2020年11月30日

原料採取に行ってきました 

11月某日、あめ釉の原料が春までもたないから雪が降る前に、と原料採取に行ってきました。知り合いの農家さんに軽トラックを借りて、つるはしやら袋やらを積み込んで、いざ、出発!!

数年ぶりなので、確かこの辺と小道に車を乗り入れたら、途中で「関係者以外立入禁止」の立て札があり、目的地までたどり着けませんでした。毎年、定期的に行くわけではないので、こんなこともある。ほかにも道路ができてアスファルトで覆われてしまっていたとか、不法投棄と間違えられたとか、全国的に土の採取が年々難しくなってきているようです。

目的地での採取こそできませんでしたが、その近辺で何とか原料を採取してきました。つるはしを振り上げて掘り起こして、肥料袋に詰めて運んで積み込んでのくりかえしで手のひらにマメができました。これは地味に痛い。
hhakfelbjjpaplcj.jpg

採取してきた土は水分を含んでいるので、しばらく天日干し、のつもりが天気が安定しないので室内干しになりました。枯れ葉が混じっていたりすると見つけ次第取り除きます。混じったままだと釉薬になってから発酵したり、酸っぱい臭気を放ったりして施釉作業が辛くなるので。
KIMG0872.JPG

KIMG0887.JPG

もう少ししたら砕いて調合してテストピースを焼いてみます。同じ原料だからと言って、同じ調合、同じ焼成塩梅で同じように発色しないのが、天然原料のみ、の難しいところであり、面白いところ。とは言っても、なかなか安定しなかったり、全然別の発色しかしなかったりしても困るのですが。

どうか新しい原料分の釉薬にうまく切り替えられますように。

posted by UH.Komatsu at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188173695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック