2019年09月26日

窯出し 窯出し 霜柱的大皿

寒暖の差が激しいここ数日です。

本日は窯出し日。工房内はひんやりとしていましたが、窯だけはほっかほか。窯内温度160度まで冷めたので、窯の扉を全開にすると、ぱきぴきと貫入の入る音が響きます。
DSC03329_blog.jpg

このまま、もう少し冷ましてから、そろりそろりと台車を引っ張ってみる。
DSC03330_blog.jpg

DSC03331_blog.jpg

台車と焼き上がった品物から熱の波が部屋中に押し寄せます。台車近くにいると汗ばむほど。

ちゃんと青く発色したのでまずはひと安心です。
DSC03333_blog.jpg

おお、寸止め!
DSC03334_blog.jpg

釉薬をたっぷりかけると流れ過ぎて棚板にくっついてしまうし、薄くかけると青く発色しないので加減が難しいところです。

注文品の大皿は、目立つ所に鉄粉の発色なく、降り物もなく、大きなヘタリもなく焼き上がりました。が、貫入の入る音が、ばぎっ!べぎっ!!とえげつないのが気にかかります。大物なので音が大きいのもあるんですが…。数日、様子を見て、深すぎる貫入がなければ注文主に完成連絡です。作りなおしになりませんように。
DSC03332_blog.jpg

ベースの釉薬の濃さで少し遊んでみた結果、面白い色合いになりました。縁の周りぐるっと霜柱的な。
DSC03335_blog.jpg

このまま、もう少し冷まして午後になったら小物の窯出しが始まります。今回の窯は4割くらい陶芸体験作品になります。子供会等々、小さめの作品が多いので仕訳がっちりがんばらないと。製品は底のヤスリかけと検品が終わり次第、店頭に並びます。



posted by UH.Komatsu at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2019年09月16日

線彫りぐいのみ、斜め彫り

三連休、稲刈り機の音が遠くからうなるように聞こえてくる楢岡陶苑です。原料採取のための田んぼも稲刈りが始まったので、今年も藁立て、藁焼き作業が近づいています。お店には県外の方が多く見えました。今が一番キレイな水田の眺め、堪能していただけるといいのですが。

本日のご案内は、変わり線彫りぐい呑みです。定番では彫りが上下まっすぐになりますが、今回は2〜3個斜め彫りのものが出てきました。ちょっと角度が変わっただけで雰囲気もかわる不思議。ちょっとガラスのデザインぽい雰囲気もあるようなないような。
DSC03317_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2019年09月12日

久しぶり 

夏と秋の気候が入り交じる気候になりました。暑さ疲れした体に忍び寄る冷え。油断禁物の体調管理の難しい時期です。暑さ寒さも彼岸までですが、あまり暑くならないといいなあ。台風被害の大きかった地域にも過ごしやすい気候の日が多くありますように。

さて、秋の夜長まではまだ少しありますが、ブッククロッシングコーナーに本を追加しました。ライトな絵画ミステリーと片づけ本。後者は、実践的な内容ではなく、「整えるのは自分自身」という思索的な内容です。片づけのモチベーションを上げたい時に。
DSC03319_blog.jpg

私の現在の読み本はこれ。
DSC03316_blog.jpg

秋に「十二国記」の新刊出るらしいよ、と友人と話していた折り、30年近く前に途中で挫折したままほってあることを漏らしたら、それは人生損してるから読んでみろ、と熱烈なおすすめをいただきました。損してるつもりはないですが幅が出るなら読まねばね。ちなみに、お酒飲みにも「飲めないなんて人生の半分以上損してる」(←なんと人生の半分以上が酒で構築されているらしい!!)と言われたな…。趣味や嗜好品て、それだけ人生に食い込んだ所に位置しているんでしょうね。

上半期は、頭が疲れていて読書がさっぱり進まなかった分、下半期になったら読みたい本が目白押しです。ガムを噛むように、じっくり読み返したい本もあるのですが、文庫がワンコインで買えなくなった昨今、冬ごもり用の本も少しずつ積んでおかないと。

冬に向けて一番気になっている刺繍の本。刺繍のデザインだけではなく、デザインの生まれた暮らしの慣習等々も掲載されているようです。
DSC03321_blog.jpg

読み代捻出頑張ろうっと。




posted by UH.Komatsu at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について

2019年08月12日

限定品 コーヒー碗皿

あいかわらず暑い日が続いています。
一般的には、お盆休みが始まり、ここ数日間でお墓参りに行かれる方が多いと思います。墓地は意外に暑いので体調崩さぬようお気をつけて。

ちなみに私の実家のお墓は水田地帯の中にあります。日陰などあるはずもなく、いつの頃からか敷かれた玉砂利は焼かれていて恐ろしく暑いです。明日、仕事が終わってからお参りしてこようと予定しているのですが、予報されている気温は37度ですね。ろうそくや線香の火付けにもたつかぬよう気をつけねば。

さて、話は変わって、先日の窯からコーヒー碗皿が出てきました。色合い的に小さめのマグカップと銘々皿かと思ったら、陶工から「no!no!」(←正しくは「違う違う」でしたが)と声がかかりました。

斬新ですが、こういうセットらしいです。限定5客。どうやら陶工の今年の気分は白入りのようです。
DSC03298_blog.jpg

こちらのカップ、どういう塩梅だったのか、カップの反対側に、実にいい発色が出ました。左利きの方には問題ありませんが、右利きの方には、対面しているお相手の目を楽しませるカップです。しかも全客。
DSC03305_blog.jpg

様々な発色の仕方がありますね。

珍しく内側が白いカップなので、注いだ液体の色も遜色なく、そして貫入への色素の入り具合、つまりカップの育ち具合も楽しめます。

ご来店の際には、ぜひカップの反対側をご覧ください。


posted by UH.Komatsu at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2019年08月05日

豆に続いて

枝豆、全部茹であがりました〜、と喜んでいたら、今度はなんとビールをいただいてしまいました。
DSC03294_blog.jpg

なに?なに?
きょうはパーティーの日?
仕事してはいけないという天の啓示?
物はそろったけど見て見ぬふりで仕事しろっていう修行の日?

posted by UH.Komatsu at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

枝豆

屋外も屋内もあますところなく夏本番になりました。ちょっと大変な仕事は涼しいうちに、と小学校の夏休みで教え込まれた計画性を発揮しようと思いきや、昨今は涼しい時間が短かいか、もしくはないですね…(苦笑)。今朝も道路端の気温表示は朝8時前にして29℃でした。…。見なかったことにしよう。

さて、今朝は開店してすぐ、知り合いの農家さんが夏野菜をどーんと持ってきてくださいました。うれしーい!!

ナスにトマトに、脇芽ブロッコリーに枝豆!!しかも、丁寧に枝から外して。豆を枝から外す作業は結構面倒な作業です。小学校の頃は枝豆もぎが手伝いの1つで、小屋にてひとり黙々延々と家族7人分の豆をむしったものでした。

「早めに茹でて足を止めた方がいいよ」と農家さんに言われたので、仕事の傍らで、素直にすぐ茹で。

つけ麺鉢に盛ってみました。
DSC03293_blog.jpg

うちでは、現在こんなに一回に茹でないので、小鉢盛りでしたが、つけ麺鉢、面積が広くて立ちあがった縁がないので、四方八方から手を伸ばしやすいじゃありませんか。これから、お盆等々お客さんや家族が集まった折には、枝豆担当の器にしようっと。

ちなみに、今回の枝豆、つけ麺鉢に2杯半ほどの量をいただいたので、今日のうちはお客さんにも希望があれば味見していただくことにしましょうか。


posted by UH.Komatsu at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2019年07月24日

蕎麦猪口と片口と

気温は高いけれど、湿度が低いからしんどさがない〜♪と喜んでいた日々も束の間、例年どおり高温多湿の日々が続くようになりました。空気が重い、体が重い、やる気が蒸発していく音が聞こえてくるようです。ゆるりとを信条に、でも踏ん張って頑張りたい日本の夏。

先日店頭に出たつけ麺鉢の相棒として、蕎麦猪口がわずかな数ですが並びました。
DSC03277_blog.jpg

ぐい呑みにぴったりだ(←?)と言われる通常の形のものに加え
DSC03281_blog.jpg

取っ手付きのものも。こちらは、「湯呑形のものが、よく、すとーんと手の中から落ちていく」というご年配の方々からの要望に応えたモノ。滑り止めを飛び越して取っ手をつけちゃいました。この形、マグカップとしても使えます。
DSC03280_blog.jpg

さらに、釉薬の色が定番ではないがため、完成まで数年待っていただいていた片口もようやく完成しました。検品のため並べてみるとなかなか壮観です。
DSC03282_blog.jpg

出撃命令待ち精鋭カブトムシ部隊のよう。かっこいい!!(←?)
DSC03283_blog.jpg

必要数は梱包してしまいましたが、お店分2個が店頭に並びました。スダチを浮かべた素麺など似合いそう。口が付いているので余分な水分も捨てられます。うちでは空豆やインゲン豆など緑色の料理を盛り付けることが多い釉の色です。青色だと、いまいちマッチしない醤油煮系の色も映えるので、寒い時期は肉団子や肉じゃが、サトイモ煮などをピラミッド状に盛りつけたり。

入社当時は、片口を見て「なんじゃこりゃ?」と思ったものですが、実際使ってみると「こやつ、できる」的に片口好きになりつつあるこの頃です。

しっかり食べて、暑い夏、乗りきりましょう。



posted by UH.Komatsu at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2019年07月15日

野(やぶ?)カンゾウ収穫

夏っぽい明るさの日が多い今年の梅雨、どうやら空梅雨らしい、水不足の懸念される秋田、楢岡陶苑です。テントウムシは数日かけて無事、脱皮を終え、脱いだ殻だけ向日葵の葉に残して姿を消しました。時間をかけてゆっくりゆっくりバックしながらの脱皮、こちらもかかった日数分、存分に観察させてもらいました。
DSC03267_blog.jpg

さて、成長を見守らねばと思っていた駐車場一角の野(やぶ?)カンゾウ。ここ数日、釉かけ作業だの窯づめだのしているうちに、今朝、すでに花がひとつ咲いているのに気づいてびっくりしました。見ているようで見ていないものですね。蕾を茹でて食べるとアスパラガスの似た味がしておいしいので、大きくなり過ぎない採り時を楽しみに測っていたはずなのに。
DSC03264_blog.jpg

それでもまだ食べられそうな蕾があったので収穫して来ました。蕾の根元をひねると、ぽきぽきと気持ちよく折れます。けっこう大量。
DSC03263_blog.jpg

年々、少しずつ本数が増えてきたので、今年はもう二回くらいは収穫できそうです。今度こそちゃんと蕾の成長っぷりを観察しておかねば。
DSC03266_blog.jpg
余談ですが、最近、漫画や小説を読むと「目かっぽじってよく見てこい」という表現を目にすることが意外と増えてきました。「耳かっぽじって目見開いて」が、ヘンなふうに抜け落ちてそういう表現になったのだと思いますが、見つけるたびに、目かっぽじったら失明するから、と地味につっこみを入れています。こうしてまちがった表現が広まっていくんだろうなあ。すでに校正すり抜けるまで広がっているのかなあ。目にするたび、「あ、また」と気になってしかたないこの頃です。


posted by UH.Komatsu at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年07月07日

野カンゾウ

雨少なめの今年の梅雨、本日も夏っぽい明るさの中、気温がぐんぐん上がっています。駐車場脇の草むらでは、ひまわりの、ドクダミの、その他色々の葉の上でテントウムシが一斉に羽化(脱皮?)中です。見えにくいですが、お尻側3分の1ぐらいまで進んだところ。
DSC03256_blog.jpg

道路側では、いつのまにか野カンゾウの茎がしゃっきり伸びて蕾が成長の途中です。春先の新芽より蕾の方が好物。茹でるとアスパラに似た味がします。小さすぎてもよくないけれど、先端からオレンジ色の花びらがのぞき始めてもよくないので、食べ時をよ〜く観察しておかねば。うふふ。
DSC03258_blog.jpg

今日は七夕です。そう麺食べねば。
posted by UH.Komatsu at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年07月04日

梅干作り

昨夏から道路を挟んだ会社向かい側の低い地域で治水工事が行われています。数年前の豪雨で池か湖かという浸水被害があったため、川の護岸を固め土手を高くしてと、県が発注した大がかりな工事で来年3月までの長丁場。今春以降、うっそうとしていた杉林が全部伐採されてかさ上げ工事が行われていたりするので、ある日突然見慣れた風景が別物になってしまい、ぎょっとしたりしているこの頃です。この工事のため、日がな一日土砂を積んだダンプカーがひっきりなしに行きかい、舞い上がる埃の量も相当なもので、仕事を終えて帰宅する頃には車真っ白と言う日も少なくありません。
DSC03249_blog.jpg

そのため、今年の梅干作りは、こんな中干せないし〜、ガラス瓶の空きもないし〜、仕方ない、お休みにしようと6月初めからずっと思っていたのですが、梅コーナーからの誘惑に勝てず、つい一袋買っちまいました。「期間限定」には抗いがたいですね…。夏っぽくなってきて料理用梅干の消費がぐんと増えたため、来年までの在庫が不安になったと言うのも一因ではありますが。毎年、梅干用に使っていた瓶には、去年の梅酢が大量に入っていて(←大量すぎてデキャンティングどころではナイ)使えないため、今年はジップロック梅干に初挑戦することに。
DSC03247_blog.jpg
特大サイズのジップロックに梅1キロを入れて焼酎、酢を少々と塩をば。梅干作り初年に買ったままなかなか減らないシママースをベースに、中途半端に残っていた海人の藻塩と、シーソルト(結晶)とピンクソルトも少し混ぜてみました。本当は粗塩が梅に絡みやすくていいそうですが、好奇心に勝てず…。私が参考にした説明では、ビニール袋を敷いた段ボール箱に梅ジップロックを寝かせるとありましたが、コレ、漏れ防止だなと思ったので、うちで一番大きい鍋を使うことにしました。その昔、当時よく1個98円で売られていたマグロカマを煮るために買ったものですが、マグロカマが出回らなくなり、大きすぎて熱がまわりにムラがあるので、昨今は蒸し鍋化している鍋、使い道あってよかった。念のため、梅酢が漏れ出ないように袋の口は上を向けてマスキングテープで鍋に固定しました。重しには、お皿をひっくり返した上に水を入れたペットボトルをのせて初動終了です。ここから日々、梅のコンディションを整えていく梅仕事の始まり、始まり。
DSC03248_blog.jpg
ジップロックでの梅干作りは失敗が少ない、いやガラス瓶よりコンディション調整が難しいだの、さすがは日本の風物詩とよばれるだけはあると実感する量の梅干情報がネットにもレシピ本にも溢れています。見れば見るほど正反対の意見もずらずら出てくるので、あまり情報を探さずに、基本の手順を押さえてこまめに梅の様子を見て行けばいいかなと思っています。

「干し」に関しては、ガラス瓶に積めたまま干せばいいという意見もあれば、晩秋まで干しても大丈夫という意見もあるので、あまり焦らずに。工事がお休みになるお盆期間が狙い目かな〜と、ゆるーく思っています。晴れるといいなあ。

*1昼夜置いたら、梅酢がたっぷり出てきました。去年までのガラス瓶+塩袋または水袋よりあがりがいいようです。ピンクソルトミネラル分が唐辛子粉のように浮遊してました。
KIMG0431.JPG



posted by UH.Komatsu at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくするもの