2018年08月30日

三羽ガラス

今夏の楢岡陶苑は、この三羽ガラスにずいぶん翻弄されています。今年近くで生まれたらしい兄弟カラス、7月中は親も一緒で4羽で行動していましたが、8月に入ってから親離れしたようです。まだカーと鳴けなくて濁点の付いた「ああ」を短く繰り返しています。うるさい…。楢岡陶苑社屋前の道路の上の電線が定位置です。
DSC02995_blog.jpg

中庭の片隅に、窯仕事の合間につまめるようミニトマトを植えたのですが、赤くなる前に、このカラス共に片っ端から食べられる始末。完食するならまだ許せるのですが、ちぎり落すのがおもしろいらしく落としては申し訳程度に一回つついた状態であちこちに放置されています。

ひどいわ〜。
DSC02971_blog.jpg
ひどいわ〜。
DSC02973_blog.jpg

8月下旬になって、このカラスの興味がミニトマトから社長宅の葡萄棚に移りました。同じ丸い粒でも葡萄の方が美味しいようです。

意外と実っていたものが
DSC02998_blog.jpg

朝な夕なに食べられています。
DSC02997_blog.jpg

社長はカラス除けにと黄色い紐を張ったのですが、会社の事務所から見える限り、カラスは紐など全く無視でひょいひょいくぐりぬけては葡萄を食しています。事務所からの観察結果を伝えるたびに紐がカラフルになり、本数が増え、ネットが張られて、二段目ネット、三段目ネットと覆いが強固になりました。もうこれ以上覆いようがないというところまで覆って、ようやくカラスに勝利したところでしょうか。

工房周辺の野良猫といい、山の畑のタヌキといい、あれこれ敵の多い社長です。

ついうっかり葡萄の木の前に停めてしまった車。屋根部分が恰好のカラスのテーブルとなってしまい、葡萄の実の皮と果汁と種だらけに。仕事している間に強烈な日差しにあぶられて貼りついてしまい、落とすのが大仕事でした。
DSC02996_blog.jpg

おのれ、三羽ガラス!!今年流行りの「猛禽類の凧」(←動きが素晴らしい)でも下げてやろうかしら。

ちなみに食べ散らかしたあげく、お供え物のように植木鉢の上に放置されていったミニトマト、先週見たら芽が出て苗になってました…。仕事にかまけて駐車場以外に散らかされたトマトの残骸は放置してたからなあ。
DSC03015_blog.jpg
コレ、どうしよう。
また植えてみる?露天のトマトの時期、終わるけれど。

今現在の仕事が一段落するまで、とりあえずこのままカリン子ちゃん(←花梨の鉢植えの名前、「カリリン」は却下されました)と同居です。
posted by UH.Komatsu at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184296079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック