2012年09月03日

限定品納豆鉢

納豆鉢の限定品が窯出しされました。

どこが限定品なのかよおく見てみて下さい。
DSC00332_blog.jpg

お分かりでしょうか?

取っ手の位置が定番商品と左右逆になっています。
定番商品では「左手で鉢をおさえて右手に持った箸で納豆をかきまぜる」仕様なのですが
先日左利き用納豆鉢が欲しいとのご注文をいただきました。

右利きの方は、大きめの湯冷ましとしても使うことができます。
が、その逆となると難しいですね。
湯冷ましを納豆鉢として使うとなると、鉢の大きさやふちの角度など勝手の悪さを抱えつつ使うことになります。勝手の悪い器や道具というものは、使うたびにストレスを覚えて段々使わなくなるのが道理。

それであれば多少時間がかかっても勝手のいいものを手に入れて、存分に末永く使うというのが使い手にも作り手にも器にもいいことなのだと思います。

お客様からのご要望から生まれた品ですが、なかなかおもしろい一品ではないでしょうか。

そうそう、先日いらしたお客様のお話によると、手付き納豆鉢の発祥は楢岡焼なんだそうです。楢岡陶苑メンバー誰も知らず。これもまたおもしろい話でした。

posted by UH.Komatsu at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57973126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック