2017年11月29日

本日の作業 甕その他

大甕の乾燥がうまく進んだようで、次の過程に進む社長。本来、着手予定だった陶工負傷のため今回は代打の甕作成です。
KIMG0080.JPG

ストーブOKになったので、傍らの作業台で、私は昨日するはずだった小皿の仕上げと別種の小皿の作りをしました。仕上げをした小皿については、今回、初めて作る形のものであることもありますが、一枚手に取るたびに「うーむ、下手」ということばかり頭をぐるぐる回りました。一応、陶工からOKは出てはいるのですが…。今回、3回に分けて30枚程度作ったのですが、それっぽっちではまだ感覚は十分につかめません。
KIMG0081.JPG

午後からは素焼きの窯づめを行いました。窯場、寒っ!!!

部屋に火の気無し、暖房設備なしの廊下から詰める品物を運んでくるため扉開けっぱなし、袖がひっかかって作業に支障がでるのが嫌なのでひじから下、腕まくり。二時間半の作業でしたが上半身冷えっ冷え。腕と顔から冷えた〜。

ロクロ場に戻ってきたら、甕が甕らしくなって数が増えていました。
KIMG0082.JPG

甕の前に段ボールが立ててあるのは、ストーブからの熱が直接当たって、一部だけ乾燥が進むのを避けるためのもの。数日前に社長が工夫したのですが、そのひらめきが社長的には名案だったようで、「いいこと考えついた、やったなあ、やったなあ」と幾度も自慢されました(笑)。これから先、段ボール遮熱壁は受け継がれていくことでしょう。継承の発端を目撃しました。
posted by UH.Komatsu at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況