2017年07月30日

雨、その後

水害をもたらした大雨から一週間経ちました。被害を受けた方々にお見舞いを、ご心配いただいた方々に御礼を申し上げます。

当日、普段通り出勤はしたのですが、途中の雄物川が実に危険な状態になっていて、消防関係の方々が土手に集まって見守っている状態だったので、臨時休業の張り紙だけして帰宅しました。直後に雄物川氾濫したとのニュースが。途中、アンダーパスが水没していたり、用水路が溢れて報道がリポート中だったりしてました。無事帰ってこれてよかった。

車の助手席から走行中に撮影したので見にくいですが氾濫直前の雄物川。
DSC02645_blog.jpg

国道沿いは浸水。
DSC02646_blog.jpg

楢岡陶苑では、本焼き用の窯と素焼き用の窯の両方が少し浸水しました。川の水ではなく、裏手の田んぼから。初代の窯跡がある道路の反対側の集落に続く橋は氾濫のため通行止めに。その昔、浸水が多いので今の場所に引っ越してきたという楢岡陶苑の歴史を実体験しました。
DSC02650_blog.jpg

DSC02651_blog.jpg

幸い1日で水は引きましたが、1日休んだおかげで、7月半ばから陶工&スタッフの体調不良で遅れ気味だった来週〆切の湯呑845個の制作がぎりぎりランナー域に。

今週焼いた500個を合間に包装しながら、残りの500個(予備含む)の釉かけ作業を朝から行いました。これから、陶芸体験の後片付けをして窯づめを始めます。すでに足が棒の様ですがぎりぎりランナーは走るのです。

間に合わせねば。むっきゃ〜
posted by UH.Komatsu at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記