2011年12月14日

甕の「作り」後半戦

前回の甕の乾燥がだいぶ進みました。
今回は縁を作ります。

前回と同じく粘土のひもを作って乗せ、ならします。
甕作り11_blog.jpg

内側もしっかりと。
姿だけ見るとヌカ床をかきまわしているようにも見えます。
甕作り10_blog.jpg

継ぎ目をしっかり伸ばしたら、ろくろを「るるるるる…」と回して縁の形を作っていきます。
余談ですが、数代あるロクロの中に一台だけなぜか「こんちゃか♪かんちゃか♪」と南米っぽい音とリズムを刻むものがあります。その音は一体どこから?
甕作り13_blog.jpg

ワイヤーで縁を削り整えていきます。
甕作り14_blog.jpg

別角度より。邪魔してすみませんねえ。一枚撮影したらすぐ立ち去りますのでね。
DSC01602_blog.jpg

同じ幅でのカットは難しいですね。無意識がいいのかきっちり幅を目測しながらがいいのか、どんなものでしょう。

カットが終わると、またしばらく縁の部分の乾燥に入ります。

その間は別の品の作陶に取り掛かります。さて釉かけでもして来ようっと。
posted by UH.Komatsu at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51874453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック