2008年05月01日

携帯ストラップ

keitai.jpg

コーヒーカップやマグカップの取っ手、あれは本体と別々に作って後でくっつける、という工程で作られることは容易に想像できるかと思います。
具体的には、まずカップ本体をロクロで製作し、後日(翌日〜2日後)取っ手を製作します。カップ本体よりも取っ手の乾きが早いので、お互いがちょうどいい具合に乾いてきたところで、ペタッと貼り付けます。

さてそこで。
取っ手を作る際、予備として少し多めに作るのですが、失敗することはほとんどありません。そのため、多く作った分だけ余ってしまうことになるのですが、それをそのままドロに戻すのはもったいない...というわけで。

取っ手をリング状にしてみました。

そのリングを連ねてチェーン状にしてみました。

素焼きしました。

釉薬を少し垂らしました。

本焼きしました。

携帯のストラップにしてみました。


---------------


最近の携帯電話は、小さすぎたり機能が複雑すぎて逆に不便だと思ったことはありませんか?

そんな、便利すぎる携帯電話を一気に不便にするストラップが登場!

重さはなんと130g!携帯電話本体よりも重いです!
しかも陶器製!ストラップが壊れたり携帯電話に傷がついたりするのを恐れながら使用することができます!

なんてキャッチコピーは...だめでしょうねえ。


ちなみに「楢岡焼不便なストラップ」(仮称)はこれで2作目だったりします。
posted by UH.Komatsu at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14591953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック