2017年08月28日

梅干し

雨と湿気の多い今年の夏。一度降ると降りすぎるの困るところですが、ここ3日程は気温も湿度もそんなに高くなく作業のしやすい気候で、ばりばりお皿作りに励んでおります。

お天気がいまいちだと、作った品物の乾燥の進みが悪くて、考えていた段取りが狂わされっぱなしなのですが、今年は保存食作りも思うように進みません。

6月末に買った南光梅。
DSC02632_blog.jpg

今年は普通の梅干しと、さしす梅を漬けたのですが、途中、普通梅干の方に少しカビが出たり、紫蘇を採りに行けなかったり、何より必要な干し時間分の晴れ間が続かなかったりと各過程で少しずつつまずいています。

一般的に土用干しと言われますが、その頃は記念品制作まっただ中で梅をかまっている暇がなく、梅の出回る時期が遅いんだから、その分多少遅れてもイイよね、と自分都合な言い訳をして、8月に入ってから(記念品納品終わってから)紫蘇を採りに行っている始末。8月10日前後の晴れ間に白梅漬けにしたさしす梅を干しましたが、その後、ぐずぐずした天気が続いたため、普通梅干の方は先週土曜日、大曲の花火当日にやっと干しました。
DSC02677_blog.jpg

予想以上に漬けこむ時間が長くなったので、満足な色合いに染まりました。ざるに入れて梅を干したら、猫がそのざるにはまって昼寝しておなかが水玉模様になったという話を聞いたので、うちはフード付きのザル使用です。野良猫はのし歩いているし、さまざまな虫も飛び交ってるし。ここで梅になにかあったらショックが大きすぎるので。かごやざるを駐車場に設置して色々(作品だったり、にんじんだったり大根だったり梅だったり)干していると、買い物や見学に見えたお客様たちが興味津津です(笑)

大曲の花火当日は、雲の流れが早く、晴れたりかげったりで充分な干しができたとは言えませんが、翌日日曜日は満足のいく干しができました。問題は、もう一日。またどんよりした天気になり、明日からは雨になる予報。干しは一回中断して今週末にまた干そうかな〜。

友人に「必ずしも連続して干さなくていいみたいよ」と助言されたので、のんびりした気持ちで仕上げましょう。梅干屋さんは11月頃まで干しているとも聞いてるし。(笑)(笑)この分じゃ完成はいつになるんでしょうね〜。

梅干し用の紫蘇が余ったものは紫蘇ジュースにしました。
DSC02667_blog.jpg

暑いさなかは、飲むと体にしみわたる〜!という感じでしたが、このところはその感動もあまり感じなくなりました。気づかないうちに体は秋仕様になっているのかもしれません。
posted by UH.Komatsu at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180810495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック