2018年05月21日

天日干し

雨の音は雑草の伸びる音であるかのように、緑の眩しい季節になりました。
DSC02896_blog.jpg

先月の、この淡々とした色彩はどこへやら。
DSC02858_blog.jpg

さて、先週末の大雨では、避難勧告が出たり、雄物川が一部氾濫したりした地域もありましたが、幸いにも楢岡陶苑の被害は窯場に少し水が入ったのと、雨が上ってからの井戸水の濁りだけに止まりました。避難を余儀なくされた方、田畑等被害を受けられた方々に、お見舞い申し上げます。

さて、雨が上ると急に5月らしい爽やかな天気になりました。雨の間中、成形した品物の乾燥が全く進まなくて、仕上げ作業が予定より2日〜3日ほどずれ込んでしまったここ数日です。今日はあまりに乾かない物がたまったので、今年初の天日干しの決行へ。
DSC02897_blog.jpg

最初は風の力を借りてと陰干ししていたのですが、思いのほかはかどらないので日光の力も借りようとほんとの天日干しに。薄茶色い色の物が、まだ乾燥が進んでいない品物です。ちなみに引っくり返したり、順番待ちの品と場所替えしたりと面倒を見ていると、私がどんどん日に焼けていきます。
DSC02902_blog.jpg

時間の問題だとは思いますが、今年はまだ土蜂が姿を見せていないので安心して外に出せます。ちなみに、先日お皿を作ろうと道具を取りに行った時のこと。
DSC02892_blog.jpg
板と輪っかを重ねたこれらをまとめて持ち上げたら、左中指に何やらやわらかくてシルキーな感触が…。ああ、これは…、と思ったら三角形のでっかい蛾が板の裏に張り付いていました。今年のザ・ファースト・コンタクト。

窓の外にはでっかいアオダイショウの姿も見かけて、すぐさまあちこちの侵入経路に木酢をまきました。突然のお出ましがないか、びくつきながら扉をあけるくせが抜けないまま冬が過ぎ、また今年も始まってしまいました。あまり入ってこないで欲しいなあ。

なんだか途中で話がずれました。そんな日もあり。

posted by UH.Komatsu at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年05月17日

長皿考

長皿の作りに入りました。

板状にカットした粘土の四辺を持ちあげて作成するのですが、ただそれだけのことなのに、全然思い通りに事が運ばず苦手な品物のひとつです。途中廃棄が多くて、かかった時間と労力の割には完品の数の少ないこと。

この段階では乾燥管理に応えて、まだお利口なのですが
DSC02842_blog.jpg

乾燥が進むにつれ、どれだけ気にかけようと、どんなにまっすぐに成形しようとゆがみが出たり、そして反ったりするものが出てきます…。

これだけ反ると、もうだめですね。
DSC02841_blog.jpg

今回はまだ発生していませんが、持ち上げた角の部分の圧力のかかり方によっては、この部分にぱっくりヒビが入ります。ヒビが出たら、その時点で廃棄です。
DSC02843_blog.jpg

前任者までは、完品が注文数に達するまで、とにかく作って作って作るというやり方だったのですが、私は店舗での仕事やデスクワークもありますので、そんなに時間をかけるわけにもいかず、そして労力や時間や材料の無駄は可能な限り省きたいので、原因をとまでは言いませんが、せめて完成率の高い作り方を模索して行きたいと思っています。

道具を変えてみるとか、乾燥進行時間を変えてみるとか、粘土のまとめ方を変えてみるとか、スライスした粘土の上下数枚は使わないでみるとか。結局、観察と試してみる時間はかかりますが、いい方法が見つかれば効率は上がるはず。

あれやこれやと観察と実験の予定を立てながら、おそらく、これだけあれば今回の注文数が取れるだろうという数を成形し終わった日の夕方、再び注文が入って必要数が倍になりました。ふおおおお〜。増産決定。

ぞ〜うさん、ぞ〜うさん♪
増〜量しなくちゃね♪

観察と実験の機会も増えたということで…。早く成功率の上る方法を確立したいものです。
posted by UH.Komatsu at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年05月13日

桜と流木

5月も半ばとなり、新緑の眩しい季節になりました。ほんの二週間前には桜咲いていたのになあ。春の進行が早いのは始まりだけではないようです。私はと言いますと先週、健康診断=胃カメラという、ここ最近ずもーんとのしかかっていた重しが外れてやっとのびのびした心持ちになりました。外れて分かるその重さ。

それはさておき、今年は4月30日に恒例の神岡の河川敷の桜を観に行ってきました。GW前の注文品の作成と納品で出勤が特別スケジュールになったので、本来ならば満開の日に休日だったはずが桜吹雪の時期にずれこみました。

それでも、なんとか間に合った感じです。
DSC02856_blog.jpg

DSC02876_blog.jpg

例年通り、池の端から公園をぐるっと回って川べりの桜並木へ。
DSC02862_blog.jpg

ここまではいつもと変わらずだったのですが、今年はスゴイモノがありました。
DSC02873_blog.jpg

去年7月の大雨で浸水した時に流されてきて桜にひっかかったままと思われる流木です。根っこから引き抜かれる形で押し流れたようで、そして根を覆っていた土は全て流されたようで、まるでビーバーか何かの巣のよう。
DSC02871_blog.jpg

おそらくコレも
DSC02875_blog.jpg

そしてコレも洪水時の置き土産だと思われます。この公園、完全水没してましたから。水の力って恐ろしい。
DSC02868_blog.jpg

でも、この日は穏やかに水面を花筏が流れていました。
DSC02867_blog.jpg

DSC02855_blog.jpg

GWのおでかけはこれだけ。何せ、お迎えする方ですから。3月4月と怒涛の忙しさで品物を増産しましたが、ほとんどが注文品として外へ出て行ってしまいました。ご来店下さったお客様に満足していただける品ぞろえであったかどうかが来年への反省材料です。

来年のことはもちろんですが、来るべき次の季節に備えねば。頑張ります!!

余談ですが、通勤路脇の桜の気にカラスが巣を作りました。木の芽時から毎日様子をうかがっていたのですが、まだ枝ばかりの桜の木の股に拵えられた巣が日に日に桜御殿へ変化。贅沢なカラスだのうと思っていたら、すぐに青葉御殿に変わり、そしていつの間にか巣は撤去されたようです。まあ、カラスが増えても困るのは分かるんですが、桜と青葉の御殿を追われたカラスはいずこへ。ちょっと気になっています…。




posted by UH.Komatsu at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート

2018年05月06日

悩ましい紫陽花モチーフ

DSC02883_blog.jpg
ブローチにしようか

ヘアゴムにしようか

今回限りにしようか、またトライしようか…。
(↑仕上げがえらい大変な上に、上手く釉薬のせるのが難しい)。

でも、かわいい。
posted by UH.Komatsu at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介