2017年05月22日

スズキコージ ヤッホーホイホ―展 秋田県立近代美術館 

先週、横手の近代美術館にスズキコージ展を観に行ってきました。
DSC02575_blog.jpg

持っている絵本は数冊ですが、昔、参加していた読書会で人気が高く、サイン会や講演会に行ったことがある絵描きさんです。まさか秋田にやってくるとは。ほくほく出かけて行ったのですが、いざ来場してみたら、来場者が終始、私一人という展開でさらにびっくり。たまたま誕生日でもあったのでテンションあがりました。いつもであれば、携帯だの話声だの、見ている絵との間を通過されるだのと、マナー悪いわ〜(怒)(怒)と思うことが1回や2回や3回はあるのですが、今回は全くのストレスフリーでゆっくり観賞することができました。満喫しすぎて2時間半も滞在していた私。置かれている付属の絵本も挿絵の一枚一枚を原画と見比べながら見られましたよ。ライブペインティングの大きな絵で囲まれたホールでは、「この空間に私一人!!」というあまりの贅沢さにくらくらしました。これまで色々な展覧会に行きましたが、誰もいなかったというのは初です。きっとゴールデンウィ―クが終わったばかりで、田植え直前だったからでしょうね。

何年か前に東南アジアのろうけつ染めの手法で作品を手掛けられているドキュメントを見たことがあるのですが、その作品もさりげなくホールの天井からぶら下がっていて、「おお〜」と思いました。そして絵本とちがって近年のライブペインティングはシャガールみたいな雰囲気が加わったようにも感じました。これは新発見。

これまでロシア等寒い国の民話の絵本の挿絵が似合うなあと思っていた方でしたが、ナンセンス絵本の挿絵も合うなあと思った今回の展覧会でした。様々な手法で実験的に思える挿絵も多くて、原画を見るとあれこれ絵本を読みたくなるのですが、今回は特に「ガブリシ」の絵本が欲しくなりました。自宅の本棚に並べている絵本とは雰囲気が違うので、影響されたのがよくわかります(笑)。

観終わった後は、家に直帰というのももったいなかったので、ふるさと村の美術館側の斜面(彫刻の森というらしいです)を散策してきました。

風で随時動いて形を変えている羽のようなもの。コレ、なんだか好きなのです。強風の吹く夜など、寝しなにふと思い出して、今頃どんな動きをしているのだろうと考えたりすることがあります。
DSC02579_blog.jpg

宇宙船が着陸したようと言われる美術館の建物を横から。この赤い斜めの部分は長いエスカレーターです。あんまり動いていることがない(利用時だけ動くのかもしれません)のですが、一度だけのったことがあります。
DSC02581_blog.jpg

どうせなら、こんにゃく石を観に行こうと思って、てっぺんまで登りました。コレがこんにゃく石です。いつ見ても「なにこれ」と思う(笑)。猫のせたいわあ。
DSC02580_blog.jpg

下りながら個人的に大好きなキリンちゃんを望む。
DSC02582_blog.jpg

この花、なんていうんでしたっけ?
DSC02584_blog.jpg

一ヶ月前までと比べて、ずいぶん緑が濃くなってきていました。この彫刻の森、紅葉の時期もいいのですが新緑の時期もいいです。登る時はふるさと村からやってくる列車の運行に気をつけましょう。

美術館のリーフレットで、今夏は、秋田市の県立美術館に短いですがエロール・ル・カイン展が来ると言う情報もゲットしました。こちらも絵本の挿絵の展示会です。15年くらい前から少しずつ絵本を集めている絵描きさんなので、こちらも行かねば。

今年は秋の「明治の工芸展」と「花森安治展」を視野に入れていたのですが、外出予定が1つ増えました。疲れて億劫という気持ちに負けて出不精にならないように気をつけないと。夏まで頑張って仕事します。







posted by UH.Komatsu at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179820151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック