2010年03月21日

登り窯レポート その4

朝方は黄砂まじりの強風が吹き荒れていましたが
午後2時30分頃からみぞれと強風に変わりました。
登り窯ムードが徐々に高まっています(?)

窯詰め作業も終盤に突入しました。
4部屋すべてに品物が入り、蓋をする作業中です。
W2web.jpg
ガス窯には扉がありますが
登り窯は耐熱レンガを積み上げ
隙間をネバ(粘土と砂と焼土を混ぜたもの)でふさぎます。

今回、新人さんは
一人で一部屋担当です。
事前に「手を抜くと、そこから炎や煙が漏れます」と
プレッシャー(脅し)をかけられ
やや緊張気味に奮闘中です。
何しろ登り窯付近は外と同じ温度なのでとても寒いのです。
ネバも冷たいし。DSC00405.JPG
隣の部屋では
薪割りの準備も始まりました。

もうすぐ火入れ式です。
非公開ですが、後ほどその模様をレポートします。
なにしろ諜報員ですし


posted by UH.Komatsu at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36556031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック