2016年11月06日

うみの杜水族館

10月31日、11月1日の2日間で仙台に行ってきました。出張では数回行きましたが、プライベートは数年ぶり。天気が定まらない今秋ですが、出発時は晴れました。

秋田新幹線のいいところ。田沢湖駅あたりから雫石駅にかけての車窓がすてきです。見頃の紅葉の上を帰ってきた白鳥の群れが飛んでいました。
DSC02283_blog.jpg

仙台駅で、なんと会社休んで出てきてくれた友人たちと待ち合わせて在来線へ乗り換え、うみの杜水族館へ。途中、「津波浸水地域」のプレートが。今は何事もなかったかのように復興していましたが、押し寄せた津波が建物群にぶつかって流れが変わり、少し離れた地域の被害が大きかったという話を聞きました。

さて、水族館。新しくてきれいでした。周りは広い駐車場と空き地でがらーんとしてましたが、これから何かできていくのでしょうね。
DSC02286_blog.jpg

展示されている生き物は、マリンピアからの古顔が多いからか、人慣れしていてサービス精神旺盛でした。なにをするとお客が喜ぶのか分かってらっしゃる雰囲気。カメラを近づけると寄ってきます。
DSC02288_blog.jpg

大きな水槽もありましたが、小型の水槽も結構並んでいて「マリンピアの香りを感じるよね」と言い合うマリンピア育ちの私たち。昔、マンボウ観に行ったなあ。←年代のばれる感慨。

水槽から水槽へと渡り歩いているうちに、なんだかくらくらしてきたと思ったら、入場から3時間半が経過してました。水族館は生き物の生態の関係もあるのだと思いますが、明るくなったり暗くなったりの繰り返しが結構体にひびきます。しかし、腰かけて休むスペースが出口付近か外のイルカプールの辺りにしかない…。そしてイルカプールはふきっさらしで、この時期は寒い…。まだ新しい施設なので、いろいろこれからなんでしょうね。簡単な腰かけ程度でいいので休憩スペースを随所にぜひ。ロッカールームやクロークはないと聞いてましたが、設置されてましたよ。

ちょっと回復してからは、海獣地区へ。オタリアを触ってみよう!という催しにちょうど間に合いました。オタリアに触りながらポーズをとってスタッフさんに写真を撮ってもらうと有料ですが、通路を通過するオタリアに一瞬触れたり写真を撮るのは無料とのこと(ここで友人から「ところどころで、お金の匂いがするよね」という名言?が 笑 )。過去、あっかんべートドやセイウチと個人写真を撮ってもらったことがあるので今回は無料の方にしました。不特定多数にぺたぺた触られるのに頑張るなあ、オタリア。友人は「あったかかった!!なんで!?」とくりかえしておりました。水の中にいるので冷たいと思っていた模様。
DSC02294_blog.jpg

今回、初めて寝ているペンギンというのを近くで見ました。つま先を上げてかかと立ちで寝ている…。かかととしっぽの三点で体を支えている模様。本来の生息地ならではの生態…なのかしら?
DSC02301_blog.jpg

そして、やっぱりペンギンと言ったら、こういうアウトロー系なのが必ずいるのです。その先に何があるのか。気になるけれど、たぶん人間には分からない。彼は、ずーっと、この姿勢のまま作りモノが混じっているかのように動きませんでした。
DSC02304_blog.jpg

夕方、仙台に戻ってきたら、ハロウィーン当日だったので、駅構内はごったがえしていて、ちらほら仮装した方がいました。マンションの駐車場に仮装したちびっこと保護者が集まっていたり、道端に腰をおろして血糊(みたいなもの)を手足に塗り込んでいたり、お手洗いからカオナシ(「千と千尋の神隠し」)の集団が出て来たり。秋田にも、この波はくるのかな〜。

車の切れ目に撮影したので、だいぶブレてますが、ハロウィーン装飾のお店もたくさん。友人もテンションあがって「来年のハロウィーンは何かやりたい、仮装以外」と言っていましたが、数年後には仮装してそう(笑)。
DSC02310_blog.jpg

来年は、うちの会社も何か飾ろうかしら?入口がハロウィーンで、中は楢岡焼…ギャップがすごそう…。

しかし、お店に見えるお客様方から聞いてはいましたが、仙台駅前、変わりましたね。「東京みたいだよ」とおっしゃっていたのがなんとなく分かりました。なんかこう、人や建物や空気が密集した感じ。4年半、頻繁に行き来した場所なのに知っているものと知らないものが半々くらい混ざっていて、夢の中にいるような不思議な感じがしました。たまには記憶修正に行かねば。

出不精を反省します。引っ張り出してくれた友人たち感謝です。






posted by UH.Komatsu at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177570912
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック