2018年09月05日

ツワモノどもが夢のあと

昨日は中学校の美術授業の一環で陶芸体験が行われました。中学生はその学年によって子供寄りか大人寄りかが結構すっぱり分かれるお年頃。作品にも、その辺は顕著に反映されます。

さて、終了後。

誰だ、指なんぞ作って置いて行ったのは〜?
DSC03027_blog.jpg

びっくりするじゃないか。
posted by UH.Komatsu at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 諜報員クマの事件簿

2018年09月04日

第33回全国やきものの里展

催事のご連絡です。

9月7日〜10月22日までの期間、石川県地場産業振興センター本館じばさんギャラリーにて「第33回全国やきものの里展」が開催されます。時間は午前9時〜午後5時まで、入場無料となっております。

楢岡陶苑の今年の出品はカップ等よくある形状の物は思いきって取り止めて、角衛門窯独特の形状を持つ物を中心に据えてみました。一品ぐい呑み、蕗皿、リーフ鉢等々。あとはガッコ鉢など、ほんの少し地元色のある物を。ぐい呑みも少し多めの出品で。

私は果物を盛りたいリーフ鉢。カレーやサラダの盛り付けたものも見かけます。
DSC03017_blog.jpg

どうぞよろしくお願いいたします。





posted by UH.Komatsu at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2018年08月30日

三羽ガラス

今夏の楢岡陶苑は、この三羽ガラスにずいぶん翻弄されています。今年近くで生まれたらしい兄弟カラス、7月中は親も一緒で4羽で行動していましたが、8月に入ってから親離れしたようです。まだカーと鳴けなくて濁点の付いた「ああ」を短く繰り返しています。うるさい…。楢岡陶苑社屋前の道路の上の電線が定位置です。
DSC02995_blog.jpg

中庭の片隅に、窯仕事の合間につまめるようミニトマトを植えたのですが、赤くなる前に、このカラス共に片っ端から食べられる始末。完食するならまだ許せるのですが、ちぎり落すのがおもしろいらしく落としては申し訳程度に一回つついた状態であちこちに放置されています。

ひどいわ〜。
DSC02971_blog.jpg
ひどいわ〜。
DSC02973_blog.jpg

8月下旬になって、このカラスの興味がミニトマトから社長宅の葡萄棚に移りました。同じ丸い粒でも葡萄の方が美味しいようです。

意外と実っていたものが
DSC02998_blog.jpg

朝な夕なに食べられています。
DSC02997_blog.jpg

社長はカラス除けにと黄色い紐を張ったのですが、会社の事務所から見える限り、カラスは紐など全く無視でひょいひょいくぐりぬけては葡萄を食しています。事務所からの観察結果を伝えるたびに紐がカラフルになり、本数が増え、ネットが張られて、二段目ネット、三段目ネットと覆いが強固になりました。もうこれ以上覆いようがないというところまで覆って、ようやくカラスに勝利したところでしょうか。

工房周辺の野良猫といい、山の畑のタヌキといい、あれこれ敵の多い社長です。

ついうっかり葡萄の木の前に停めてしまった車。屋根部分が恰好のカラスのテーブルとなってしまい、葡萄の実の皮と果汁と種だらけに。仕事している間に強烈な日差しにあぶられて貼りついてしまい、落とすのが大仕事でした。
DSC02996_blog.jpg

おのれ、三羽ガラス!!今年流行りの「猛禽類の凧」(←動きが素晴らしい)でも下げてやろうかしら。

ちなみに食べ散らかしたあげく、お供え物のように植木鉢の上に放置されていったミニトマト、先週見たら芽が出て苗になってました…。仕事にかまけて駐車場以外に散らかされたトマトの残骸は放置してたからなあ。
DSC03015_blog.jpg
コレ、どうしよう。
また植えてみる?露天のトマトの時期、終わるけれど。

今現在の仕事が一段落するまで、とりあえずこのままカリン子ちゃん(←花梨の鉢植えの名前、「カリリン」は却下されました)と同居です。
posted by UH.Komatsu at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年08月25日

よう作った…

昨夜から午前中にかけて、峻烈な通り雨の波状攻撃に襲われた大仙市、午後になって曇りではありますが雨は遠のいた様子の今晩は花火競技大会です。楢岡陶苑は、あちこち交通規制や渋滞の恐れがあるので本日は午後3時にて閉店です。

午前中は先日窯から出した品物の検品と仕訳で大わらわでした。

ちょーっと作りすぎたのでは?という予感の施釉作業。
DSC02999_blog.jpg

DSC03000_blog.jpg

予感が本当になる窯づめ。まさかの14段!びっちりずっしり。
DSC03004_blog.jpg

ボリュームがありすぎなので、ちゃんと窯にはまるか見守っていました。もちろん腰に手を当てて。
DSC03008_blog.jpg

アーチ部分もぎりぎりでした。
DSC03007_blog.jpg

入れられるだけ必要なだけ詰め込みましたが、次の窯に見送り品も出てしまいました。

大部分は注文品として行き先が決まっている物ですが、少しでも店頭に並べられるよう検品頑張ります。
posted by UH.Komatsu at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年08月13日

包装祭り終了

ご無沙汰しております。皆さま、お変わりありませんでしょうか。7日に立秋を迎え、今日はお盆です。7月からの猛暑は一段落ついた様子ですが湿度は相変わらず高いですね。天気の割には乾燥させたい品物がさっぱり乾かないのでよくわかる(笑)。

さて、6月から始まった包装祭りもようやく終了しました。日がな一日検品して包んでで過ぎていった7月、1318個のうち1300個を1人で包装しました。頑張った〜!!!最後の1個を包み終わった時には達成感より、よれよれ感の方が強く、さらに、しゅたっ!と、この間滞っていたあれこれの何から手をつけようかの方に頭がシフトしてしまいました。なんかもったいないなあ、もっと噛みしめようよ、私。終わったんだよ〜。

包装が終わった後は、まず〆切の近いお皿を30枚作ってから、お店在庫用のお皿を20枚ほど増産、あとは溜まりにたまったデスクワークとお掃除を、ちょこちょこと。大丈夫なつもりでも意外とがっくり来たりするのでセーブ気味の作業内容になっています。

仕事以外の雑事の方もたまっています。漬けたまま、ほったらかしだった梅干もようやく昨日から干し始めました。
KIMG0232.JPG

ぱらっとな量に見えますが、一応2キロ漬けました。1年で食べる量と、あと手をかけられる時間も考慮しての2キロです。

在りし日(6月)の梅。
DSC02957_blog.jpg

カビが出ても対処してる暇がないだろうな〜と、「さしす梅」にしました。お料理に使うには甘味が強いのですが、おにぎりなどで使うには食べやすい梅干です。
DSC02958_blog.jpg

日向の梅干に対して、軒先では線彫りぐい呑みになる予定のぐい呑みが干されています。朝から線彫り予定でしたが、やわらかすぎて無理でした。
DSC02994_blog.jpg
午後から、この表面を削って削って削ります。予定70個。今日は16時閉店予定なので早く乾くといいなあ。
posted by UH.Komatsu at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2018年07月08日

もくもく

点火後の窯から水蒸気がもくもく噴き出して窯場に雲がかかりました。
DSC02984_blog.jpg

出所は施釉した釉薬の中の水分。ま、急いだからね、この湿気だからね、仕方ないね。
posted by UH.Komatsu at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

素焼きの磨き→施釉→窯づめ

今月〆切の品物の素焼きの窯が開きました。
DSC02974_blog.jpg

引っ張り出してみると、どーん!!
DSC02976_blog.jpg

記念品用の湯呑メインの窯になります。二段目の鉄カゴ1つに湯呑100個、入れ子でぐい呑みや小皿などが同居しています。

本焼きの窯を出して、ヤスリかけ&検品をすると、その後の包装にかけられる時間があまりないという現実に立ち向かうため、磨き作業が迅速かつ黙々と作業が進められました。

しかし!!ある。要員数に対してとても量がある。入れ子になっている分、あまり進捗を感じられない錯覚に陥ります。そして素焼きの磨き作業は同じ品物ばかりだと、体の同じところに力がかかったり摺れたりするのでガタがくるのが早くなります。今回は右人差し指の第二関節と第三関節の間が湯呑の縁にすれてうろこ状になりました。すれと水に強いテープがあればいいなあ。

それでも磨きは3日で終わらせて、今度は施釉作業を黙々黙々。

湯呑が、なんかこう終わりのない行進をしているようです。
DSC02978_blog.jpg

DSC02977_blog.jpg

湯呑以外の品物は控えめ。
DSC02979_blog.jpg

この品物群は今さっき本焼きの窯に詰め終わって火が入れられました。水曜日からいよいよ包装の嵐が吹き荒れます。現在のところ、200個程包装しましたが品物がなくなったので一時休止です。本当は毎日何個ずつと数を決めてコンスタントに進めるのが希望なのですが、そこはロクロ場の制作部と折り合いがつけられないところ。しかたないので、がーっと行きます。

ちゃんと完走できますように。


posted by UH.Komatsu at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年07月04日

新潮社の装丁展 新潮社記念文学館

昨日、春から行かねば、と思っていた角館の新潮記念文学館の「新潮社の装丁」展へ行ってきました。
DSC02965_blog.jpg

思い立ったらすぐ行けばいいものを、購入したばかりのワンピースを着て行きたい、などという余計な希望を付加したがために会期ぎりぎりのお出かけになりました。(注・実に風通しのよい布地のワンピースのため27℃以上で着用しないと寒い)。6月後半に気温が上がり始め、そろそろかとスケジュールと相談し始めると次々にやってくる仕事の波、用事の波、急激な高温、暑さ疲れ等々。結局、実行予定を3回見送って、暑いし初めていく場所だし角館遠いし、と日ごとに重くなる腰に、応援要請した友人に渇を入れて貰ってようやく出発!!

駐車場の入り口が分からなくて歩道の方に車の頭を入れてしまい、後続車をやり過ごしてからバック、バック〜。武家屋敷通りから少し外れた場所かつメインの道路から奥に入ったところにあるので閑静です。
DSC02969_blog.jpg

たぶん、撮影スポットと思われる「雪国」。
DSC02966_blog.jpg

建物の道路を挟んだ向かい側。しだれ桜の葉がふさふさで、枝が近い分、風が吹くと葉ずれの音が大きく聞こえます。日本人的涼の空間。
DSC02964_blog.jpg

ちなみにこのしだれ桜の枝の向こうには西宮家があります。武家屋敷の母屋や蔵を利用したレストランやショップがあるので、ついでにひょいとのぞきに行けます。
DSC02967_blog.jpg

さて、「装丁」展。もう会期も終わりに近いからか、ほとんど無人だったので、舐めるように2時間近く堪能してきました。展示品は大正時代頃の文豪・文士と呼ばれる方々のものがほとんど、昭和・平成のものがちょろっと。クロス張り、型押し、天金、書袋つきの本。布には字が印刷できないので型押しで、など作業過程の可不可の結果であったりもするようですが豪華!!サテン生地装丁の古い文庫など触ってみたくてくらくらしました。そういえば小学生の頃、家の押し入れから半分腐食した少年少女世界名作文学全集というのを発掘して喜んだ記憶があるのですが、あれもクロス貼り、そして新潮社でした。新潮社は翻訳文学に力を入れてきたとのことで納得しました。

装画が入った本になると、竹久夢二、岡本太郎、バーナード・リーチとこちらもそうそうたる面々。そして現代の本になると様々な紙質の差、製造終了と共に失われた紙、布。技術を駆使して専用に工夫された紙など、前の時代とはまた異なった側面を持つ装丁になってきたようです。ひととおり見終わったら、足を休めつつYonda?パンダのコマ撮りミニ映画を観賞。今はキュンタですがパンダの方が欲しいグッズ盛りだくさんだったなあ。

さて、こちらの文学館、総合情報センターという名前の建物に併設されているのですが同じ建物内に図書館が入っていました。昔、利用していた角館庁舎近くの図書館が今は更地になっていて、一体どこに行ってしまったものやらと思っていたら、こんなところに!!そして新潮社の本が充実しているのも垂涎ものでした。クレストブック専用の棚がある〜。いいな〜。でも借りたら返しにこなくちゃいけないからな〜。

涼しい館内にいるうちに気温はぐんぐん上って35℃になりました。負けずにちょっと出歩いて、気になっていた果物屋さんのパフェを偵察(という名のご褒美。重い腰を上げたから)。
KIMG0210.JPG

その後は文学館で書いた絵ハガキを出しに郵便局まで歩き、通りをぐるっと一周して道端の安藤醸造さんの仕込み水をいただいて帰宅することに。
DSC02970_blog.jpg

かなり久しぶりの角館でしたが、知っている以前の姿と比べると町民向け商売店がぐんと減って、観光客向けのお店や標識が随分増えた感じがしました。あちらこちらと歩きまわらなくても狭いエリアで散策できるような。町民の方から生活より観光に向けた比重が大きくなっていると耳にしたことはあるので、いいか悪いかが立場によって変わるのだとは思いますが、昨日は観光的立場が大きかったので充実したお休みになりました。

「新潮社の装丁展」は7月8日までです。興味ある方はお早めに。

余談ですが、私の角館のイメージはこんな感じです。家屋とうっそうとした木々に囲まれた隠れ家的な雰囲気。横手はとにかく広々としたイメージなので真逆だな〜。
DSC02968_blog.jpg





posted by UH.Komatsu at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート

2018年06月14日

梅雨寒

昨日からぐっと気温が下がって寒さに見舞われている楢岡陶苑です。最高気温は17℃の予報でしたが、帰宅時は13℃、寒い!一抹の悔しさを覚えながらも衣替えしてしまったばかりの機能性下着や厚手のシャツを引っ張りだしてきました。水も冷たい…。

天気も雨が降って止んでを小刻みに繰り返していたのですが、その降り方と雰囲気ときたら梅雨というより秋の長雨にそっくりでした。うっかり「これからひと雨ごとに寒くなるのう」と言ってしまいそう。

ここでは、いつも画像の山の向こうから雨がやって来ます。奥の山が白く霞んでいるのは雨、目視できる雨の塊です。今この時点では私がいる会社の前は降っていませんが、この白い霞が流れるように近づいてきて飲み込まれると雨になります。
DSC02947_blog.jpg

作業は焼成が終わって冷まし中。窯の中は350℃まで冷めました。このまま一晩おいて明日の朝から窯出し作業が始まります。この空き時間を使って、品物が出てきたあとの包装用具の準備をば。包装紙をカットしたり、化粧箱にシールを張ったり、栞を折ったり、熨斗の印刷をしたり。近々の包装予定が1000個越えなのでなかなかの量です。包装作業が滞らないよう、ちまちまとでも準備を進めておかないと(注:一気に進めると軽作業過ぎて気が滅入ります)。

この辺は次の窯詰め待ちの品物。〆切の近い注文品が多いので、窯出しが終わったら即、次の窯づめ作業に移ります。
DSC02949_blog.jpg

DSC02948_blog.jpg

さて、ここで一夜明けまして、窯出し開始。
DSC02952_blog.jpg

期日的に一発勝負的な焼成になった品物もありましたが、ちゃんと発色して釉薬の垂れすぎ等もなく無事に焼き上がりました。は〜、よかった、ひと安心。
DSC02954_blog.jpg

DSC02955_blog.jpg

さあ、いよいよ一人包装祭り開始だ!!終わりは8月半ば頃を予定。それまで包んで包んで包みまくります。いざ!



posted by UH.Komatsu at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業状況

2018年05月28日

田植え日和

昨日、楢岡陶苑はみっちり窯づめ作業でしたが、外界は田植え日和だったようです。道を行き交う車がほぼ軽トラックでほぼ苗床積んだ車でした。つられて5月の田園風景を堪能したくなったので帰りは川の土手の上を通ってみることにしました。

田植えの終わった田んぼ。
DSC02940_blog.jpg
真っ最中の田んぼ。お疲れ様です。
DSC02938_blog.jpg
まだ池状態の田んぼ。
DSC02939_blog.jpg

田植えシーズンだから温泉施設が混むよ、と都市部の友人に話したら「なんで?」と聞き返されてしまいました。それは作業終わったら温泉(場合によっては食事も)直行コースだから、そして温泉施設の売店には野菜の種も売られていると教えてあげたら、それはもう地域性だと言われました。

さて、余談ですが先週の大雨で被害は水の濁りだけとお伝えした楢岡陶苑でしたが、まさかのまさかで小豆の煮汁のような濁り水が一週間近く続きました。連日、水タンクを持っての出勤でしたが昨日からようやく濁りがおさまって来て、今日には通常とほぼ遜色ないクリアさに戻りました。雄物川の水も澄んできているので、その辺は通じてるものがあるのかもしれません。あとは明日からの雨でまた濁りが出ないことを祈るばかりです。

posted by UH.Komatsu at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記