2021年06月10日

カリカリ梅とさし酢梅

6月も10日になりました。このところ暑い日より肌寒い日続きだったので、気持ちはまだなんとなく春なのですが、ふと気づけば植生はすっかり夏仕様になっていてびっくりするこの頃です。

ガマズミの花も咲きました。ふわふわの白い花もいいですが、緑のグラデーションが絶妙なつぼみの姿に毎年目を奪われます。
KIMG1439.JPG

スーパーの店頭もビワやプラムやミズなど初夏のものが並ぶようになりました。そして梅。昨今、「ていねいな生活」の代名詞になっている気もする梅仕事ですが、ていねいかどうかは置いておいて、やはり梅を見かけると気持ちがワクワクしてしまいます。なんというか、いよいよ夏の扉が開きますよ的な雰囲気が。

うちの梅事情的には、梅酒(去年仕込んだものがまだ手付かず)、調理用の梅(去年、予定外につけた青梅干し有り)なので手薄になっているご飯とお弁当の友のさし酢梅をつけることにしました。

しかーし!!なんと今年はタイミングよく小梅を入手したので、念願のカリカリ梅にも初挑戦してみることになりました。小梅、この辺はなかなか出回りませんね。シーズン中、一回くらいは店頭で見かけますが、元気なさそうなものだったり、数が少なかったり、入荷時期が私の仕事スケジュールと合わなかったり。毎年、玉子の殻だけは張り切って準備するものの、肝心の小梅が手に入らないまま数年…。あまりの手に入らなさ加減に、昨年、小梅の鉢植えを購入した次第です。まだ小さいので花は咲いたものの今年は実はなりませんでしたが。

KIMG1253.JPG

さて、入手した小梅。毎年言ってますが、水に浸けた梅は空気をはらんだメタリックさが素敵ですね。
KIMG1434.JPG

いよいよのカリカリ梅。目下、毎日仕込んだガラス瓶を振りながら経過観察中です。玉子の殻をいれるお茶パックもガーゼもなかったので(一年前に送られてきたマスクはありましたが、さすがに…)、急遽、コーヒードリップ用のペーパーを袋状に縫ってみたのですが、何か支障はあるかなあ。あったら、来年の改善点その1ですね。

さし酢梅は、おととい、南高梅で漬けてみました。
KIMG1476.JPG

あるもので漬けたので規定量より砂糖100g少なめで、キビ糖とざらめ半々。塩は海塩と岩塩半々で。甘味はともかく、食べてみて味や風味の違いが分かれば面白いんでしょうが、多分、わからないだろうなあ〜。ちなみに酢も足りなかったので、翌日買ってきて足しました。梅だけに気持ちとられすぎですね。

漬けた直後のさし酢梅。酢が足りないので梅の頭が出ています。瓶ごと振って、買い足すまでの1日ごまかしておきました。
KIMG1478.JPG

だいぶ適当ですが、おいしくなりますように。



posted by UH.Komatsu at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくするもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188747403
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック