2011年07月14日

7月のおススメ品♪

梅雨明けしました。これまで以上に高温多湿の毎日です…。多湿は体感温度を確実にアップさせます。そして昨日からガス窯に火が入っているので周りの部屋はさらに温度急上昇中。なかなかパンチのきいた暑さです。それでもする事いっぱい、頑張らねば!と両手に洗って取り込んだタオルをかかえて歩いてたら、台車と柱の間にはられた巨大なくもの巣に顔面から突入しました。朝からあちこちくもの巣だらけになってげんなり中です。やーん。

7月も上旬が過ぎてしまいましたが、ウェブカタログ今月のおススメ品の紹介です。

今月は「銅鑼鉢(古代釉)」です。楽器の銅鑼に似た形なのでこの名称です。どっしりした雰囲気ですが、使い回しが予想以上にきくのでなかなか重宝な鉢です。

自前の銅鑼鉢は「鉄釉」のものを壊してしまったので現在は「白入り」使用中。冷やし中華もってみました。
DSC00053_blog.jpg

個人使いでは坦々麺やペンネ、時にはカレーや丼ものにも使います。家族使いするときは肉じゃが等煮物、漬物など。杏仁豆腐やフル―チェは、いきなり鉢で作ります。同じく使いまわしのきく器の代表として、「つけ麺鉢」もありますが、銅鑼鉢は縁が直角に立ちあがってる分、手が小さくてもしっかり持てるので、こっちのが洗うのがラクな気がします。今回の古代釉は薄水色の発色なので、もっと涼やかな感じになるかもしれません。友人にプレゼントしたら、乾山を使って花をいけた写メールが返ってきました。そっか〜。そういう使い方もあるのね。

余談ですが、上の冷やし中華は、下のレシピ本を参考に作りました。もともと酸辣湯が作りたくて手にした一冊なのですが、暑くなったこともあり、ほぼ毎日出ずっぱり状態になっています。他の本に比べて、揚げ物に酢のたれをまぶすというものが少ないのがいいところでしょうか。
体においしい健康ごはん 万能 お酢レシピ体においしい健康ごはん 万能 お酢レシピ
重信 初江

高橋書店 2010-04-09
売り上げランキング : 79989

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ほとんどが料理のレシピ+お酢のドレッシング(または、たれ。もしくは煮汁)という形式で紹介されているので、場合によってはドレッシングだけ煮汁だけと流用できるので重宝してます。おかげでわさびや柚子胡椒やコチュジャンのドレッシングが自宅で必要な分だけ作れるようになり、坦々麺の汁もできるようになりました。冷やし中華のたれはレシピから砂糖を減らして心持ち黒酢を足すのがうち流です。サワードリンクにも初挑戦しました。「りんごジャスミン酢」を作ったのですが、ソーダ割りにするととてもおいしいです。糖分を考えて一日一杯だけに決めているのですが、現在3回目の漬けに入ってます。こちらもおススメです。

そうそう「米酢」は「よねず」と読むんだそうですね。この本で知りました。ずーっと「こめず」だと思ってました。先輩風吹かせて友人に教えたら、やはり「こめず」だと思って疑わなかったそうです。よかった。仲間がいて。





posted by UH.Komatsu at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46748412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック