2014年07月26日

美郷町ラベンダー園

すでにだいぶ前のことになりつつありますが、美郷町のラベンダー園へ行ってきました。実家のすぐ近くなので毎年そろそろだな〜と思いつつ、近いしいつでも行けるしというよくある穴にはまって数年ぶりの来園です。ラベンダー園というのも実は全然しっくり来なくて場所的には昔の牧場のイメージから更新のない私の脳内。それはさておき、前日温帯低気圧が過ぎて行ったばかりなので山に雲がひっかかりまくり。薄暗い…。希望青空でしたがこればっかりは仕方ないですね。
DSC01161_blog.jpg

DSC01157_blog.jpg

厚い雲が垂れこめていましたが湿度は思った程ひどくはなく、弱い風が吹くたびにラベンダーの香りの付いた空気がふわっと動きます。

どうも年々少しずつ拡張傾向にある模様。品種違いも植えられているようで区画によって花の付き方や大きさが違っていたりしてました。
DSC01148_blog.jpg

DSC01150_blog.jpg

中には白っぽいような薄桃色のようなラベンダーも。新しい品種のようです。
DSC01159_blog.jpg

花株の間から急に雲雀が飛び上がり、鳴きながら高く高く登って行くのを何回か見かけたのですが鳥自体が小さいので撮影ならず。残念。

そしてお約束のラベンダーアイス。その場で食べると辺りの花から漂う香りの方が強いので、何かカシャカシャしたものが含まれたアイスという感じです。前回もそうで今回もそう。テイクアウトにした方が風味が際立つのかな。
DSC01162_blog.jpg

DSC01164_blog.jpg

私の実家というか集落は上の画像の正面の杉林の陰にあります。よく人家があるように思えないとか、山と直結した公園しかないと思ってたと言われるのですが、確かに集落が2つもあるようには見えないかも(笑)。

帰りはサンアールに寄って帰宅。相変わらずびっくりするほど解放感に満ちた浴場で、その解放感と山の近さゆえ、実は私の友人間では人気の高い場所だったりします。昼下がりでしたが、のんびりと浴槽に足だけ付けておしゃべりに興じる姿がちらほら。よく「沐浴」といったタイトルで描かれる絵画の雰囲気ってこんなだな〜と思いました。そして脱衣所の忘れ物箱の上にはでっかい浮輪が!なぜだ?さらに温泉施設なのに売店に各種野菜の種がどーん!!農作業して汗を流しに来て種を購入して帰る図式が見えます。いいですね、地域密着型。とっきょ思い立って足を運んだラベンダー園周辺でしたがだいぶ緩みました。お休みの日、朝、起きた時は思いもよらなかった1日になると、何やら充実した1日をすごしたような気持ちになります。



posted by UH.Komatsu at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101966870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック