2010年06月22日

「う」?

DSC00608_blog.jpg登場しましたのは「冷酒大ぐい呑み」です。

定番の「海鼠+あめ釉」よりも鉄分の多い釉薬がかかっているので登り窯で焼成すると実にイイ感じに焼きあがります。
3月の登り窯焼成分でも片身代わり等、変化にとんだ風景を見せ、最近店頭で人気の一品です。

その中の一個が上写真です。
外側は素敵に片身代わりしています。
ですが、イチオシなのは内側で、あえてポップをつけてみました。

真上からのぞいてみましょう。
DSC00609_blog.jpgこんなです。
お分かりでしょうか?

左下部分。ひらがなの「う」に見えませんか?
作成した陶工は奇しくも「う」から始まる名前です。

もちろん人為的に出したものではありません。
陶工本人は「う、が出た〜」と喜んでました。

冷酒大ぐい呑みは、冷酒に揺らめく内側の美しさも人気の理由です。
器を傾ける度に視界に入る一文字。
ぜひとも「う」のつく名前の方の手に渡って貰いたいものです。

*「う」から始まらない名前の方は、美味い酒の「う」ということで盃を重ねることにしましょう。
posted by UH.Komatsu at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39096650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック