2019年09月16日

線彫りぐいのみ、斜め彫り

三連休、稲刈り機の音が遠くからうなるように聞こえてくる楢岡陶苑です。原料採取のための田んぼも稲刈りが始まったので、今年も藁立て、藁焼き作業が近づいています。お店には県外の方が多く見えました。今が一番キレイな水田の眺め、堪能していただけるといいのですが。

本日のご案内は、変わり線彫りぐい呑みです。定番では彫りが上下まっすぐになりますが、今回は2〜3個斜め彫りのものが出てきました。ちょっと角度が変わっただけで雰囲気もかわる不思議。ちょっとガラスのデザインぽい雰囲気もあるようなないような。
DSC03317_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2019年09月12日

久しぶり 

夏と秋の気候が入り交じる気候になりました。暑さ疲れした体に忍び寄る冷え。油断禁物の体調管理の難しい時期です。暑さ寒さも彼岸までですが、あまり暑くならないといいなあ。台風被害の大きかった地域にも過ごしやすい気候の日が多くありますように。

さて、秋の夜長まではまだ少しありますが、ブッククロッシングコーナーに本を追加しました。ライトな絵画ミステリーと片づけ本。後者は、実践的な内容ではなく、「整えるのは自分自身」という思索的な内容です。片づけのモチベーションを上げたい時に。
DSC03319_blog.jpg

私の現在の読み本はこれ。
DSC03316_blog.jpg

秋に「十二国記」の新刊出るらしいよ、と友人と話していた折り、30年近く前に途中で挫折したままほってあることを漏らしたら、それは人生損してるから読んでみろ、と熱烈なおすすめをいただきました。損してるつもりはないですが幅が出るなら読まねばね。ちなみに、お酒飲みにも「飲めないなんて人生の半分以上損してる」(←なんと人生の半分以上が酒で構築されているらしい!!)と言われたな…。趣味や嗜好品て、それだけ人生に食い込んだ所に位置しているんでしょうね。

上半期は、頭が疲れていて読書がさっぱり進まなかった分、下半期になったら読みたい本が目白押しです。ガムを噛むように、じっくり読み返したい本もあるのですが、文庫がワンコインで買えなくなった昨今、冬ごもり用の本も少しずつ積んでおかないと。

冬に向けて一番気になっている刺繍の本。刺繍のデザインだけではなく、デザインの生まれた暮らしの慣習等々も掲載されているようです。
DSC03321_blog.jpg

読み代捻出頑張ろうっと。




posted by UH.Komatsu at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について