2012年06月04日

盛岡まで初詣

先週、昨年11月以来の県外お出かけに行ってきました。メインは岩手県立美術館の「ルーヴル展」と半年近く遅れの初詣(笑)。

ルーヴル展は震災後の連帯の気持ちを伝えたいということで東北三県(岩手、宮城、福島)を巡るものです。展示数が24点なので、特別大ルーヴル展!!という雰囲気ではなく、こじんまりとした常設展扱いでしたが、テーマの「絆、出会い」に沿ったなかなか興味深いものがありました。写真でお見せできないのが残念ですが、4千年前のエジプトの石板レリーフなど初めて見ました。

テーマに沿ってピックアップされた展示なのですが、「絆」として紀元前のものでは家族が彫られたものが、西洋の絵画や彫刻では「出会い」として神と人間を描いたり彫ったりした作品が多い展示だという印象を受けました。日本美術から選ぶとすると源氏物語の1場面だとか武将と主従の出会いの場面が持ってこられそうです。

美術館内のレストランで食事兼デトックス(この場所は本当にそういう感じで、一回腰を下ろすと立ちあがりたくなくなり、悪い気が抜けて行くような感じがするのです)したあとは盛岡八幡宮へ移動。

歴史も由緒もある立派なお社です。
DSC00295_blog.jpg

この広々とした感じと清澄さに雑念が遠ざかり、今ここに居ることだけに集中していればいいように思えます。

DSC00291_blog.jpg

まずはずらりと並んだ各干支別のお宮に御参りして、今年のお正月のお飾りと御札を返納。
DSC00293_blog.jpg

それから巨大な狛犬が控えた石段を上って本殿へ。
DSC00301_blog.jpg

お参りの後は、今年の新しいお札を購入しておみくじに挑戦。多種多様なおみくじがあるのですが近年ハマって?いるのがこちら。
DSC00296_blog.jpg
「鯛」のおみくじ。つり竿で釣り上げると張り子の鯛のしっぽ部分におみくじが入っています。

こんな感じ。なぜか心躍ります。
DSC00297_blog.jpg

今回初めて金色の鯛が入っていたので、狙ってみたら近くの赤い鯛が釣れました。ええ〜!ちがう!!と思ったのですがおみくじをやり直すというのも無粋なので、釣れたくじを開いてみたら大吉でした。鯛本体は集めて鯛モビール作成をもくろんでいるので持ちかえり。

あとはお社の前の商店街の散策です。盛岡は商店街が活発です。チェーンではない個人商店がちゃんと元気に営業しています。いいなあ。秋田はシャッター通り多いもんなあ。今回は醤油店にて醤油と味噌を購入しました。こういう品を選ぶあたり10年前と変わったなと思います。まあ、きっかけは単純で「サバ味噌」は原料と地域のちがう味噌を2種類つかうとおいしいというのをレシピ本で見たからなんですが。

せっかく盛岡なので帰路の途中で蕎麦を食べ、家についてから何もしなくていいように雫石の道の駅で入浴して帰宅。

日帰りでしたが、次の日からまたしっかり頑張れるゆるいリフレッシュ休日でした。

posted by UH.Komatsu at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56238326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック