2017年11月23日

三浦しをんさん講演会へ

11月18日、仕事の後、ひとっ走り角館まで三浦しをんさんの講演会へ行ってきました。
DSC02729_blog.jpg

開催を知ったのは、なんと前日。まだ一週間ほど貸出期日の残っている本をふらりと返しに行った大曲図書館でフライヤーをみつけてしまいました。こういうものは大体午後一時、二時頃スタートということが多いので、がっかり情報だな〜と思っていたら、午後六時からとのこと。思わず二度見しちゃいましたよ。頑張れば行ける!行けるではないか!!天気が少々危ぶまれましたが、こういう天の啓示的な事柄は実行すると実りが多いもの、そして、フットワークの軽さは失いたくないもの、ということで一路角館行き決行〜。

会場は樺細工伝承館でした。雨のそぼ降る暗闇の中を会場目指してぞろぞろ歩いて行く人の数の多さにびっくり。建物に入って、開場待ちの老若男女入り乱れ具合に、またびっくり。席について、立ち見も出ていることにまたまたびっくり。読者層が広いのはさすがですね。

さて、講演会は三浦しをんさんが、一人で話すなんて無理、と一度は断られたのだそうで、塩野米松さんが聞き手として色々と質問して行く形式でした。塩野さんは、これまでの実績どおりの聞き上手でみえて、「創作と取材」という実に渋いタイトルの講演会のはずが、とても興味深く楽しい時間になりました。

お話のメインは「神去なあなあ日常」と「風が強く吹いている」について。よかった、内容覚えている作品で(笑)。神去については、林業の取材に行かれたことは知っていたのですが、なぜ舞台が三重県だったのかが気になっていたので納得(おじい様のお宅があり、林業に就かれていたそうです)。そして、聞き書きについてのお話も興味深く、聞き書き甲子園の冊子も気になる…。

風が強く、の方は、箱根駅伝の物語なので、全出場校全出場選手のタイムと順位を把握するための綿密なダイヤグラムの様な一覧表を見せていただきました。きっと、今後絶対目にする機会など無い資料、貴重です。なんでも古本屋で見つけた昔の日本大学の駅伝データを視覚化した本を見つけて参考にされたそうですが、その点もしをんさんらしく、そして、そういう環境が羨ましい限りです。

物語は、素人が一年の練習で箱根駅伝に出場するというものなのですが、案の定、素人が出られるわけがないと言われることもあるようで、「できたって書いてあるんだからできた」と強くおっしゃっていた三浦さん、多分、いや書いたのあなただからと胸の内で突っ込んだのは私だけではないはず(笑)。

そして、初めて使うと言うレーザーポインターを手渡されたとたん、「コレは会議とかで使うやつじゃないですか〜。てええい、てええい」とあちこち指されていた姿が、あまりに面白すぎて講演会の記憶=てええい、だけになったら勿体ないなと危惧している本日です。そういうとこに、つい反応してしまう私…。

そんなこんなで楽しく興味深く面白く講演会は終了しましたので、帰りのみぞれもなんのその、行って良かったと帰宅の途につきました。

どうでもいい情報ですが、三浦さんとは同い年になります。同い年の人が頑張っている姿を見るのはいいものです。私も頑張ろう。







posted by UH.Komatsu at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート

2017年11月12日

楢岡ブラック並びました

昨日は、雨と強風で寒い一日となりました。お昼頃には、ばらばらばらっとスゴイ音であられまで。
KIMG0052.JPG

今日は、風と雨が止んだので少し穏やかになりましたが、やはり寒くどんよりとした日になっています。全国的に陽気と言っていいほどのお天気になっているところが多いらしいんだけどな〜。

さて、ほんの少しですが、楢岡ブラックな器が店頭に出ました。
KIMG0053.JPG

青い器に比べると、黒い器は全国的に多く作られている色合いではありますが、青海鼠釉と同じ原料で調合してあるので、青い釉の器同様、とろりとした質感になっています。黒い器はお料理が映えるので意外と人気です。ご飯茶碗だと、ごはんもですが、ごはんの友も映えるそうですよ。

午前中は、注文が入ったので、久しぶりに箸置き制作をしました。

仕上げを終えて乾燥状態に入ったところの蕗の箸置き。チョコレートか諸越のようです。
KIMG0054.JPG

来年のお花見観光シーズン用の注文なのですが、作らねばならないものは、他にもたーんとあるので、着手出来そうな時間があった時は見逃さずに。お店のストック分も考えるとまだまだ足りないので近いうちに増産します。

今日の実感。
水が冷たい時期になりました。

posted by UH.Komatsu at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2017年11月08日

立冬を迎えて

昨日は立冬でしたが、随分と明るくあたたかく穏やかな天気の一日でした。休日だったので、食料品の買い出しに出たものの、陽気に誘われて、ついうっかり途中で引き返し、クリスマスカードなどを見に行ってしまいました。商品は、まだ出そろった感はないのですが、11月の終わりにもなると年賀状に追われてクリスマスカードどころではなくなる毎年の図…。個人的に、クリスマスの挨拶と言うよりは、12月に繁忙期を迎える仕事を持っている友人への陣中見舞いといった位置づけにしているのですが、うかうかしていると、あっというまにクリスマス当日になっていたりする師走マジックです。外国では早いものは11月の終わりから届き始めるそうなので、希望12月初めに投函したいものです、今のところあくまでも希望ですが(笑)

さて、お昼過ぎから天気が崩れましたが、午前中は昨日に似た感じで静かで穏やかでした。会社敷地内の木々もずいぶん葉を落として寂しい姿に。その分、地上は掃いても掃いても、すぐ落ち葉で散らかります。
KIMG0039.JPG

KIMG0041.JPG

話は変わりますが、お客様には、「古民家みたい」と言っていただけることもある窯併設の展示場は、古い建物だけに普段から薄暗く、天気が悪いとなおいっそう暗くなります。そのため、場内の照明をなんとかしないとねと言いながら数年がたち、やっと先日、手始めにと、コットンボールライトを入手しました。多分、クリスマス用として販売されたものだと思われます(笑)。

なにせ純和風の店内なので、何か照明が欲しいと一言で言っても、デザインだの光の強さだの、しっくりこない条件が多すぎて、かつ手頃な値段でとなるとさらに条件は厳しくなり…。本当のところは天井にスポットライトでも取り付けたいところなのですがとりあえず。

私の写真の腕では、まるでポップでキッチュな古民家カフェみたいな絵になっていますが、本当はもう少し焼き物やっぽい風情があるんですよ。そしてもっと薄暗くなるとさらにいい雰囲気になる、と思われます。
KIMG0042.JPG

今後も場所と配置を検討しながら手直しして行きたいと思います。

けして強い光ではないのですが、展示場自体は、ずいぶん明るい感じになりましたし、外からも灯りが見えるようになったので、閉店と間違われることも減るはず、多分。

これから少しずつクリスマス雑貨も飾っていかないとな〜。立ちはだかる「純和風の壁」。要勉強です。

posted by UH.Komatsu at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年10月31日

旧暦 重陽

過日、10月28日は旧暦の重陽でした。新暦の重陽では、まだ菊が蕾ばかりでピンとこないのですが、旧重陽は、ばっちり菊の季節と重なります。菊祭りも始まりましたしね。

長寿のために菊花のお酒は召し上がりましたか?大義名分を持って飲める日ですよ(笑)。

食用の菊の花は長年こちらのタイプが、よく食卓にのっていました。
DSC02723_blog.jpg

今年初めて長年の習慣を破って「もってのほか」を食べてみたのですが、色だけではなく、花びらの形が違うので食感も随分ちがうんですね。味もなんとなくですが、しんしんとした感じがちがうような。
DSC02720_blog.jpg

黄色い菊は、1品だけのシンプルなおひたしで、紫色の菊はおひたしにしたものをキノコの佃煮やだいこんおろしと食べると味が際立つような気がします。
DSC02719_blog.jpg

学生時代に遊びに来た友人に菊花のおひたしを出したら、こういう食べ方はしたことがないと言われました。彼女は地元、東海地方のご出身。菊花は花びらをご飯や汁の上に散らすくらいとのこと。彼女のおうちがそうなのか、地域的なものなのかは分かりませんが、菊花の販売のされ方は、この辺と同じで四角いパックに入った形状。とても散らしたくらいでは消費しきれないのでは?と思った覚えがあります。そこのところ、詳しく聞いてみればよかったな。

今日はハロウィーンです。
何か予定はありますか?

カボチャに黒猫やこうもりを彫って、ジャック・オ・ランタンと一緒に火を灯してみたいと思っていましたが、今年は計画倒れになりました。まず仕事せな。来年でも再来年でもいいから、いつか彫ってみたいなあ。
posted by UH.Komatsu at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年10月28日

ふるふるマグカップ

本日、窯出しがメイン作業です。
今回は特別オーダーのものが多く、9割がた発送品なので店頭に並べられる品物はあまり多くないのですが、ご飯茶碗とマグカップ、冷酒盃が並ぶ予定になっています。
KIMG0034.JPG

今回のご飯茶碗は青紫がかった発色のものが混じっていて、普段とちょっとちがった雰囲気になっています。画像では見にくいですが左側の方です。
KIMG0035.JPG

マグカップも面白いのが一個出ました。
KIMG0033.JPG

この垂れの部分。垂れ落ちるか落ちないかの絶妙なタイミングで冷めたようです。ガラス質の糸でつながった釉薬の滴。空気の振動でもふるふる震えます。持つだけでも折れてしまいそう。繊細すぎて店頭に出せないのが残念です。KIMG0032.JPG

さて、検品終わったら梱包じゃ、梱包じゃ。
posted by UH.Komatsu at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2017年10月26日

地味に散歩

台風が過ぎた翌日は久しぶりにいい天気になりました。ちょうど休日で用事があって横手に行ったのですが、まっすぐ帰るのがもったいなくなり、家とは反対方向に散歩にでかけました。

大曲より紅葉の進みが少しだけ早い感じ。
KIMG0021_blog.jpg

赤は色づいていましたが、黄色はまだのようです。
KIMG0024_blog.jpg

こんな雰囲気だと踏みこまずにはいられませんね。
KIMG0022.JPG

観光施設内なので、シーズンオブジェを発見しました。だいぶ早い時期に作られたのか、ちゃんとカボチャをくりぬいたジャック・オ・ランタンが傷みかけていて不気味な雰囲気がよく出ていました(笑)。風の強い夕暮れだったらもっとそれっぽいんだろうなあ。
KIMG0017.JPG

菊祭りの前日でもあり、あちこちで設営準備がなされていました。肉まんの3倍くらい大きい菊。確か28日が旧重陽ですね。
KIMG0028.JPG

敷地内の丘周辺をぐるりと歩いたら、施設内の売店をひやかして帰宅、のはずが、ついうっかり平ザル3個セットを見つけて買ってしまいました。ちょっと干しもの用に使える平ザル長く探していたので。帰宅してから、なんでいきなりザル3個もぶら下げて帰ってくるのかと家人に問われましたが、そこはね…出会いは突然ということで。とりあえずサンルームにて、花梨の追熟と調理で余ったキノコ干し用ザルとしてデビューさせました。

横手の産直は現在、様々な品種のりんごで大賑わいです。毎年知らない品種が出てくるので味見に大忙し。和梨に似た味がすると言う黄色い品種(「あきのしずく」だったかな)にも心ひかれたのですが、ずっと興味のあった秋映え(果肉も赤い品種)を購入しました。あとなぜかスーパーにはめったに並ばない紅玉も。この「めったに」がくせもので、たまに見つけると、うっかり買ってしまいます。ざるに続いて当日2つ目のうっかり。たまに外出するとすぐこれだ。さて、紅玉。何にしましょう。土鍋で煮りんご?煮ておいたら後は冷凍パイシートでなんとかなりますしね。ああ、でも雑誌で見かけたアーミッシュ・レシピの焼きりんご包みパイも気になる…誰か作ってくれないかしら(笑)。

初冬になると、「やたか」と「ふじ」ばかりに並ぶようになるので、「とき」や「シナノスイート」をはじめ、最近聞くようになった品種は早いうちに試してみないと、あっというまに機を逸してしまいます。品種のちがうりんごでジャムを煮たら、どんなふうに違いがでるのか興味があるところです。いつかやってみたいのですが、今のところ、冷凍庫の中がジャム長者。まずこっちを先に消費しないとね。

平日の、人気のない散策路独り歩きでしたが、久しぶりに日光もたくさん浴びてすっきりしました。地味散歩最高!!
posted by UH.Komatsu at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | クマのお出かけレポート

2017年10月16日

カボチャ

あちこちのお店がハロウィーン仕様になってきたので、展示場にもそれっぽいカボチャを飾ってみました。
DSC02725_blog.jpg
そしたら、「あら〜、これまた本物そっくりの偽物だこと」と言う感想が。
いえ、コレ、偽物っぽいけれど本物なんですのよ。
posted by UH.Komatsu at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年10月08日

雪国の手仕事展

催事のお知らせです。

伊勢丹新宿店5階にて開催中の「雪国の手仕事」展に出品しております。

窯元の人手不足が響いてだいぶ少なめの出品になっていますが、白い釉薬のもの、散らし掛けのもの、素朴な日常道具などを選びました。

10月4日から10月31日までの開催です。

よろしくお願いいたします。
posted by UH.Komatsu at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報

2017年09月21日

おはぎ

昨日は彼岸の入りでした。出勤途中もお花とバケツを持って道行く方を幾人か見かけ、お墓参りか〜と思った次第です。

それでかどうかは分かりませんが、仕事帰りにスーパーへ寄ったところ、「おはぎセット」なるものを見つけて、思わず購入してしまいました。

しかし。

ねえ、なんかひとつちがうんじゃない?
DSC02707_blog.jpg

あなたですよ、あなた。
DSC02709_blog.jpg

まあ、材料的には似通っているのか…な…?

小さい頃は、年に何回か実家でもおはぎを手作りしていました。甘い物が今より全然好きではなかったので、当然おはぎもあまり楽しみなものではなく。なにせ、うちのおはぎは文庫本くらいはあろうかという大きさで、さらに日中かけて作るため完成は夕方か夜。それをせっかく作ったんだからと、晩御飯の主食として出てくるのがどうしても受け入れられませんでした。

ご飯がおはぎに置き換えられただけで普通の夕食なので、おはぎ食べながらとんかつと味噌汁、もしくはおはぎ、焼き魚、酢の物など…。普通のご飯が欲しいと訴えても「おはぎ作ったから炊いてない」と言われ、苦肉の策で、おはぎのあんこを全部こそぎ落しておにぎりに近い状態にして水ですすいで食べて怒られたりを毎年くりかえしていました。数年後には、もうおはぎそのものを拒否。もう頭の中では、あんこおにぎりみたいなイメージになってしまっていて、おはぎを思い出すと、甘さと一緒に味噌の味やだしの味、とんかつソースの味が一緒によみがえってきてしまいます。

先日、たまたま友人とおはぎの話になった折り、この話をしたら、「うちもそうだった」と言われびっくり。おはぎが主食の晩御飯、意外とどこのお宅でもそうなのかしら…。

そんなこんなで、今年は数年ぶりに自発的におはぎを食べました。もちろん晩御飯の主食ではなく、食後として。

こちらは二年か三年前の雑誌に載っていた変わりおはぎのレシピです。かわいい!抹茶とかカボチャとか、おはぎもあんこだけではないらしい。こういうおはぎなら、味噌汁やとんかつソースから離れた新しい記憶の味を育めそうです。
DSC02712_blog.jpg

おまけ。
白い角皿に盛ると、またちょっと雰囲気が変わります。あんこおはぎだけなら白いお皿の方が映えるかもしれません。
DSC02704_blog.jpg
posted by UH.Komatsu at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年09月14日

第32回やきものの里展

催事のご連絡です。

今年も石川県地場産業センターの、じばさんギャラリーにて「第32回全国やきものの里展」が9月13日から始まりました。

今回は、出品数は少ないのですが、お湯呑み、冷酒用徳利とぐいのみ、マグカップ、すり鉢など、オーソドックスな日常雑器を中心に出品しました。

会期は10月23日まで。9時から17時までの開場になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

posted by UH.Komatsu at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 窯・イベント情報