2016年04月30日

腹をくくる

行楽用の注文制作でてんやわんやの毎日が続いています。作って焼いて検品、納品を目まぐるしく繰り返しているのですが、たまにそのリズムに狂いが生じる時があります。

今回は5月上旬納品予定ということでコーヒー碗皿の作成に取り掛かっていたのですが、後は乾燥させて素焼きへという段階で、取り付けた取っ手がいまいちなことが判明しました。

お分かりになるでしょうか?
うちのこのカップの基準からすると取っ手の下の部分の角度がだいぶきつく、カップ側面ぎりぎりのところについています。容量180CCのこのカップ、この取っ手では手指への負担が大きくなってしまいます。
DSC02041_blog.jpg

さてここで、必然的に、どうするかという決断を下すことになります。B品掘り出し物市の品のように、専門家が見れば不具合あるかもしれないけど我々、素人には全く分からないよ、と言ってくださる方も見えると思いますが、制作側としては、この納得のいかない品物で正規の値段をつけていいものか…。

結局、腹をくくって廃棄しました。
DSC02040_blog.jpg

すっきり胸を張れない品物と言えど、ここまでの制作に3日半…と考えるとどうしても迷いが生じます。しかし、このまま検品通してしまえない。スタッフみんなで「仕方ないよね」とお互いにお互いの背を押しての廃棄になりました。

窯出しの後、気に入らないと割ったりするんですか?とたまにお客様に尋ねられます。個人作家ではないのでそういうことはしませんと答えますが、こういう廃棄はたまにあります。

どれだけの時間と労力を費やしたかではなく、どういうものを外に出したいか。どちらが大事かは分かっていても、決断は腹をくくる強い意志が必要です。

さあ、気を取り直して納品間に合うように作りなおし頑張らねば。
posted by UH.Komatsu at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2016年04月23日

掘り出し物市準備

明日の準備が整いました。作り手不足と記念品注文が多い年だったので、ちょっと少なめ?
DSC02059_blog.jpg

DSC02057_blog.jpg

DSC02058_blog.jpg

会場は10時30分開場です。
今年の掘り出し物は…うふふ。



posted by UH.Komatsu at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2016年04月10日

Arahama Reborn 〜荒浜交流会〜

おはようございます。当日になってしまいましたが、本日、宮城県仙台市荒浜にて下記の交流会が催されます。
2016蘇生活動_チラシ.jpg

2011年3月9日の震災で甚大な津波被害を受けた荒浜地区で、再び荒浜に人が戻って来てにぎやかになって欲しいと願う「荒浜再生を願う会」が主催する催しです。

1時間ほど、砂浜の清掃をした後に、代表の貴田さんが自力で建てた里海荒浜ロッジの石窯でピザを焼き体験をし(粉練りから焼きまでみんなで行います)、本日はベンチを作るワークショップも予定されているそうです。

参加は申し込み不要、動きやすい服装で軍手持参の上、直接現地へお越しくださいとのこと。費用はなしですが、全て募金にて運営されている交流会であるため、できればお気持ちをお願いしたいそうです。

詳細
日時:2016年4月10日(本日!)10時30分より
場所:里海荒浜ロッジ(仙台市若林区荒浜字中丁27)
交通:地下鉄荒井駅から徒歩1時間
   バス15分(1時間に1本!)

以上の交流会は毎月第二日曜日に開催されているそうなので、興味はあるけれど今日の参加は無理!という方は来月以降にぜひご参加を。

問い合わせ先
arahama.reborn@gmail.com
電話070-5059-9869(庄子)

粗浜ピザ12346311_509594629214741_4903360403447354229_n_blog.jpg

あら浜空12373331_509594622548075_2681622641566589758_n_blog.jpg

あら浜清掃10690097_770559959705591_4975355942004703545_n_blog.jpg

あら浜学校DSC01184_blog.jpg

posted by UH.Komatsu at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2016年04月09日

土筆とフキノトウ

4月4日、雨が上がったので仕事帰りに公園に寄ってみました。

そろそろフキノトウが出ているだろうと思ったのですが、今年は不思議なことにコロンとした蕾の状態のものがほとんどなく、半分以上土に埋もれていても花が開いているものばかり。雪解けが早かったからでしょうか。天ぷらにしろ汁物に散らすにしろ、花が開いていると苦いというイメージがあるのでまだ開いていない、もしくはひらきかけのものが欲しかったんだけどな…。選んだものであまり数を収穫できませんでした。

では土筆は?と思ったら、う〜ん、こっちはまだ小さい…。
DSC02034_blog.jpg

とりあえず、一部、とてつもなく日当たりがいいのか、一握りほどの群れが採取してもいいくらいに成長していたのでいただいてきました。

そこそこな量に見えますが、調理したら多分2口程度になっちゃうな。
DSC02035_blog.jpg

玉子とじやモヤシとの炒め物にしようかと思いましたが、せっかくの春の物、土筆と認識しながら食べたいという要望があり、日本酒と醤油でかりかり近くまで炒めました。結果、ほんとに1口程度の量になりました。それでも袴取りは結構かかったんだけど…。

これはあれです。マメの筋取りや、餃子やロールキャベツの包みと同じ分類に入る作業です。手間はかかるけれど食べると一瞬というやつ(笑)。この手の作業は個人的に「笑点」や「吉田類の酒場放浪記」を見ながら進めると意外に進みます。手の方に集中していても問題なく内容を追っていけるというのがいいようです。

袴と頭をおとした土筆。まるで長いモヤシ(笑)。そして頑張って選んだフキノトウ。
DSC02037_blog.jpg

フキノトウは盛大に春の揚げ物をしようと思っていたのですが、量がコレなので蕗味噌にしました。味噌味は好きですが味噌として食べる○○味噌系は苦手なので作るのも初めて。先に春を迎えた南の友達から、フキノトウが三個だけ庭に生えたので蕗味噌にしたらご飯がすすみました、との便りを貰ったので便乗。

フキノトウが苦いんじゃないかとか味噌が強すぎるんじゃないかという心配をよそに美味しくご飯がすすむ蕗味噌ができました。雑誌に載っていたレシピでしたがよいレシピを手に入れました。

ご飯もいいけれど、焼き鳥+蕗味噌も試してみたい本日です。酒場放浪記の影響か?
posted by UH.Komatsu at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年04月06日

冬眠から目覚め

新年度が始まりました。毎日が大きく変化した人、ちょこっと変化した人、様々だと思いますが、三寒四温の日々、慣れるまで心身共にお大事に。

さて、雪溶けが早かったものの植物の生育はいつも通りのようで茶色くだだっぴろい風景が広がっている工房周辺です。がらんとしていて、これはこれで気持ちがいいのですけどね。

先日、小雨もよいの中を、何か食べられるものは出てきていないかと工房周りをうろうろしてみました。
三つ葉や甘草や土筆が生える工房裏手は日当たりが悪いせいかまだ食べられるまでのものはありませんでした。

ザ・早春。これは甘草でしょうか。
DSC02031_blog.jpg

ぐるりと回って駐車場の土手に出ると、こちらは日当たりがいいので、少し春が進んでいる模様です。甘草発見。でもまだ小さいかな。
DSC02030_blog.jpg

土筆かフキノトウはないかと社長自宅の裏手ものぞきに行きました。こちらもあまり日当たりがよくないのでまだ何も生えていませんでしたが、軒下に残った屋根からの落雪の尾根に食べられるもの発見。

未開封のビール風飲料。なんでだ!?そしていつのだ?
DSC02027_blog.jpg

缶についたこの痕跡は、屋根から落ちてきた凍った雪のあとか、それとも積もった雪ごとリフトで除雪されたあとなのか。
DSC02029_blog.jpg

目当てのものはありませんでしたが、予想外の収穫がありました。雪解けの頃って本当に色々な物が雪の下から出てくるものですね。小銭や鍵の拾得が多いのもこの時期、不法投棄されたものが目立つのもこの時期。自宅アパート近くの田んぼでは扇風機が顔をのぞかせていました。土に還らないものを放置しちゃだめですってば。
posted by UH.Komatsu at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記