2017年08月29日

楢岡焼オリジナル・マスキングテープ

今日は早朝からミサイル通過のアラームが響き渡り、びっくりして瞬時に目が覚めました。実は先週、携帯電話をスマートフォンに変えたばかりなのですが、所持してからのわずかな日数の内に、川氾濫だのミサイルだのと緊急通知メールの多さにびっくりしています。緊急通知と言ったら、地震速報くらいかと思っていたのですが、何かと不穏な昨今のようです。

さて、話は変わりまして、楢岡焼初グッズのご紹介です。

あったらいいなという自分の欲望に負けて、楢岡焼オリジナル・マスキングテープを作ってしまいました。

題して「日々陶工」。
DSC02683_blog.jpg

4コマで「練り」、「成形」、「焼成」、「窯出し」という一連の作業が連続する柄になっています。(見にくい写真ですみません。)
DSC02685_blog.jpg

絵柄を拡大すると、こんな感じ。
DSC02681_blog.jpg

黒×白かセピア×白の映画フィルムのような色合いもかっこいいと思ったのですが、最終的に楢岡焼の器の色に近い青×白になりました。

販売は、窯元併設店舗と近く通販ページにアップを予定しています。

お店に陳列したところ、「マステ〜!!」とか「時代に乗りましたね!!」とか、お客様の反応が面白いです。こういう紙モノグッズは女性が好むものかと思っていたのですが、以外に購入されていくのは男性の方が多いのは絵柄のせいでしょうか。

私は手紙やカードをしたためる機会が多いので、主に手紙用品として使用しています。4コマなので1コマずつ切り取ってポチ袋などの留めシールにしてもいいかもしれません。
DSC02661_blog.jpg

本当は、お客様や取引先との連絡用に一筆箋も作りたかったのですが、これはまたいずれの話。

さて、マスキングテープは今のところ40個限定の販売になります。どうぞよろしくお願いいたします。

posted by UH.Komatsu at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2017年08月28日

梅干し

雨と湿気の多い今年の夏。一度降ると降りすぎるの困るところですが、ここ3日程は気温も湿度もそんなに高くなく作業のしやすい気候で、ばりばりお皿作りに励んでおります。

お天気がいまいちだと、作った品物の乾燥の進みが悪くて、考えていた段取りが狂わされっぱなしなのですが、今年は保存食作りも思うように進みません。

6月末に買った南光梅。
DSC02632_blog.jpg

今年は普通の梅干しと、さしす梅を漬けたのですが、途中、普通梅干の方に少しカビが出たり、紫蘇を採りに行けなかったり、何より必要な干し時間分の晴れ間が続かなかったりと各過程で少しずつつまずいています。

一般的に土用干しと言われますが、その頃は記念品制作まっただ中で梅をかまっている暇がなく、梅の出回る時期が遅いんだから、その分多少遅れてもイイよね、と自分都合な言い訳をして、8月に入ってから(記念品納品終わってから)紫蘇を採りに行っている始末。8月10日前後の晴れ間に白梅漬けにしたさしす梅を干しましたが、その後、ぐずぐずした天気が続いたため、普通梅干の方は先週土曜日、大曲の花火当日にやっと干しました。
DSC02677_blog.jpg

予想以上に漬けこむ時間が長くなったので、満足な色合いに染まりました。ざるに入れて梅を干したら、猫がそのざるにはまって昼寝しておなかが水玉模様になったという話を聞いたので、うちはフード付きのザル使用です。野良猫はのし歩いているし、さまざまな虫も飛び交ってるし。ここで梅になにかあったらショックが大きすぎるので。かごやざるを駐車場に設置して色々(作品だったり、にんじんだったり大根だったり梅だったり)干していると、買い物や見学に見えたお客様たちが興味津津です(笑)

大曲の花火当日は、雲の流れが早く、晴れたりかげったりで充分な干しができたとは言えませんが、翌日日曜日は満足のいく干しができました。問題は、もう一日。またどんよりした天気になり、明日からは雨になる予報。干しは一回中断して今週末にまた干そうかな〜。

友人に「必ずしも連続して干さなくていいみたいよ」と助言されたので、のんびりした気持ちで仕上げましょう。梅干屋さんは11月頃まで干しているとも聞いてるし。(笑)(笑)この分じゃ完成はいつになるんでしょうね〜。

梅干し用の紫蘇が余ったものは紫蘇ジュースにしました。
DSC02667_blog.jpg

暑いさなかは、飲むと体にしみわたる〜!という感じでしたが、このところはその感動もあまり感じなくなりました。気づかないうちに体は秋仕様になっているのかもしれません。
posted by UH.Komatsu at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年08月16日

駐車場

今年、春に始動した駐車場脇の「ルピナスさん計画」。

4月にこんなで
DSC02499_blog.jpg

ここに植え付けしたものが
DSC02503_blog.jpg

夜中の謎の葉むしり小動物にやられ、湿気にやられ、ナメクジにやられ、だんご虫にやられながら、5株中2株が開花までこぎつけました。
DSC02635_blog.jpg

もっと大量に咲かせたかったのですが、ビギナーなので理想と現実の間に差が出るのは仕方なし。それでも花は1株につき5つ程つきました。色の濃い花の株の方が丈夫なのかしら。

天気が良ければ、もっと花がついたのかもしれませんが、先月の大雨で花がぽっきり折れてからは、湿気のせいもあってか今年はもうおしまいのようです。

折れた花を拾ってきて、茎が短い分寝かせて水に挿してみたら、翌日、花の先端が少しだけ持ちあがっていました。
DSC02640_blog.jpg

きっと雨にやられなければもう少し花が長持ちしたんだろうな〜。しかし天候なのでしかたなし。

こちらのカモミールもものすごく元気だったのに大雨の後、あっというまに終わってしまいました。
DSC02637_blog.jpg

花を摘んで干してお茶にしてみたら、ほんとうに青リンゴの香りがして気に入ってたんだけどな〜。

現在は八重咲きの向日葵が咲き始めました。こちらは発芽率もよく丈夫そうなので、大風等吹かなければ、きっと大丈夫なはずです。





posted by UH.Komatsu at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年08月13日

鉢植え生まれ?

コレは蛾?
鉢植えこんもりの柱の上にいたので、ヘンな場所に葉っぱがくっついたなと思いきや足がある…。
1日身動きもせずココにいました。
DSC02638_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年08月10日

現世帰還

年間で一番個数の多い注文がやっと完了しました!!その数、千個越え包装付き。社員総出、つまり2名で黙々と作りあげました。そのため、ここ2カ月ほど仕事もプライベートも、この注文中心に回っていたので、終わったら、現世に帰って来たような、もしくは長期合宿が終わったような(笑)。

6月の内は、まだ他の注文と織り交ぜながらの作業でしたが、7月に入ってから相次ぐスタッフ&陶工の体調不良に、水害による臨時休業と後片付け…。納品一週間前にして500個以上未完成という窮地に陥りました。

なので余裕だったはずの作業もハードな一気進行に一転。

施釉も残り500個ちょっとを1日で爆進。私がアメ釉かけたら陶工が海鼠釉を施釉していくという流れです。
DSC02656_blog.jpg

この状態で施釉完成。
DSC02655_blog.jpg

しかし数が数なのでやってもやっても終わらない。同じ品物なので形状も変わらない。だんだん飽きてくるのが人というもの。ため息つきたくなってきたころに、ふと目線を上げれば目の前には、いただきもののカレンダーが。
DSC02657_blog.jpg

拡大してみましょう。
DSC02658_blog.jpg

なぜ、どうして、こんなナイスな一言が7月のこの部屋に巡り合わせられているのか。おそらくコレはもう、頑張ってやれ、とどこかで先に定まったことなのでしょう。

ならば。
DSC02660_blog.jpg

頑張るのだ。まだまだあるけれど。
DSC02659_blog.jpg

終日、立ちっぱなしだったので作業が終わる頃には膝ががくがくしてました。以前は毎日一日立ちっぱなしの仕事してたのになあ。年でしょうか。

施釉が終わって窯づめもして、焼成が始まったら前回の窯から出ていた物の残り包装スタート。検品しながら内装して外装してのし紙貼って。リピート、リピート、リピート…。全部包み終わる前に今焼いてる続きが窯から出てくるよ〜。
DSC02654_blog.jpg

なんというギリギリランナー。無事完走できてよかった〜。来年はもっと余裕があるといいのですが…。

終わった…という燃え尽き感からか、まだ心身ぼ〜っとした感じがありますが、現実は、この注文に集中していた間、手をつけられずにいた、もしくは時間ができたら片付けねばとためていた作業が雪崩んばかり。通常営業に戻ったと言えるかどうかアヤシイ本日ですが、少しずつ通常営業に戻していきます。

店内がものすごーく品薄状態なので、まずは制作と掃除から〜。

posted by UH.Komatsu at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況