2010年07月19日

変形皿デビュー

昨日、夏の登り窯も無事終了しました。
作品を作られた方、御満足いただけたでしょうか?
通常どおり多種の販売商品の窯出しを期待して下さっていた方、B品市もあると思われていた方、ごめんなさい。
夏は、体験作品の焼成がメインの窯なんです。

DSC00647_blog.jpgさて窯出ししている間に梅雨明けしたそうです。

そういえば急に30℃前後の日が続くようになりましたものね。

さて前回の登り窯、3月のまだ寒い頃に入社したF君の作品がお店に並びました。
品物は「変形皿」。


DSC00770_blog.jpg

ろくろを使わないで成形するタイプのお皿で、練った粘土を塊に仕立てた後、たたら板で同じ厚さにカッティングした粘土板から形を作っていきます。

変形皿という名の通り、作り手の感覚で縁をフリル状に持ち上げて面取りを施すので、一枚として同じ形には仕上がりません。
そこが楽しい品物です。

まったく同じものをいくつも作るのも難しいのですが、変形皿の難しさは、フリル状の縁にあります。
理想は均等なフリル状ですし、うまくヒダ寄せしたつもりでも焼成最中にへたって窯出ししたら平たい板状に戻ってしまっていたりもします。

こっそりと技を必要とする変形皿ですが、F君の性格的に、将来完全に重ねられる、つまりほとんど誤差のないものも作ってしまうかもしれません。

どきどきしながら待っていることにしましょう。

余談ですが、前回紹介した「う?な冷酒大ぐい呑み」は、この一か月余りのうちに売れてしまいました。
嬉しいような残念なような。
複雑な気持ちです。



posted by UH.Komatsu at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39712047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック