2017年11月08日

立冬を迎えて

昨日は立冬でしたが、随分と明るくあたたかく穏やかな天気の一日でした。休日だったので、食料品の買い出しに出たものの、陽気に誘われて、ついうっかり途中で引き返し、クリスマスカードなどを見に行ってしまいました。商品は、まだ出そろった感はないのですが、11月の終わりにもなると年賀状に追われてクリスマスカードどころではなくなる毎年の図…。個人的に、クリスマスの挨拶と言うよりは、12月に繁忙期を迎える仕事を持っている友人への陣中見舞いといった位置づけにしているのですが、うかうかしていると、あっというまにクリスマス当日になっていたりする師走マジックです。外国では早いものは11月の終わりから届き始めるそうなので、希望12月初めに投函したいものです、今のところあくまでも希望ですが(笑)

さて、お昼過ぎから天気が崩れましたが、午前中は昨日に似た感じで静かで穏やかでした。会社敷地内の木々もずいぶん葉を落として寂しい姿に。その分、地上は掃いても掃いても、すぐ落ち葉で散らかります。
KIMG0039.JPG

KIMG0041.JPG

話は変わりますが、お客様には、「古民家みたい」と言っていただけることもある窯併設の展示場は、古い建物だけに普段から薄暗く、天気が悪いとなおいっそう暗くなります。そのため、場内の照明をなんとかしないとねと言いながら数年がたち、やっと先日、手始めにと、コットンボールライトを入手しました。多分、クリスマス用として販売されたものだと思われます(笑)。

なにせ純和風の店内なので、何か照明が欲しいと一言で言っても、デザインだの光の強さだの、しっくりこない条件が多すぎて、かつ手頃な値段でとなるとさらに条件は厳しくなり…。本当のところは天井にスポットライトでも取り付けたいところなのですがとりあえず。

私の写真の腕では、まるでポップでキッチュな古民家カフェみたいな絵になっていますが、本当はもう少し焼き物やっぽい風情があるんですよ。そしてもっと薄暗くなるとさらにいい雰囲気になる、と思われます。
KIMG0042.JPG

今後も場所と配置を検討しながら手直しして行きたいと思います。

けして強い光ではないのですが、展示場自体は、ずいぶん明るい感じになりましたし、外からも灯りが見えるようになったので、閉店と間違われることも減るはず、多分。

これから少しずつクリスマス雑貨も飾っていかないとな〜。立ちはだかる「純和風の壁」。要勉強です。

posted by UH.Komatsu at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181517423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック