2011年08月22日

登り窯の試し焼きしました

お盆期間中に登り窯の試し焼きをしました。崩れてこそいませんが、三月の地震でどれだけの支障がでているのでしょうか。品物はいっさい入れずに空焚きですが、手順は変わりません。(かかる時間は短縮されますが。)

DSC01368_blog.jpg

火入れ前にあちこち修復はしたものの、やはり目視では分からない隙間はあるようです。
DSC01370_blog.jpg

この煙っぷり。やはりどこからか漏れています。

南の土地のように窯の周りが東屋風ならもっと風通しがいいのかもしれませんが、冬季の豪雪に備えて壁もあるので充満してしまいます。大きな扇風機を回して換気しながら薪をくべていきます。

DSC01371_blog.jpg

煙突もすごいことになっています。

今回は8/11の17時に火をいれたのですが、なかなか窯があたたまらず、終わったのは8/12の23時でした。品物が入っていると、もう一昼夜焚くのですが、空焚きなのでここまで。お疲れさまでした。

これから火や煙の漏れた箇所を確認して、本格的な窯の修復へと進んでいきます。頑張ろう!秋の登り窯火入れを目指して。





posted by UH.Komatsu at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47497037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック