2014年12月01日

藁灰回収

火曜日以降、5日間連続雪だるま(暴風雪含む)という恐ろしい週間天気予報が発表となりました。週間天気予報なので表示し切れてない部分で、もっと降り続く可能性もあり…。ああ、根雪になりそう…めそめそ(泣)。

雪の前に雨が来るとの予報だったので、晴れているうちに釉薬原料の藁灰回収作業を行いました。
DSC01322_blog.jpg

せ〜の。
DSC01324_blog.jpg

うりゃ。(←声が出ているうちはまだ元気)。
DSC01323_blog.jpg

上層の比較的乾いた部分は二階の乾燥部屋へ運びます。真下の一階部分は窯がある場所です。余熱を利用しての乾燥なわけですが、たまに社長の芋やら豆やら謎の収穫物も干されていたりします。現在豆が干されているようで納豆汁っぽい香りが一階の窯までほわほわと。社長!!何かが酵されてきてますー!!!
DSC01326_blog.jpg

濡れている部分はこちらの樽に詰めます。
DSC01330_blog.jpg

あえて破れ樽を使用して
DSC01325_blog.jpg

水切りします。ちょろちょろと意外とたくさん出てきますね。
DSC01327_blog.jpg

あとちょっとだ、頑張って!!濡れていると重いのです。雪寄せの練習か?という感じ。「伝統的な工法で」「昔ながらのやり方で」というと耳当たりはいいのですが、つまりは人力(笑)。
DSC01329_blog.jpg

水切り中のものはもう数日軒下に置いておきます。
DSC01328_blog.jpg

作業終了。がらんとしました。ああ、あさってには真っ白になってるんだろうなあ。さようなら、今年最後の雪のない世界。名残惜しすぎます(笑)。
DSC01345_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106111856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック