2020年03月02日

3月、卒業式

3月になりました。レジ脇のカレンダーも一枚めくって、チョココロネから食パンへ。
DSC03481_blog.jpg

レジカウンター近辺が主な作業場の私には、作業の合間に、このカレンダーが目に入るととても和みます。今月は、食パンの側面とてっぺんの間の、ほの白い部分に一ヶ月間目が魅かれそう。彦坂木版工房というところで制作されている木版のカレンダーなのですが、パンの質感がリアルで、つい目がいってしまうのに加えて、浮世絵みたいに何度も摺るのかなあと制作過程を考えてみたり。お客様にも人気で、「おいしそうですね」と声をかけていただいたり、「他の月のパンも見たいです」とのご要望に頻繁にぱらぱらめくるもので、3月にして、すでに下の部分が広がっています(笑)。ちなみにめくったカレンダーは切り貼りしてメッセージカードになったり封筒になったり。こちらの反響もなかなかです。去年発売になった「ぐりとぐら」の切手がカステラ作成過程場面の多いものなので合わせて使うと、さらに反響よし。

さて、話は変わって昨日、今日、明日と県内の各高校では卒業式が行われています。昨日、行われた卒業式では新型コロナウィルスの影響で在校生、保護者とも出席させずとのこと。卒業式の場では門出を祝い、見届けてもらうという嬉しさもありますが、開会までのざわめきや保護者の化粧品の香りや入退場の吹奏楽部の演奏もいまだ記憶の一部として残っているので、それらがないというのはちょっと切ない。でも、他の年にはない経験をしたという強い気持ちで、開かれた未来に進んで行ってもらいたいなと思います。

先月納品した卒業記念品。県外に出て行く方も、県内に残る方も、それぞれのこれからに寄りそう一品になるといいな。
DSC03480_blog.jpg

ご卒業おめでとうございます。
posted by UH.Komatsu at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年02月26日

羊飼いのパイと紅白餅

2月23日は、これでもかというくらいの冬の嵐でした。前の晩、強風と雨と雹から始まり、当日も車がひっくり返されるんじゃと不安になる強さの風に雪やら霰やら、およそ空から降ってくる様々なものが吹き飛ばされて行きました、それも終日。工房にいると、西から山を越えてやってくる吹雪が薄くて白い布がはためいているような様で近づいてくるのが見えるので、作業の合間に外をのぞいては「来る来る来たー」とやってました。←台風でそわそわするタイプ?
DSC03475_blog.jpg

DSC03476_blog.jpg

強い風が吹く日は、隙間風ぴゅうぴゅうの工房は床も壁も水も粘土も冷たくて、帰る前から温かいもの食べること決定。鍋物や煮込みラーメンもよかったのですが、しばらく前から材料をそろえて機を狙っていたシェパーズパイにしました。

ラム肉をフードプロセッサで引いてミンチにしたら、人参と玉ねぎと炒めてスープストックで少し煮る。この煮るという作業がポイントだと勝手に思っています。
KIMG0542.JPG

この上にマッシュポテトを広げます。今回は秋口に大量にいただいたジャガイモをまとめて茹でてマッシュして冷凍しておいたものを使用しました。ほんとはマッシュポテトも作り立ての方が美味しいと思いますが、それは休みの日じゃないとね。ああ、でももう少し細やかに、クリーミーな感じまで潰しておけばよかったかも。そしたら、フォークで模様が描けただろうに。そして、イモ、もうひとつふたつ分の量があってもよかったかも。
KIMG0543.JPG

これをオーブンで20分焼くと出来上がり。
KIMG0544.JPG

ラムひき肉と野菜を炒めて煮たスープストックがマッシュポテトにしみていい感じになります。昔、初めてシェパーズパイを食べたのはアイリッシュパブでしたが、そこで出てきたのは、そぼろのマッシュポテトのせ?的なもの。ぼろぼろぼそぼそしていて味も薄く、ふーん?と言う感じでした。現在手元にあるのはイギリス出身の方のレシピなのですが、スープストックの適度な水分があることで、マッシュポテトもフィリングも味が明確になって、羊の風味がマッシュポテトとよく合います。これは、鶏飼いでも牛飼いでも豚飼いでもなく、やっぱり羊飼いだなあとしみじみ思うほど。日本人的に、とてもご飯にあう味でもあるのですが、このジャガイモの多さだと、ここはちょっと我慢しておこう、という気持ちに。20代なら、いっちゃうと思いますが(笑)。

天気は最悪でしたが、令和初の天皇誕生日ということで、紅白餅も買ってみました。かわいい。昔、卒業式や修了式で配られた記憶のためか、お祝いの紅白餅や饅頭は気持ちが華やぎます。利休饅頭の時もあったなあ。
KIMG0545.JPG
2個で110円というかわいいお値段でしたが、岩手の業者さんのお餅でぷにぷにでした。さすが餅の国。美味しくいただきました。

来週は、あちこちで高校の卒業式が行われます。コロナウイルスの影響なく、よい門出の日になりますように。

posted by UH.Komatsu at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年02月22日

伊勢丹催事終了とヴァレンタイン

雨水も過ぎて3月寄りになった2月、残すところ一週間です。今年は閏年なんですね。

さて、遅くなりましたが、伊勢丹催事も無事終了しました。ご来場いただいた方、ありがとうございました。ご縁がつながった方の暮らしの中で、うちの焼き物が少しでも役に立ちますように。催事は終了となりましたが、出展した品物は今月いっぱい会場フロア内にて展示販売していただけることになりました。機会がありましたら、どうぞご覧ください。

話は変わりますが、先週はヴァレンタインでした。名古屋高島屋のヴァレンタイン商戦販売額に驚愕しましたが、うちはいつもどおり美味しそうなのを一箱選んでの家族チョコ。去年は2月に入ってすぐ売り場を見に行ったものの、めぼしいものはほぼ売り切れでしたので、今年は1月の下旬に偵察へ行きました。数年前に話題になった惑星チョコが、ようやく秋田上陸してましたよ。お値段がいいので「おお!これが!!」と見聞だけ広げてスルーしましたが…。

今年のチョイスはこちら。決め手はラ・フランスフレーバー。
KIMG0540.JPG

早々と買ったもののヴァレンタインまで一番寒い部屋で寝かせておいてヴァレンタイン当日に、いざ解禁。楽しみにしていたのですが、カラフルチョコ列の寒色カラーチョコ、なんというか、こう、石鹸かじってるみたいな味でした…。おまけに後味、喉がいがいがする。選択ミスったわ〜。中央列の普通チョコ列のも、いがいがが残る…味は良かったんですけどね。残念。来年の選択条件のひとつとして、ちゃんと何かに書きとめておこうっと。(←「何かに」というところでダメな雰囲気。)

あと、もう一件、家人がスーパーで買い物した折にレジで配っていたと言うチョコレートもやって来ました。
KIMG0541.JPG

家人が言うには、ヴァレンタインにちなんだ販促品としてレジスタッフさんが男性客に配っていたそうですが、たまたま家人が並んだレジの担当スタッフさんが男性だったそうで、男が男にチョコレート貰ってもなあ、とぼやいてました。販促品でもチョコレートはやっぱり女性からの方がいいようです。しかも、13日、14日と二日連続で男性レジスタッフさんから販促チョコを貰ってきた家人でした(笑)。

友人宅の息子ちゃんは家族&親戚一同からチョコレートを貰い、「来年も貰いたいからお返しする!」とのことでお母さんたる友人がホワイトデーの買い物に行くそうです。「既婚者と子供のヴァレンタインは平和だ(笑)」とメール来ましたが、うちはね、ちょっとチョイスをすべったよ…。←まだ言ってる。






posted by UH.Komatsu at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年02月10日

積もりました

除雪無し、雪道無し、甘やかされたこの状態のまま春まで行きたいな〜と思っていましたが、寒波のおかげで例年通りの風景になりました。3月か4月と見まがうような茶色い風景だったものが真っ白に。

寒波2日目。
DSC03462_blog.jpg

寒波3日目。
DSC03465_blog.jpg

降りすぎ…。

1月末で今年の営業を終了したというスキー場や、中止が決まった小正月行事は、この雪で復活するんでしょうか。天気に翻弄される今冬です。

伊勢丹催事も早いもので残すところ、あと一日となりました。どうか、たくさんのご縁を結びますように。

工房は本日、素焼きの窯づめ作業でばたばたしています。来週開催の見本市出展品と来週&さ来週納品期限の卒業記念品の最終焼成窯になる予定。足りない、なんてことになりませんように。来週は包装週間になります。化粧箱、包装紙、内装紙、栞の準備もぬかりなくしておこうっと。
posted by UH.Komatsu at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年02月02日

伊勢丹新宿店催事

久しぶりに催事のお知らせです。

2月5日から2月11日までの期間、伊勢丹新宿店5階にて催事が始まります。年明けから本格的に制作にかかり、昨日、ようやく約300個を発送しました。

小さなものはぐい呑みから、大きなものは傘立てまで30種類が並びます。先日こちらにUPした六寸皿の他、青白2色掛けのカフェオレボウルや取っ手付きのハート型湯ざましなどの新しい品物も送りました。

作業その1:品物が多すぎて窯に入りきらず、施釉した品物が廊下とロクロ場の乾燥棚にはみ出す事態に。
DSC03446_blog.jpg

作業その2:もちろん全部窯に入りきらず、メインの窯に加えて小さい窯も動員して、詰めて焼いて出したら、すぐ次を詰めてのフル回転作業になりました。
DSC_0438.JPG

DSC_0437.JPG

出典作品1:2色掛カフェオレボウル
DSC03453_blog.jpg

出展作品2:手付きハート湯ざまし
DSC03461_blog.jpg

今回の催事は物だけが上京します。人は秋田に残って卒業記念品の制作&包装に従事します。もう、そんな時期なんですね。今年は雪がさっぱり積もらないので実感が薄いです。

それでは、なにぶん数年ぶりの催事、どうなることかと不安もありますが、何とぞよろしくお願いいたします。



posted by UH.Komatsu at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2020年01月19日

6寸銘々皿 〜新商品〜

元日はしっかり雪が降りましたが、その後はまるで3月のような雪の少なさの今冬2020年です。雪による負担や危険が少ないのはありがたいことですが、本来、降雪によって調整されている自然界の何かのバランスが崩れるのではないかという不安もぬぐい去れません。でも、やはり雪がないと日々の気持ちは健やかです。

さて、会社の2020年、2月の見本市、久しぶりの首都圏での催事、卒業記念品納品に向けて、初日からばたばたとスタートしました。

年末から、気持ちだけは、やらねばモードになっているので、仕事始めから数日間、「叫べ〜よ〜!!」と昨秋よく耳にしたフレーズを口ずさみながら拳付き上げ状態でばりばり作業してきましたが、先週あたりから若干拳が下向きになってきたこの頃です。要!持久力!!追いこみは今週末からだ。

話は変わりますが、昨年3月にちらりと作成の香りが漂った6寸サイズの銘々皿が完成しました。
http://naraoka.sblo.jp/archives/201903-1.html

通常の青色と
DSC03441_blog.jpg

淡青色と。
DSC03440_blog.jpg

これまでの定番だった4〜5.5寸の銘々皿と並べると「でかっ!!」という気持ちになりますが、食卓の上ではなかなかいい仕事をしてくれます。
DSC03444_blog.jpg

現在、色は上の青と淡青の2色展開ですが、いずれは白、黒も、楢岡焼きの釉薬で出せるオールカラー展開をしたいと野望を抱いております。淡青色は、4代目幸一郎の色に近い発色を目指してできた釉。透明っぽいものから青白さが際立つものまで幅広く出てくるので、検品の際には「ほ〜ほ〜う」と声が漏れそうになります。

在庫枚数は、まだ少ないですがWEBカタログにもUPしました。
http://www.naraokayaki.com/itemlist.cgi
オーソドックスな形状ですが、末永く活躍する定番品となりますように。


posted by UH.Komatsu at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2019年12月30日

今年、一年ありがとうございました 〜2019〜

クリスマス飾りの記事を書かねばと思っているうちにあっという間に仕事を納めを迎えようとしています。年末と言うのに、この雪の少なさ。なんて、ありがたいことでしょう。おかげで除雪に時間と体力を奪われることなく仕事に専念できています。
DSC03436_blog.jpg

先月植えた球根の芽がもう出てきてしまいました。これから凍えるから、まだ出てこなくていいよ〜、と落ち葉をのせてみる。
DSC03435_blog.jpg

今晩からの寒波、どうなるでしょうね。あまりひどくなりませんように。元旦参りに行かれる方々が無事でありますように。

店舗内もクリスマス飾りを片付けて、新年向けに模様替えしました。

松飾り。今年は松と紙垂だけでシンプルに。松ヤニで手がぺとぺとになるのは、お約束。
DSC03431_blog.jpg

中山人形の干支土鈴も購入して来ました。作業中に目のすみに入る姿は餅っぽいです。やわらかめの。からからと鳴らすと福を呼び込むのだそうです。新年初日に鳴らしてみます。
DSC03434_blog.jpg

いのししも、もう少し頑張ってもらおうと場所を変えて店舗内にいます。
DSC03433_blog.jpg

今日は普段の仕事をキリのいいとこまでして掃除をして正午に仕事納めになります(注:プレス機が終了すればですが。終わるか?どきどき)。

新年は1月4日から営業を始めます。来年は、展示会に見本市に記念品にと、すでに予定がきゅうきゅうなので、仕事納めだというのに、気持ちは、よっしゃ、やるぞ〜!とはりきっています。この気持ちがお正月休み中にしぼまないように気をつけないと。

今年も一年ありがとうございました。来年もよき一年になりますよう、そして、よき出会いがありますように。





posted by UH.Komatsu at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年12月14日

彗星茶碗

今晩14日〜15日明け方4時頃が今年のふたご座流星群の見頃だそうです。この流星群の話は昔からよく耳にするのですが、この時期のこの地方の天候では、毎年何か降ってるか吹雪いてるか曇ってるかで、いまだ観測できたことがありません。おおう、雷まで鳴って来ましたよ。ちなみに夏のペルセウス座流星群は天候とは別の問題で、暑さ疲れ、夏祭り後お盆前仕事疲れピークのため、数回しか見たことがありません。冬の流星群もいつか見てみたいなあ。

先日、焼いた抹茶碗、一見普通なのですが
DSC03427_blog.jpg

内側に彗星が出現しました。(見えにくくてすみません)。
DSC03428_blog.jpg

抹茶碗の内側に出現!というのがポイント高いと思います。同じ窯から出た抹茶碗がもう2個あるのですが、こちらはごく普通の色合いになっています。ポップ付けてアピールしようかなとも思ったのですが、どなたがこの稀有な抹茶碗の存在に気づくかなあと、あえて他の品物と取り交ぜて普通に店頭に並べています。今後が密かに楽しみ。個人的には昔実際に見たことがある唯一の彗星にちなんで「へ―ルボップ茶碗」と名付けて、掃除の際の楽しみにしています。



posted by UH.Komatsu at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2019年11月20日

雪がきました

ほんの十日前、穏やかな秋の夕方、
DSC03366_blog.jpg

ちょうど一週間前に行った会津の鶴ヶ城。
DSC03380_blog.jpg

冬らしくなるのはもう少し先だと思いこもうとしていたのですが、昨夜からの初雪からの風雪の一日になりました。田沢湖周辺や秋田市はもう少し早く雪が降ったのでねばった方かもしれませんが。
DSC03416_blog.jpg

DSC03417_blog.jpg

始まってしまいましたよ、冬至までもクリスマスまでも、まだ一ヶ月以上あるというのに…。雪が降るのは12月の半ばからでいいのになあ。

何も今日、この天気の中でやらなくてもいいようなものですが、思い立ったが吉日で、というかやらずにおれず、カリン子ちゃんの冬囲いをしました。夏の暑さのせいか今年のカリン子ちゃんはキレイに紅葉しませんでした。去年がいっちょまえだった分、残念。
DSC03418_blog.jpg

ポールを立てたら次はネット。
DSC03419_blog.jpg

冬季引きこもりハウス完成。リフトの除雪作業に流されませんように。
DSC03420_blog.jpg

カリン子ちゃんの近くにはチューリップを植えました。増税前日にどどん!と買った球根。
DSC03421_blog.jpg

去年植えたチューリップは色つきのものを植えたはずが白い花が付き、私か誰かが間違えたのかと頭を抱えましたが、どうやら花の色が変わって行く品種だったらしく、最終的にはババヘラアイスカラ―の花が咲きました。
こういうものもあるんですね〜。

注:↓同じ花です。
DSC03197_blog.jpg

DSC03199_blog.jpg

冬ごもりと春の楽しみの準備をして、気持ちの明るい冬になりますように。
posted by UH.Komatsu at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年11月10日

ヘアドネーションしてきました

お久しぶりです。またしばらく目の調子が悪く、PC作業から遠ざかっておりました。秋〜冬と、自然光の明るさが減って、目の負担が増す時期なんだそうです。寒さ対策と一緒にアイケアも気をつけなければいけませんね。

さて先日、ここ数年かけて伸ばした髪をヘアドネーションしてきました。ヘアドネーションとはなんぞや。病気の治療などで髪の毛を失った方々用のメディカルウィッグを作る髪の毛を寄付する活動です。髪質等々に規定はないそうですが、長さは31センチ以上必要となります(31センチ以下だと美容師さんたちの練習用のカットマネキンの素材になったりと別の用途に使われることになるようです)。私は毎日の作業の都合上、どうしてもくくれるだけの長さを残したかったので、規定以上にがっつり伸ばしました。

切った髪がこちら。何か動物を捕獲したのかと思ったという声も。髪ですよ〜。
5334.jpg
髪が長いと洗髪が大変そうと、よく言われるのですが、実際にしんどいのは物理的なその長さ、その重さ。ラストまでシニヨンで行けるかと思っていたのですが、実際、丸めた髪が団子から中華まんサイズになると首が支えきれなくなりました。仕方なく1つにくくったまま流しておくと、椅子の背もたれにはさまり、作業台のテープカッターにひっつき、下を向くと肩越しに流れてバケツにぽっちゃり、粘土にぺっとり。落ちた抜け毛の迫力もハンパなく。

ヘアドネーション先輩の友人は、伸ばした髪を自分で切って、その後、美容院に出かけて整えて貰ったそうです。もちろん髪の送付も自分で。私は、ヘアドネーション協賛店のMIU-hairさんに全てお任せしてしまいました。大曲朝日町にある美容院です。ヘアドネーションに興味ある方、やってみたい方は、一度お電話してみて下さい。石川さんというスタッフさんが詳しく教えてくれると思います。
「MIU-hair」
пF0187-73-5786
営業時間:AM9時〜PM7時
定休日:月、第3日曜

余談ですが、私は一度、マンモ検査にひっかかり、乳腺外来に行ったことがあります。マンモとエコーの再検査だけだったのですが、他の科とはちがう何とも言えない雰囲気の待合室でした。ウィッグの見本とカタログが置いてあったり、患者さんの会のイベント告知が掲示されていたり。誰もが不安を抱きつつ待つ場であるんだなと思ったのを覚えています。

受けた再検査では「緊急の症状があった場合は2〜3日中に連絡します。ない場合は一ヶ月後に来てください」と言われたのですが、なんと3日後に電話がきたんですね、しかも夕方18時ギリギリに。たまたま運転中で出られなかったため、実家に電話が掛け直され、個人情報なので本人から連絡を、と伝言されたそうです。急いで掛け直したのですが、18時を過ぎたので緊急外来にしかつながらず…。しかも、折悪しく金曜の夕方だったもので、もしやもしやと思いながら土日を過ごし、月曜朝一番に電話してみたところ「お会計30円多く請求してしまいましたので取りに来て下さい」とのこと。30円て…。しかも取りに来いと30円を。いっそ、雑収入にしてほしかったのですが、そうもいかないとのことで取りに行きました、30円を。

私の場合は笑い話ですみましたが、厳しい現実に直面しておられる方もいらっしゃいます。また病だけではなく、被災された方も。現代は、手助けや協力の形が多様化してきている時代だと私は思います。今回のブログをきっかけにヘアドネーションという方法があることを知っていただける方が増えたら幸いです。


posted by UH.Komatsu at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | わくわくするもの