2011年04月10日

やりよるではないか、すり鉢

すり鉢は堅実な感じがする、というと、何かの本から拾ってきたみたいな表現ですが、実際そんな気がするのです。
ずっしりとした居住まいのせいか、いつでもいつまでも変わりなく流しの下のもの入れあたりにひっそりひんやりある感じ。
お湯呑やコーヒーカップやお皿のように華やかな感じはないけれど、実際使ってみてはじめて面白くなってくるものという感じ。

なんて突然言い出したのは、昨夜使ってみて楽しかったのです(笑)。

うちで持っているのは、この「すり鉢(小)」(五寸すり鉢)。
DSC01207_blog.jpg
写真左側の櫛目が細かいタイプの方です。

1年ほど前に入手したのですが、すりこぎがなくて半年以上しまいっぱなしでした。これではいかんと思っていたところで、昨秋、石巻の道の駅で山椒のすりこぎ発見!そく購入。
すりこぎといったら山椒でしょう!
↑この思い込みは学生時代、十日間ほど住み込みで奉仕にいった那智大社の参道の土産物屋で、軒にたくさんぶら下がっているのを日々目にしていたから。当時はすり鉢持ってないのに無性に欲しくなったものでした。なぜだ?

脱線しました。

さて昨夜。
何やら急にドレッシングを作ってみたくなり、胡麻ドレッシングにトライ!!
まずゴマすり。
HI3B0238.jpg
櫛目が細かいのでゴマも細やかです。

そういえば10年以上前ですが、友人に仙台のとんかつ屋さんに連れて行ってもらった折、お水と一緒にゴマの入ったすり鉢を持ってこられて、田舎者はびっくりしました。
料理が運ばれてくるまで、おしゃべりしながらゴマをすってソースを混ぜて好みのソースを作っておくという形式。
おしゃべりの内容が、ゴマのすり具合と混ぜるソースの量だけになったことでした。
また行ってみたいのですが、まだ営業しているでしょうか。そして無事だったでしょうか。

また脱線しました。

ゴマがすり終わったら、ポン酢と醤油とゴマ油を加えてさらにすりまぜる。
あとはそのまま食卓に出して、食べる直前にもうひとすり、ひとまぜ。
HI3B0240.jpg
そのまま回しかけても、ゴマ油が入っていたためか尻漏りもなし。
むむっ、やりよるではないか。

ドレッシングも市販のものと変わらず、ゴマの香りは市販以上にできました。
おいしいレシピをありがとう、クックパッド。

がぜん楽しくなってきたので、今度はクミンとかコリアンダーとかスパイシーなものをカレー粉と一緒にすって鶏肉でも焼いてみたくなりました。
次回はそれだのう。いつになるかのう。

だらー〜ん。(←イメトレ中)


posted by UH.Komatsu at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44230392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック