2017年02月27日

ヒヤシンス、窯づめ

周りはこんなですが
DSC02449_blog.jpg

昨秋植えたヒヤシンスの球根が芽を出しました。
DSC02448_blog.jpg
去年、おととしと水栽培で無理をさせた球根なので、専用の土にしっかり根をはって逞しく立派になってほしいという植え主(?)の身勝手な願望の元、お店の入口付近で今冬中寒さに当てております。雪の中に埋まった状態にしておくと雪がシェルターになって土が凍らないとか何とかきいたので、過去やってみたのですが、雪の重さで鉢が割れておりました。元も子もない…。降雪の程度によるようです。1月、2月と植木鉢の上に雪が綿帽子のようにこんもり積もったりもしていましたが、ヒヤシンスは今のところ元気のようです。咲くのはまだ先だろうなあ。

今日は素焼きの窯づめ作業をしました。
DSC02447_blog.jpg

この時点では大まかに入れた状態なので、これからまだ二倍ちょっと詰めます。高台のぐらつきを確認して修正しながらなのでなかなか進まない(笑)。

明日は、みがき作業です。水仕事なので冷えないといいな。いや、朝はマイナス12℃って予報されてたっけな、そういえば…。
posted by UH.Komatsu at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2017年02月24日

晴れやかな区切りに向けて

地吹雪と青空が交互にのぞく2月24日です。風が冷たいので隙間風も冷たいです。足元からじわじわ寒気が上ってきてオナカが冷えるのでカイロを張り付けてみました。今日一日はなんとかしのげそうです。

移動シーズン本番を控えて、日に日に記念品やお遣い物を求めに来られるお客様が増えてきました。私も先週、今週と高校の卒業記念包装週間で包装紙と熨斗紙に囲まれて作業しております。この時期の贈り物は晴れやかな用途が多いので、お皿や花器が多く、来月下旬になると夫婦茶碗や夫婦湯呑の需要が増えてきます。引っ越しや新生活が始まる時期だからなんでしょうね。

毎年、花器において、値段が予算と折り合わないという状況が発生するので、今年は一番多い予算枠に合わせて「一点物」の花器を用意しました。たぶん、来月に向けて窯出しの折りに、少しずつ増えるはず(希望)。
DSC02444_blog.jpg

左端のは、私の希望で海鼠釉無し、ベースの鉄釉だけにしてもらいました。花器と花の色合わせを考えなくていい、落ち着いた渋いのもあるといいなと思いまして。枝物もいいんじゃないでしょうか。小さい実がついたのとか、紅葉した枯葉がついたのとか。
DSC02445_blog.jpg

紫陽花を一輪だけ挿してもかっこいいと思うのですが、紫陽花挿すには、もう少し大きめにして下部を重たくしてもらわないとね、たぶん、この大きさでは花の重さに負けてひっくり返ると思います。さあ、要望まとめて陶工に提出だ。
posted by UH.Komatsu at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2017年02月20日

雨水すぎて

お久しぶりです。

雪が少ない今年ですが全くないわけではなく、雨が降っている本日でも軒下から屋根へ徒歩で上がれそうです。日が出ない白い空続き、切実に日光に当たりたいです。作業場も雪で窓がふさがれて真っ暗になってたりします。昼なお暗いどころか、春まで暗い作業場…。
DSC02442_blog.jpg

入口付近の除雪道具には、何かが超えて行った痕跡発見。
DSC02435_blog.jpg

たぶん、こやつ。
DSC02380_blog.jpg

近所のにゃんこだと思うのですが、長毛種の割にはワイルドな性格のようで、雨が降っても雪が降っても一日一回はのしのし歩いたり、歩いて行って戻ってきた様子を見かけます。季節によって枯葉がからまったり、茶色い猫になっていたり、雪の塊をぶらさげてたりしてますが、首輪をしているので飼い猫のよう。先日、ピンクの首輪が無くなっていて、どうした?捨てられたか?(←失礼)と思ったら、白い首輪に変わっていただけでした。飼い猫だからか、よくお店の中をのぞいていて入口のセンサーをぴんぽんぴんぽん鳴らしてくれます。登り窯や工房二階にはしょっちゅう出入りしているくせに、お店の中には絶対入ってこないのですが、何が気になるのかな〜。

今年もちらほら記念品のシーズンに突入です。見本市や春の行楽注文とも重なる時期なので、あっという間に品薄になってしまう毎年です。なので、今日は長皿とコーヒー碗皿の皿制作に駆り出されてロクロ場出張してきました。ヒビや歪みが出ずに商品までたどりつくといいな。

先日は、銅鑼鉢(白掛け)が完成しました。
DSC02440_blog.jpg

意外と使いまわしの効く鉢で、うちではラーメンもこれでいただきます。深さがないのでトッピングが沈んで行方不明にならないのがいいところ。

ああ、青空が見たいです。(←まだ言ってる)。

posted by UH.Komatsu at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年02月05日

寒いけど作業は続く

暦の上では立春を迎えました。春ですねと言いたいところですが、大寒の寒さがそう簡単に去るはずもなく、冷え込む朝続きの二月です。

マイナス2ケタ台前後になると、工房内のあちこちの水道が凍結して使えなくなり、出るところから水を汲んで来ての作業になります。成人の日頃の冷え込みでもがっちり水道が凍結してしまい、まさかの2日間凍結しっぱなしでした。水が出た時は、それこそマイムマイムでも踊ろうかという状態だったのですが、次の日、もっと気温が緩むと水道管の傷んだとろころから水漏れして出勤したら水びたしになっていました。あれもこれも全て上手くいくということはなかなかありませんね。

さて、昨年末にスタッフが減りましたので、窯作業やロクロ場作業の手伝いに出張って行くことが増えました。

昨日は素焼きの窯のみがきのお手伝い。一個ずつ余計な突起や作業痕を紙やすりで落としながら濡れスポンジで拭っていく作業です。
DSC02437_blog.jpg

この時期は水が冷たくて作業部屋も温まらなくて厳しい作業になりますが、思えばこの時期に入社して、最初にスタートした作業がコレでした。ラクなところから入るより耐久性はついてるかも。昨日、終業時間を少し延長して施釉まで終わらせたので今日は窯詰め作業を行います。これもまた部屋も品物の冷えているので冷たい。

卒業記念品の納期が近いし、見本市も始まるし、移動シーズンの御祝品の需要も増えてくるので踏ん張りどころです。

よい仕事のためには、まずは資本たる体のメンテナンスから。

まずは対処的なもの。
寒い作業や重い作業、同じ姿勢続きの作業で体ががちがちになるので、毎晩何かしらストレッチやエクササイズでほぐさないと翌日えらいことになります。エクササイズ用のDVDも何枚か持っていますが、こちらもあんまりにダイレクトな特集で買ってしまいました。
Tarzan (ターザン) 2017年 2月9日号 No.711 [雑誌]Tarzan (ターザン) 2017年 2月9日号 No.711 [雑誌]
Tarzan編集部

マガジンハウス 2017-01-26
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コリについての説明も詳細ですが、それぞれの部位をほぐして鍛えるエクササイズがてんこ盛りです。ヨガやカーヴィーダンスで見かける動きもあったり。エクササイズ用DVDのアップとして利用しようと思ったのですが、この本に載っている動きを全部するだけで随分ほぐれるし疲れます。買ってよかった。あとは、続ける気力と体力が必要。

続いて予防的なもの。
昨年12月に買ったカリンを一度仕込んで、残りを新聞紙にくるんだままほったらかしにしていたので、気持ちを奮い立たせてカリン茶第二弾を仕込みました。

DSC02439_blog.jpg

カリンをイチョウ切りにしたものの種を取って、ハチミツと黒酢に漬けておくもの。一ヶ月ほどで飲めるようになりますが、仕込んだ直後の、この二層に分かれた眺めも捨てがたい(笑)カリン酒は飲む時間が限られたりアルコールが駄目だと飲めなかったりするのですが、こちらは車運転する前でも気軽に飲めるので重宝しています。

忙しくなってくると、あっという間に生活も家の環境も荒れてくるので気をつけねば。

余談ですが、最近シロップ系を仕込むと半月ほどで発酵してくることが増えました。瓶の消毒に酒精のアルコールスプレー使っているから?いずれ手が空いたら、熱湯消毒とアルコールスプレー消毒の両方を同時に仕込んで様子を見たいと思います。

風邪、インフルエンザ、ノロにはご注意を。くれぐれも体は大事になさってください。

posted by UH.Komatsu at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記