2015年11月12日

池田氏庭園の紅葉 池田氏庭園の紅葉

秋の池田氏庭園公開へ行ってきました。去年は紅葉のタイミングを外してしまったので、日を計っていたのですが、紅葉、晴天、休み、体調と条件が多くなるとなかなか難しく、結局もう今日しかないというところまで引っ張って曇天の中の散策となりました。

紅葉も洋館も薄暗い曇り空ににじんでいる…。
DSC01792_blog.jpg

お池周りの水辺も艶やかな秋というより寒々しさというかしみじみというか秋も終りだねえという風情のが強いかも。葉が落ちて枝ばかりになってしまった木が多くて残念。この雪見灯籠の背景の木が真っ赤な葉に覆われていたときに見たかった。
DSC01793_blog.jpg

それでもありがたいことに裏手(池や洋館と反対側)はまだ見頃でした。

赤に。
DSC01820_blog.jpg

黄色に。これは散り落ちても綺麗なものですね。
DSC01813_blog.jpg

両方に。
DSC01829_blog.jpg

深紅。福神漬けのような赤、と思う風情のない私。
DSC01838_blog.jpg

各シーズンの公開時に何度か足を運んできましたが、毎回少しずつ整備が進んでいるようです。今回は入場料がぐぐっと上がってました。修復と整備が進められている証拠と受け止めました。必要な場所に無駄なく使っていただけるなら文句なし。そして券売機まで設置されている!資料館となっていた米蔵も中の資料が池田家の方々の写真や功績、家財などがメインになってきていました(余談ですが、お子さん方のモノクロ写真を見て、ハンドメイド感溢れるワンピースにぐっときた私です)。以前は、楢岡焼発掘調査結果云々のガラスケースがあって、なんで!?と思ったものでしたが、今回はこれだけ。展示していただけるのは嬉しいですが、やはり場所的に池田家関係の資料が多い方が嬉しいように思います。池田家に来ているのですから。
DSC01841_blog.jpg

やはり立派な家財。
DSC01788_blog.jpg

地元の小学校に給食事業を展開した業績の資料で、当時の給食用の弁当箱もありました。黒塗りの弁当箱に金文字で○に「い」の字。便利なものが少ない時代だからこその贅沢、プラスチックの仕切りなし弁当箱給食9年間の身には嘆息ばかりの羨ましさです。また、お雛様や元は羽子板でしょうか、押し絵も数枚ありました。今後こういう縁の品の展示が増えていくことを願います。背景を知らずに今目の前にあるものを見えるようにだけ見学というのは、やはりすごくもったいないので。

来年はぜひ晴れた日に行きたいです。




posted by UH.Komatsu at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167637201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック