2008年05月18日

最大規模の重圧

1週間前、祖母の一年祭(一周忌)兼祖父の二十年祭を行いました。
まぁその前後は何かと慌しかったりもしたのですが。

宮城での展示会や、ジョイフルシティ(大曲)でのフェアが迫ってきてることもあり、また急ぎの注文やまとまった注文が多く入ってきたことなども加わって忙しかったわけです。
雑記を書く時間もないほど忙しいというわけではなく、雑記を書く気持ちになれないぐらい忙しかったというのが正しいところでしょうか。

最もキツかったのが、焼き方が極めて難しい湯呑みの注文。
納期がギリギリで(そうなったのは当方の連携ミスなのですが)、焼成に失敗したらもう終わりという状況。
しかも、注文してくれた方は某国家権力の人。

「焼くのに失敗したらショっぴかれる〜〜」
とハラハラしながら窯焼きしていたとか。


結婚式の引き出物の製作も、失敗が許されない厳しい作業ですが、某国家権力な人からの注文はそれ以上の重圧でした。

まぁ、無事になんとかできたのでよかったですけど。
posted by UH.Komatsu at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15033807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック