2019年07月24日

蕎麦猪口と片口と

気温は高いけれど、湿度が低いからしんどさがない〜♪と喜んでいた日々も束の間、例年どおり高温多湿の日々が続くようになりました。空気が重い、体が重い、やる気が蒸発していく音が聞こえてくるようです。ゆるりとを信条に、でも踏ん張って頑張りたい日本の夏。

先日店頭に出たつけ麺鉢の相棒として、蕎麦猪口がわずかな数ですが並びました。
DSC03277_blog.jpg

ぐい呑みにぴったりだ(←?)と言われる通常の形のものに加え
DSC03281_blog.jpg

取っ手付きのものも。こちらは、「湯呑形のものが、よく、すとーんと手の中から落ちていく」というご年配の方々からの要望に応えたモノ。滑り止めを飛び越して取っ手をつけちゃいました。この形、マグカップとしても使えます。
DSC03280_blog.jpg

さらに、釉薬の色が定番ではないがため、完成まで数年待っていただいていた片口もようやく完成しました。検品のため並べてみるとなかなか壮観です。
DSC03282_blog.jpg

出撃命令待ち精鋭カブトムシ部隊のよう。かっこいい!!(←?)
DSC03283_blog.jpg

必要数は梱包してしまいましたが、お店分2個が店頭に並びました。スダチを浮かべた素麺など似合いそう。口が付いているので余分な水分も捨てられます。うちでは空豆やインゲン豆など緑色の料理を盛り付けることが多い釉の色です。青色だと、いまいちマッチしない醤油煮系の色も映えるので、寒い時期は肉団子や肉じゃが、サトイモ煮などをピラミッド状に盛りつけたり。

入社当時は、片口を見て「なんじゃこりゃ?」と思ったものですが、実際使ってみると「こやつ、できる」的に片口好きになりつつあるこの頃です。

しっかり食べて、暑い夏、乗りきりましょう。



posted by UH.Komatsu at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186321794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック