2012年07月02日

楢岡陶苑、あるヘンな一日

先週の金曜日、陶工他従業員はお留守番のクマ以外は全員午前中いっぱい材料採取に出かけていました。どんなことをするかというと、山の某所に行ってツルハシとスコップで地面を掘り、必要な層を肥料袋に詰めては車まで運んで積み込むというもの。平たく言うと土を掘って袋に詰めて運んで積むを半日くりかえすことになります。

湿度はそれほどではなかったものの、お昼に帰ってきたときには皆日焼けしてぐんなり。

お昼休憩後は、今度は工房の一階から二階に土を上げるという作業になりました。3時休憩の頃には、さらに皆ぐったり。

土上げ作業が終わった頃には時間も中途半端になり、体もきついし、さあどうしよう、と言ってるうちに、なぜか楢岡陶苑の梅もぎをすることになりました。

梅の木の下に脚立を置いて実を探す陶工。
DSC01758_blog.jpg

枝に梯子をかけて手にした別の木の枝で果敢に実を叩き落とす新人A。
DSC01759_blog.jpg

落ちてきた実を拾い集める新人B。
DSC01760_blog.jpg

皆、これまで土作業してげんなり気味だったのに、収穫となるとどうしてこんなに元気になるのか?

収穫成果。
DSC01761_blog.jpg

せっかくなので色々乗せてみました。
その1。
DSC01762_blog.jpg

その2。
DSC01763_blog.jpg

その3。
DSC01764_blog.jpg

収穫した梅の実は全部で1kg弱になりました。次の日振替休日のクマが自宅に持ち帰り、お酢と氷砂糖で梅サワーを漬けました。梅酒の方が嬉しい人の方が大部分なのは知ってますが、アルコールにしてしまうと会社で飲めないので。

お酢と梅の疲労回復パワーに期待して夏の窯作業の合間の飲み物になる予定です。ただ飲み頃は8月末。一番暑い盛りには飲めない?まあ9月も残暑があることとします。

朝、出社してから土、土、梅、とロクロの前どころかほとんどのメンバーが工房内にすらいないという数年に一回あるかないかというヘンな一日でした。

梅サワーはただいま3日目。青梅の緑色が抜けてきました。土掘りグループは筋肉痛中です。
DSC01765_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56827175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック