2017年09月21日

おはぎ

昨日は彼岸の入りでした。出勤途中もお花とバケツを持って道行く方を幾人か見かけ、お墓参りか〜と思った次第です。

それでかどうかは分かりませんが、仕事帰りにスーパーへ寄ったところ、「おはぎセット」なるものを見つけて、思わず購入してしまいました。

しかし。

ねえ、なんかひとつちがうんじゃない?
DSC02707_blog.jpg

あなたですよ、あなた。
DSC02709_blog.jpg

まあ、材料的には似通っているのか…な…?

小さい頃は、年に何回か実家でもおはぎを手作りしていました。甘い物が今より全然好きではなかったので、当然おはぎもあまり楽しみなものではなく。なにせ、うちのおはぎは文庫本くらいはあろうかという大きさで、さらに日中かけて作るため完成は夕方か夜。それをせっかく作ったんだからと、晩御飯の主食として出てくるのがどうしても受け入れられませんでした。

ご飯がおはぎに置き換えられただけで普通の夕食なので、おはぎ食べながらとんかつと味噌汁、もしくはおはぎ、焼き魚、酢の物など…。普通のご飯が欲しいと訴えても「おはぎ作ったから炊いてない」と言われ、苦肉の策で、おはぎのあんこを全部こそぎ落しておにぎりに近い状態にして水ですすいで食べて怒られたりを毎年くりかえしていました。数年後には、もうおはぎそのものを拒否。もう頭の中では、あんこおにぎりみたいなイメージになってしまっていて、おはぎを思い出すと、甘さと一緒に味噌の味やだしの味、とんかつソースの味が一緒によみがえってきてしまいます。

先日、たまたま友人とおはぎの話になった折り、この話をしたら、「うちもそうだった」と言われびっくり。おはぎが主食の晩御飯、意外とどこのお宅でもそうなのかしら…。

そんなこんなで、今年は数年ぶりに自発的におはぎを食べました。もちろん晩御飯の主食ではなく、食後として。

こちらは二年か三年前の雑誌に載っていた変わりおはぎのレシピです。かわいい!抹茶とかカボチャとか、おはぎもあんこだけではないらしい。こういうおはぎなら、味噌汁やとんかつソースから離れた新しい記憶の味を育めそうです。
DSC02712_blog.jpg

おまけ。
白い角皿に盛ると、またちょっと雰囲気が変わります。あんこおはぎだけなら白いお皿の方が映えるかもしれません。
DSC02704_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年09月14日

第32回やきものの里展

催事のご連絡です。

今年も石川県地場産業センターの、じばさんギャラリーにて「第32回全国やきものの里展」が9月13日から始まりました。

今回は、出品数は少ないのですが、お湯呑み、冷酒用徳利とぐいのみ、マグカップ、すり鉢など、オーソドックスな日常雑器を中心に出品しました。

会期は10月23日まで。9時から17時までの開場になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by UH.Komatsu at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2017年09月10日

地震

8日夜の地震は震源地が近く浅かったせいもあって、震度5強という縦揺れに襲われました。ちょうどドライヤーを使っていたため、始まりの揺れのカタカタ音(もしかしたら無かったかも)に気づかないうちに、どーんと下から突き上げられてびっくりしました。緊急地震速報も今回は地震後に鳴りましたしね。家人談ではテーブルに置いてあったカップからお茶の飲み残しが飛びあがって床にこぼれたそうです。その他の被害は、お茶碗が一個壊れ(あとで素人金継ぎしてみる予定)たのと、文庫本が棚から落ちました。その程度。

停電も起きず、数分後には電車も走って行ったので、揺れ自体は東日本大震災の時のこの辺より揺れたものの大事に至らず何よりでした。

会社の方は、窯出し途中の棚板が一枚ずれていました。
DSC02689_blog.jpg

どうやら支えのつくが転がった模様。
DSC02690_blog.jpg

棚板の上にあった湯呑が傾いた棚板を支える形になっています。湯呑は傷がついて使えなくなりましたが、組んだ棚板全部が崩れ落ちなくてよかった。

先月、先々月と水害、今月の地震、そして今日、午前中の雷。この上、火事が付け加わらないことを願うばかりです。

まだ余震が来たりもしています。
自然災害は恐ろしい。お気をつけくださいませ。
posted by UH.Komatsu at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記