2011年11月30日

ふた甕完成

今週始めにふた甕が完成しました。
(窯出し後はあちこちへの納品仕分でてんやわんやでアップするのが遅くなりました。)

窯から台車を引っ張り出した直後の様子。
DSC01581_blog.jpg

つやつやで心そそられますが、まだ素手で触れる温度ではないので見てるだけ。

数時間ほど待ったあと。だいぶ冷えたので窯出し開始。
DSC01582_blog.jpg

この日差しとあたたかさ。窯詰めの日にほしかったことだよ…。

ヤスリかけも検品も終わり、納品準備中。
DSC01584_blog.jpg

本体のふくらみや、つまみの形などなど同じように見えて個性のあるふた甕群。食卓サイズなので梅干しや塩コンブや海苔のつくだ煮等入れにいいですね〜。

今回窯出し分ではありませんが、もう少し大きめ、冷蔵庫で保存用サイズのふた甕もあります。
DSC01222_blog.jpg

こちらのサイズになると塩や味噌を入れられている方がぐっと増えます。まれに500円貯金もしてたりするようですが。個人的には、にわかキムチを漬けたい熱が高まっている今冬です。この中から真っ赤なキムチを取り出してみたい!!あとは行動するのみなのですが、モノ入れから引っ張り出してきた土鍋をみて豆腐も豆から作ってみたいのうと浮気心も首をもたげ始めた今日この頃。

家に引きこもって保存食作りに精を出すのもこの季節の楽しみです。
posted by UH.Komatsu at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51172992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック