2010年12月18日

穴あけ作業の背後では

これはいったいなんでしょう?
乾燥風景を見学したお客様が一番不思議に思うものです。
DSC01084_blog.jpg
こうして見ると想像しにくいのですが、
手前が急須の取っ手、奥が注ぎ口になる部分です。
特に注ぎ口は、カット前なのでミルクチョコレートをフォンデュしたイチジクに似ています。

私が穴あけ作業している背後で、
穴をあけた急須本体の乾燥具合に合わせて
社長がこさえたものです。

急須本体と乾燥具合が同じ頃合いになったら
取りつけ作業に入ります。

それぞれの乾燥程度に差があると取り付け後にヒビが入ってしまうので
乾燥具合の見極めは重要です。

下の写真は去年の夏、注ぎ口が一個たりなくなってしまったので
急きょ作って、外で乾燥中。
おひとり様乾燥だったのが災いして存在を忘れられ、
救出された頃にはもうすでにかっぴかぴ。
結局、水に溶かされて土練機リターンとなり
またもう一個作り直すはめになりました。
090411_1205~0001.jpg
posted by UH.Komatsu at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42140940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック