2012年01月29日

春、待ち遠し。小皿のことなど

出社したらプレスフィルターの上に霜ができていました。昨日、粘土になる前の泥の水をしぼったので泥ごと凍ってしまったようです。外は地吹雪ツアーに最適の日。

さて、見本市に合わせて小皿各種が窯出しされてきました。
DSC01664_blog.jpg

左下から時計回りに「梅小皿」、「花びら小皿」、「花小皿」です。どれも直径8.5cm前後の小さなお皿です。小皿好きの方や醤油皿を探しに来られるお客様に人気で、店に出るとあっというまになくなってしまう人気者。そのため希望枚数にお応えすることができなかったことも何度かあります。すみません。

うちには他にもこれくらいのサイズで深さを少し出した手び練りのものもあるのですが、ロクロで作陶した繊細さからか花小皿が人気です。

お皿って実はお茶碗や湯呑を作るより難しいんだそうですよ。いちど鉢を作ってから拡げていくからだそうで、夏の陶芸体験でも「鉢と皿の中間のものになった」とか「丸い板ができた」とか「反り返って潰れた」とかにぎやかです。

花びら小皿は手び練りですが、4枚だとクローバー、5枚だと桜の花になるので、春に人気が高まるお皿です。贈り物にしたいので開けた時に桜の形に見えるようにして下さい、と言われ、梱包材の関係もあってご要望に沿った包装に四苦八苦したこともありましたっけ。

そういえば沖縄では桜が咲いて桜祭り開催中だそうですね。夢のようです。

近いところでは自宅のサンルーム(洗濯物干しスペースともいう)に生活している枝垂れ梅の木が蕾をつけてきました。
HI3B0017.JPG

去年、地震後まもない頃、角館方面に納品に入った帰りに購入してきたモノ。去年は環境が変わって蕾は全部おちてしまったので期待は今年へ持ち越し。なんとか「雪に紅梅」となってほしいものです。

そしてこちらも梅小皿。大宰府天満宮のものです。裏にちゃんと銘が入ってます。もう随分前に太宰府天満宮にお正月の御奉仕に行った友人にもらったもの。3輪の梅の花がいいのです。
HI3B0014.JPG

のっかってるお菓子は「秋田犬饅頭」。
見本市の荷物を取りにきた取引先さんからいただきました。
なんといってもこの顔!!犬といえど目が細くて一重で秋田っぽい顔をしているのがユーモラスです。中身はこし餡でした。親指の第一関節まで程度の大きさなので、ぽいぽい食べられてしまいます。甘いものを補給して体温あげて、見本市までもうひと踏ん張り頑張ります!!
posted by UH.Komatsu at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53348667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック