2020年09月10日

煮物鉢【新作】

久しぶりに雨が降っています。これで熱をはらんだ建物が少し冷えるといいのですが…。天気はあいにくですが、今日は地元幼稚園児の陶芸体験日です。地元っ子は、今日を皮切りに小学校中学年の生活課学習、小学校卒業記念品制作、中学校の美術授業、まれに個人で夏休みの自由研究や工作と、数年おきに再会する道行きとなります。その後、就職してくれる子いたら嬉しいんだけどな〜。

さて、話は変わって、普段使い用の中鉢ラインナップが刷新されずに数年過ぎているので、煮物用の中鉢を作ってみました。盛りたいもののイメージは肉じゃがで。

切立型の鉢で、縁が屹立していないものが使いやすいかも等々、細かい要望を集結して形にしたのがこちら。
DSC04656_blog.jpg

色は、以前、個人オーダーの2玉用ラーメン鉢で遊ばせて貰ったものを再現しました。縁の立ち上がりの角度が2玉用ラーメン鉢とちがうので、重ねた釉薬が上手く流れるか確信がありませんでしたが、だいたい希望通りに仕上がりました。

焼成前はこんな感じ。
DSC04615_blog.jpg

早速、グリーンカレーで使用感をチェック。
DSC04657_blog.jpg

DSC04661_blog.jpg

結果、スプーンで液体をすくうには最後の最後のところが不向きな事が判明しました。最期までキレイにスプーンですくうには底部分に丸みが必要…。お箸やフォークで果物や煮物といった固形物を食べるには問題無し、というところで、そもそも肉じゃがを盛りつけることを想定して作成したことを思い出しました。連日の暑さで忘れていましたよ…。なんかこう、スープやシチューやカレーを盛りたくなる大きさだったので、ついうっかりグリーンカレーでテストしてしまいました。(←自分が食べたかったのもあり)。

ただ、外側の形は気に入ったので、やっぱりこの器でカレーが食べたい…。結論、内側に丸みをつけた煮込み鉢も作ってしまおうということになりました。早速、成形してみたところ、2種類の大きさになりました。スープORシチュー用とカレーORきりたんぽ用と。やっぱり微妙にベストな大きさはちがいますからね。
DSC04701_blog.jpg

店頭に並んだら、○○用とか名称は気にせず、自分の用途に即した器を選んでいただければと思います。選ぶのは楽しいですし、選べることは大事です。丸底の煮込み鉢は次の窯に入る予定なので、うまく焼成できれば今月中に店頭に並びます。お楽しみに。

煮物鉢(黒)&(白)→https://naraokayaki.stores.jp/

余談ですが、グリーンカレーは最初にココナツミルクをぶくぶくになるまで火にかけて、その後、カレーペースト→野菜→肉と言う順番で調理すると美味しくできるそうですよ。お試しください。
posted by UH.Komatsu at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187898415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック