2011年10月23日

山内方面に果物探し

晴れ間に突然雨がはしり抜けて行く不思議な天気続きな今日この頃です。

やっと登り窯が終わった休日。骨休めに秋のお出かけをすることにしました。
そうはいってもまだ登り窯の疲労が抜けきってなくて本調子ではないので、近場に半日程度のもの。お出かけというより気分転換と言った方が近いかもしれません。
もうだいぶシーズンは終盤ですが、横手方面に果物を買いに出かけてみました。

ジャムにする葡萄がほしかったので、まず山内の道の駅へ。
岩手に出かけた際によく立ち寄るので、結構勝手知った場所です。

真っ先にフルーツコーナーに向かったのですが、ジャムにはちょっともったいない葡萄ばかり。とりあえず、数日前に、いただきもので感動的においしかった葡萄は種なし巨峰だということが判明したので、葡萄に関してはよしとしました。

かわりにカリンが出ていたのでこちらを購入。今年はカリン酒にトライしてみることにしました。すぐ飲めないところがちょっと残念なんですが。そして、せっかく山内に来たのだからと里芋とそば粉も購入。親芋、子芋、孫芋と分類されて販売されているあたり産地の香りがします。子芋でキムチ煮をすることに。そば粉は次の休みにガレットを焼く予定です。
買い物のあとはちょっと休憩。

HI3B0345.jpg

ここの揚げ蕎麦がきはおいしいです。生姜のきいた汁にカリカリの表面を浸して食べるのが好きです。しかも200円代のリーズナブルっぷり。暑い時期は外でりんごアイス最中ですが、今くらいの時期になるとこっちを選ぶことが多くなります。別件で前を通るとわざわざ寄って食べちゃうくらい。

当初の目的の葡萄は帰り道の直売所で購入しました。
見て下さい、1箱700円でこの迫力。帰宅して軽量したら6.2キロありました。ジャム長者になれそうです。

DSC00154_blog.jpg

こちらは直売所横の葡萄園。

HI3B0348.jpg

奥の方では葡萄のツルを棚から外す作業をされていました。まだ光は明度が高くて、ススキや木々の葉もキレイですが、冬がくるんだなあと思いました。田んぼも稲刈りが終わって色彩がわびしくなっちゃいましたしね。山とリンゴ園から明るい色彩がなくなったらもう初冬なんだなあ。早いなあ。

来年は葡萄狩りに来るのが目標です。
posted by UH.Komatsu at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49216120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック