2018年03月05日

菊花茶

三月になったとたん、気温がプラスになって雨の降る日が多くなってきました。マイナス二桁で冷やされた身には、たとえ1℃や2℃であっても、マイナスがついていない数字に、視覚的に、わーい!春になってきたー!!という感慨を抱いています。けれど、水はまだ真冬と変わらない冷たさで、水仕事をしては雪の中に遊びに行ったにゃんこの肉球のような手のひらをストーブにかざして感覚を戻してから次の作業へ取り掛かるという手順は真冬と同じなのですが、気持ちの持ち方がちがいます。←コレが大事。

ほんの一週間前は、もはやどこに除雪しようかと途方に暮れていた社長の重機も、今日は朝早くから軒下の雪山を崩したり、駐車場の氷の板化した圧雪をがんがん割ったりしています。たまに、屋根の端にバックホ―のアームがぶつかっては建物が揺れるので、屋内で作業していると、ちょっと怖い(笑)。

これは先週、除雪先に困っていた時の図。
DSC02769_blog.jpg

さて、四月からの新生活と行楽シーズンを控えて、そしてその前の移動シーズンに向かって制作&仕訳で忙しい毎日になってきました。パソコンのデータ確認の回数も増えて、ふと気がつくと目が充血…。目の使いすぎ、そして頭の使いすぎ。頭痛に発展すると厄介なので、早めに対処しておこうと、菊花茶をいれてみました。その名のとおり、菊花の花茶です。
DSC02773_blog.jpg

写真が下手ですみませんが、下から見るとこんな感じ。緑茶でも宇治茶など茶葉がキレイに開くものもありますが花茶は格別です。耐熱ガラスのカップ欲しいなあ。
DSC02775_blog.jpg

日本では疲れ目にはブルーベリーと言われますが、中国では菊花茶なんだそうです。頭痛、目眩、目の充血、視力低下、炎症に効果があるとか。漢方的には解表(体の表面の邪気を取り除く)、明目、清熱、解毒の作用があるようです。

ま、難しいことは置いておいて、薄黄色い、すんすんとした(すうすうまでではない)お茶です。ただ問題は近所で売ってないということ。で、今回は図書館から家庭漢方の本を借りてきて自作しました。

作り方は
1、花を塩水で洗ってざるにあげて水を切る。
2、ザルに布巾を敷いて菊花を並べ、蒸し器に入れて1〜2分蒸す。
3、乾いたザルに並べて日陰で4〜5日干し、最後に1〜2時間日干しにして完全乾燥させる。

簡単です。本来は刺身のつまについてくる小菊を使用するそうですが、普通の菊でもいいと注釈があったので、秋、食用菊が安くなった時にまとめて干しておきました。「もってのほか」菊で作ったら何色のお茶になるのかなあ。

蒸してしまうと、なんとなく効能が減るような気がするのですが、柿の葉茶は蒸してから干さないとビタミンCが数日で抜けて行ってしまうそうなので、多分同じような理由があるのだと思われます。

こちらはうちで干した菊花。上の色の濃い花が蒸してから干したもの、下の色が薄くてかさかさした花が蒸さずに干したものです。比べてみるとなんだか、蒸さなかった花は見た目は菊花っぽいけれど明らかに何か抜けてそうです(笑)。
DSC02782_blog.jpg
ところで、ポットの中の菊花をみながら、ふと思ったのですが、おひたし用に菊花をゆでた、あのゆで汁って菊花茶と何か違いがあるんでしょうか。気分的に「そうだ、菊花茶いれよう!」と「体にいいから、ゆで汁のんでおこう」は全然ちがいますが、実際はどうなんでしょうね。

……同じような気がします。
posted by UH.Komatsu at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記