかの14段!びっちりずっしり。
DSC03004_blog.jpg

ボリュームがありすぎなので、ちゃんと窯にはまるか見守っていました。もちろん腰に手を当てて。
DSC03008_blog.jpg

アーチ部分もぎりぎりでした。
DSC03007_blog.jpg

入れられるだけ必要なだけ詰め込みましたが、次の窯に見送り品も出てしまいました。

大部分は注文品として行き先が決まっている物ですが、少しでも店頭に並べられるよう検品頑張ります。
posted by UH.Komatsu at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年08月13日

包装祭り終了

ご無沙汰しております。皆さま、お変わりありませんでしょうか。7日に立秋を迎え、今日はお盆です。7月からの猛暑は一段落ついた様子ですが湿度は相変わらず高いですね。天気の割には乾燥させたい品物がさっぱり乾かないのでよくわかる(笑)。

さて、6月から始まった包装祭りもようやく終了しました。日がな一日検品して包んでで過ぎていった7月、1318個のうち1300個を1人で包装しました。頑張った〜!!!最後の1個を包み終わった時には達成感より、よれよれ感の方が強く、さらに、しゅたっ!と、この間滞っていたあれこれの何から手をつけようかの方に頭がシフトしてしまいました。なんかもったいないなあ、もっと噛みしめようよ、私。終わったんだよ〜。

包装が終わった後は、まず〆切の近いお皿を30枚作ってから、お店在庫用のお皿を20枚ほど増産、あとは溜まりにたまったデスクワークとお掃除を、ちょこちょこと。大丈夫なつもりでも意外とがっくり来たりするのでセーブ気味の作業内容になっています。

仕事以外の雑事の方もたまっています。漬けたまま、ほったらかしだった梅干もようやく昨日から干し始めました。
KIMG0232.JPG

ぱらっとな量に見えますが、一応2キロ漬けました。1年で食べる量と、あと手をかけられる時間も考慮しての2キロです。

在りし日(6月)の梅。
DSC02957_blog.jpg

カビが出ても対処してる暇がないだろうな〜と、「さしす梅」にしました。お料理に使うには甘味が強いのですが、おにぎりなどで使うには食べやすい梅干です。
DSC02958_blog.jpg

日向の梅干に対して、軒先では線彫りぐい呑みになる予定のぐい呑みが干されています。朝から線彫り予定でしたが、やわらかすぎて無理でした。
DSC02994_blog.jpg
午後から、この表面を削って削って削ります。予定70個。今日は16時閉店予定なので早く乾くといいなあ。
posted by UH.Komatsu at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月08日

もくもく

点火後の窯から水蒸気がもくもく噴き出して窯場に雲がかかりました。
DSC02984_blog.jpg

出所は施釉した釉薬の中の水分。ま、急いだからね、この湿気だからね、仕方ないね。
posted by UH.Komatsu at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況