2011年08月10日

煙突修復作業

本日の午前中に、登り窯の煙突補修に着手しました。

3月11日の地震であちこち補修が必要となった登り窯ですが、この煙突部分が一番深刻かもしれません。

DSC01362_blog.jpg

なんとなく煙突が傾いているのが分かるでしょうか?
そしててっぺん部分は、なんとシースルー状態になっています。
ズームしてみますね。

DSC01363_blog.jpg

毎年、年三回火を入れている登り窯なのですが、こんな状態なので春と夏はお休みになりました。他県では崩壊してしまったり、避難区域内になってしまった窯もあるので、この程度ですんだのは幸いかもしれませんが、問題は山積みです。

毎年、夏の火入れで募集していた登り窯で焼く陶芸体験作品の募集も、この修復の結果いかんということで延期し、お待ちいただいている状況です。

なんとか秋の火入れができたらいいなあ。

DSC01364_blog.jpg

午後から雨がくるというので、午前中に高温多湿の中、汗だくになって行われた煙突修復ですが、午後の雨は蒸し器の中に霧吹きを吹いた程度でやんでしまいました。もっと夏の雨らしい、雷と一緒に激しく降るのかと思って警戒していたのですが、そうでもありませんでした。あらら。

posted by UH.Komatsu at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47298632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック