2018年01月28日

ちょこっとコーヒー碗皿(仮名)

新しいコーヒー碗皿のご紹介です。

80ml容量カップとオーバル型のお皿を合わせた、ちょっと一服用の食べ過ぎない飲み過ぎないコーヒー碗皿です。
DSC02759_blog.jpg

画像は一口ドーナツ(型箸置き)ですが、干菓子など和菓子とコーヒーを楽しみたいときにちょうどいいかと思います。秋田的イメージでは諸越やなると餅でしょうか。もしくは玄米茶とがっこ?かんてん?

定番商品ではないため、今回は12客作成予定でしたが、前回の窯に全部のお皿を入れるだけのスペースがなく、とりあえず入るだけ詰めてくれと懇願して4枚入れて貰いました。検品通った物が3枚だったのでお店に並んだのも3客。残りは次の窯での焼成になります。…全部入れて貰えるといいなあ。

posted by UH.Komatsu at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2018年01月27日

キャッチ本情報 ブック・クロッシング

寒波の峠は越えたものの、もっさりどっさり降雪に埋もれ気味の楢岡陶苑です。
DSC02747_blog.jpg

寒波が連れてきた暴風雪は今日までの予報だったので、いよいよ終わりかと期待して天気予報を見たら、明日から通常の真冬日が一週間続くようです。まだ終わらないのか―い。外はそんな気持ちのくじける空模様ですが、建物内では鉢植えのローズマリーが花をつけました。白、黒、灰色がほとんどの風景の中で、薄紫色が華やかです。夜はマイナスの室温にさらされているのに丈夫な奴、私向きの鉢植えです。
DSC02751_blog.jpg

さて、先日見えたお客様がブック・クロッシングコーナーに興味を持って下さり、キャッチ待ちのブック・クロッシング参加本と、一緒に置いてあったフリー本が各一冊ずつ旅立って行きました。

今回旅だったのはこちら「ユーミンの罪」。旅立ってしまったので画像はこちらで。
table border="0" cellpadding="5">ユーミンの罪 (講談社現代新書)ユーミンの罪 (講談社現代新書)
酒井 順子

講談社 2013-11-15
売り上げランキング : 47712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新書らしく、ちょっと過激な感じのタイトルを見て、手にされたお客様は「ユーミンの罪、なんだか分かるような気がする」とおっしゃっておられました。私はユーミンの楽曲をよく知らないもので、その、なんだか分かるような気がする罪とはなんぞや?と気になってしまいました。キャッチ情報&感想をサイトにUPしてもらえるといいなあ。

もう一冊のフリー本は、10年前に発行された「リンカラン」でした(古すぎて画像は見つかりませんでした)。特集は「手になじむ道具」。お客様の「こういう内容は古びなくていいのよね」とのお言葉に大きくうなずいた私です。4〜5年前に古本屋で購入した雑誌なのですが、今第一線で活躍されている方々の初々しい記事が載っていたり、コラム欄では、マイボトルやマイバッグなどがさかんに推奨されていて、現在ではすっかり定着した物も、まだ10年かそこらの物なんだなと思ったことを覚えています。お料理や整理整頓についてはもう半永久的なテーマ。

ブック・クロッシングコーナーでは、本のキャッチ、リリースをお待ちしております。キャッチ情報と感想をUPしていただけると本の所在が、その本をリリースした方に伝わりますので、こちらもお待ちしています。つなげてみよう読書の輪。




posted by UH.Komatsu at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について

2018年01月22日

冬の寒さにも負けず

最強寒波が来て、東京でも雪が降っている本日、出勤時の気温はマイナス13℃で、事務所周りではいまだ水道が凍結しています。工房の水道が一か所生きているのでなんとかなっていますが、今週ずっとこんな調子だととても困る…。

釉薬の上水にも、ばしっと氷が張りました。
DSC02745_blog.jpg

そんな本日のお仕事は、まず午前中に冷たい仕事。コーヒー碗用のソーサーの仕上げ。お皿自体もよく冷えてるのですが、水がおそろしく冷たいので、スポンジがけをすると指先がびりびりします。
DSC02741_blog.jpg

そして午後には、窯出し。あったかい仕事のはずですが、思ったほどではなく、あっというまに冷めました。危険だわ〜。
DSC02739_blog.jpg

DSC02740_blog.jpg

今回の窯は、特注すり鉢と記念品がメインに組まれたので、窯出し後は梱包祭りと包装祭りが開催されます。参加者は私一人ですが。冷えと乾燥で怪我が増えるこの時期、気をつけて頑張らねば。

今朝道路はつるんつるんで、おそらくスリップして制御不能になったまま対向車線に飛び出して道路から落ちたと思われる車の引き上げ作業が行われていました。今週ずっと雪と低温が続くようです。どうぞ、お気をつけ下さいませ。



posted by UH.Komatsu at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年01月18日

本日のリリース本 ブック・クロッシングゾーン

今日は雨のせいかお客様の多い一日となりました。(←冬らしい発言)。やはり、道路の安全性は大事です。

さて、久しぶりにお店内のブッククロッシングコーナーに本をリリースしてみました。乾石智子さんの「夜の写本師」。重厚な読み応えのあるファンタジーです。じっくり読みたい方におすすめです。
DSC02738_blog.jpg

楢岡陶苑内のブック・クロッシングコーナーでは、本のキャッチだけではなく、リリースも歓迎しております。興味のある方はぜひご来店くださいませ。

つなげてみよう読書の輪。
posted by UH.Komatsu at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について

2018年01月06日

新年 2018

あけましておめでとうございます。この一年がよい年になりますようお祈り申し上げます。

2018年は1月4日より営業が始まりました。新年早々と言いますか、新年だからと言いますか、早速、「陶工の気まぐれ限定品」が並びました。

名付けて「赤富士カップ」、2個限定品になります。おめでたい形状の品なのでこの機会にぜひ。
DSC02731_blog.jpg

こちらのカップは、楢岡焼の通常の施釉とは色合いが逆になっているのが特長になります。
ほらね。使う時は逆さ富士。
DSC02732_blog.jpg

工房では、陶工は注文品のすり鉢作り、私は年末に取りかかれなかった小皿の作成を始めました。
KIMG0122.JPG

商品名は小判皿ですが、どっしりした雰囲気の作りにしたいと思います。明日、もうひと玉分、形を作って、今日作った分のバリ取り&仕上げ作業へと続く予定です。

さて、お正月はどのように過ごされましたでしょうか?
私はメインが実家巡りでした。その際に出てきた楢岡焼。本来は掛け分けコーヒー碗皿のソーサーなのですが、単品使いではケーキ皿やお菓子皿としても使えますよ、とアナウンスしているお皿です。お正月料理のカニと豚バラの醤油煮が載って供されました。こういう使い方もできますよ〜。
KIMG0114.JPG

初詣は毎年恒例の六郷の諏訪宮へ。実家の両親と姉妹&その子供は元旦参りをしたそうです。実家の家族は元旦参りの後、温泉施設へ向かって体を温めてから帰宅するのが恒例なのですが、今年は温泉施設が開いていなくてがっかりして帰宅になったそう。正月早々残念〜。
KIMG0119.JPG

うちの恒例は、初詣に行ったら清水を汲んでくること。今年は500ミリペットボトル二本分をいただいて、お茶をいれました。
KIMG0117.JPG

神棚用の御神札の購入時に引いたおみくじは中吉でした。「風向きに惑わされるな」というのが主旨、今年はそういう年なのね。お守りとして付いてきたヒョウタンはピンク色だったため、バッグにも財布にも似合わず、手帖に穴をあけてぶら下げてみました。今年一年は、この仕様で行こうと思います。よい予定がたくさん入りますように。
KIMG0123.JPG

そんなこんなで始まった2018年です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。










posted by UH.Komatsu at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記