2013年10月31日

晩秋と初冬の間

10月末日。煙のにおいがかすかにまじるぼんやりした曇天の一日となりました。
DSC00827_blog.jpg
朝方、玄関掃除のために外に出たら、今シーズン初の白鳥の飛来を目撃しました。冬も近いかも。

と、思いながら陶芸体験室の掃除に向かおうとしたら、したら!登り窯前の扉をあけると、目の前のコンクリートにうねった蛇がどーん!!

久しぶりに叫びました。来年までニョロとの邂逅はないと思ってたのに〜。心臓とまるかと思った。蛇がいるので登り窯脇の階段まで行けず、まず蛇をどうするかとなったのですが、そろいもそろって皆ニョロ苦手。

結局、社長が火ばさみでつかみ上げて漬物樽に入れて外へ運ばれて行きました。が!掃除中にふと外に目をやると放置した漬物樽からにょろーんと脱走中の様子が…。

窯に火が入るとあたたかいので、ネズミが集まり、捕食のために蛇も来る。侵入してくるのはしかたないと分かっているのですが、戸を開けたらいたとか段ボール持ち上げたらいたとかはやめてほしいなあ。

日は落ちましたが、まだ会社内に落ちてたりつくねてあるひも状のものやコードにびくびくしている本日です。まだまだ冬は遠いよう。
posted by UH.Komatsu at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
私のところも 夏はよく蛇が出ます。 出くわすたびに私も 大声を上げてしまいます。蛇も小松さんの声に驚いたんじゃないでか。
Posted by レビーン みちこ at 2013年11月04日 08:29
レビーン みちこ様
蛇は…蛇はいつなんときどこで遭遇しても一瞬、時が凍ります。可能な限りそれぞれの場所で干渉せずにいたいものです。あと道に落ちてる蛇っぽいヒモも。
Posted by 諜報員くま at 2013年11月17日 12:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79594170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック