2012年03月21日

雪と風吹きすさぶお彼岸

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今年は寒〜いお彼岸です。昨日も今日も吹雪いています。

数日前にちょっとあたたかく明るくなったのに浮わついて「草花の形の器」を集めたコーナーを作ってみたのですが、春の日差しと陽気のうららかな雰囲気がさっぱり加わらない…。早まったかな〜?
HI3B0050.JPG

今回に限らず北国性分と言うのか「春」という言葉にめっぽう弱く、異常に反応してしまうのもまた確かなところです。「夏限定」、「秋限定」、「冬限定」というのは、たいして響いてこないのですが、「春限定」とか「桜フレーバー」とか書かれていると、ついつい手が伸びてしまいます。短いシーズンだから今しかない!という感覚もあるんですが、やはり「春が来た!!」という思いの強さは他のシーズンをしのぐモノがあるようです。

春は名のみの風の強さや。
昨日はあまりの寒さに晩御飯は坦々麺となりました。
HI3B0049.JPG

器はあまりそれらしく写ってませんが「銅鑼鉢(白入り)」です。けっこう浅めな鉢なので、菓子鉢やお花を生けるのに使われているようですが、うちでは断然麺類を入れることが多い鉢です。パスタとか冷やし中華とか焼きそばとか。ラーメン鉢もちゃんとあるのですが、重さや洗ったあとの乾燥の場所の取り具合などの理由から、こちらの方を使用することが多いのです。浅いだけに坦々麺のぽろぽろとした具材も沈みこむことがなく重宝しています。

レンゲ代わりのスプーンは大仙市の粋な民芸店「miNca」さんにて購入したもの。2本目を購入しにうかがった折、店長さんいわく「このスプーンはあまり人気なくて…」とのことでしたが、うちでは大活躍しています。レンゲ代わりのほか、中華やタジン鍋やドリアの取分けにもぴったり。ミソは木製なのでスプーンそのものが異常に熱くならないということでしょうか。

楢岡焼の品物もそうですが、お店に並べるとどうしてもインパクトの強いものに目が行ってしまいがちですが、普段使いとして威力を発揮するのは案外地味な感じのものかもしれません。

余談ですが、坦々麺に入れた練りゴマがそれだけで一人分あたり250カロリー前後あったことが先程判明しました。恐るべし!練りゴマ!!キレイに食べちゃったよ〜。ショック〜!!今日は、といってももう終わりかけですが、あれこれ動くことにします。
posted by UH.Komatsu at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54561769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック