2018年01月27日

キャッチ本情報 ブック・クロッシング

寒波の峠は越えたものの、もっさりどっさり降雪に埋もれ気味の楢岡陶苑です。
DSC02747_blog.jpg

寒波が連れてきた暴風雪は今日までの予報だったので、いよいよ終わりかと期待して天気予報を見たら、明日から通常の真冬日が一週間続くようです。まだ終わらないのか―い。外はそんな気持ちのくじける空模様ですが、建物内では鉢植えのローズマリーが花をつけました。白、黒、灰色がほとんどの風景の中で、薄紫色が華やかです。夜はマイナスの室温にさらされているのに丈夫な奴、私向きの鉢植えです。
DSC02751_blog.jpg

さて、先日見えたお客様がブック・クロッシングコーナーに興味を持って下さり、キャッチ待ちのブック・クロッシング参加本と、一緒に置いてあったフリー本が各一冊ずつ旅立って行きました。

今回旅だったのはこちら「ユーミンの罪」。旅立ってしまったので画像はこちらで。
table border="0" cellpadding="5">ユーミンの罪 (講談社現代新書)ユーミンの罪 (講談社現代新書)
酒井 順子

講談社 2013-11-15
売り上げランキング : 47712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新書らしく、ちょっと過激な感じのタイトルを見て、手にされたお客様は「ユーミンの罪、なんだか分かるような気がする」とおっしゃっておられました。私はユーミンの楽曲をよく知らないもので、その、なんだか分かるような気がする罪とはなんぞや?と気になってしまいました。キャッチ情報&感想をサイトにUPしてもらえるといいなあ。

もう一冊のフリー本は、10年前に発行された「リンカラン」でした(古すぎて画像は見つかりませんでした)。特集は「手になじむ道具」。お客様の「こういう内容は古びなくていいのよね」とのお言葉に大きくうなずいた私です。4〜5年前に古本屋で購入した雑誌なのですが、今第一線で活躍されている方々の初々しい記事が載っていたり、コラム欄では、マイボトルやマイバッグなどがさかんに推奨されていて、現在ではすっかり定着した物も、まだ10年かそこらの物なんだなと思ったことを覚えています。お料理や整理整頓についてはもう半永久的なテーマ。

ブック・クロッシングコーナーでは、本のキャッチ、リリースをお待ちしております。キャッチ情報と感想をUPしていただけると本の所在が、その本をリリースした方に伝わりますので、こちらもお待ちしています。つなげてみよう読書の輪。




posted by UH.Komatsu at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182251809
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック