2016年07月24日

仁義なき戦い

先月の終わり頃、4月頃から事務所の天井裏でごそごそ、みーみー、かりかり音を立てていた野良猫(推定)一家が旅立ちの日を迎えたらしく静かになりました。来年は侵入されないようにしないとね、と言っていた矢先、今度は床下からごそごそ、がりがり、きーきー音がし始め、なんだ天井裏から床下に引っ越しただけかとがっかりしました。

梅雨冷えの日には「へぷし、へぷし、へぷし」とくしゃみを連発されているご様子。風邪かね?天井裏の方が湿気少ないよ、と思っていたら、次の日には床下広範囲を走り回る音に、がりがりがりがりがりとひたすら何か引っ掻いて?いる音。しかも天井裏のかりかり音より迫力ある音になったので、ずいぶん大きく育ったものだなと工房裏手の床下に続く隙間を覗きに行ってみたら、猫ではなくタヌキが住みついていました。しかも親1匹、子6匹の計7匹も!!

親の姿は見えませんでしたが、子タヌキが警戒心ゼロで這い出して来てはころころ転がりあったり、穴掘ったりとタヌキパラダイスが繰り広げられていました。

なんてこった…。
ところでタヌキは夜行性ではなかったの?
IMG_20160711_1604599_rewind_blog.jpg

野良猫と思っていたからこそ、そのうち出ていくだろうと楽観視していたのですが、タヌキとなると話は別。見た目はかわいいのですが、疥癬等の病気の他、とにかくなんでも食べるので近隣の畑の作物被害が心配されます。近年、山の畑ではトウモロコシを巡って、社長とタヌキの戦いが繰り広げられていました。タヌキはトウモロコシに上って体重で根元から引き倒して成熟間近の実をあるだけ食べていくのです。タヌキ除けにネットを張ったそうなのですが、ネットを破られ、二重にしたら下に穴掘って入り込まれ、日々、社長がむきいむきいとしておりました。

床下に住み着いたタヌキは、ロクロ場外の草むらのケモノ道から察するに、近隣を餌場に、うちをネグラにしている模様。被害がうちだけにとどまらないとなると、やはりこれは駆除するしかなく。

陶工が妙に張り切って「仁義無き戦いだ」とネット等で色々調べ、とりあえず木酢をまいてみようということになりました。床下に入ることができないので、奥に噴射するための水鉄砲も100円ショップにて購入。準備ぬかりなし。
DSC02151_blog.jpg

1回目。木酢の容器に書かれている犬猫対策用の2倍希釈のものを散布。風にのって事務所内にいる私まで酸っぱくなりましたが、様子を見に行ったら、子タヌキは全くなんの問題もなさそうに遊んでました。

…敗退。

2回目。もう少し濃いめに希釈したものを散布。事務所他、ストック部屋、箱部屋等、私の行動範囲の大部分が酸っぱい香りに包まれていました。肝心のタヌキは雨降りだったので外に出ていませんでしたが、床下でがりがりがりとハイパーで穴掘りもしくは土台引っ掻き。

…敗退。

3回目。木酢を薄めず原液を散布しました。風が酸っぱすぎて私の鼻がつーんとしてました。タヌキは、きーきー、ばりばり、どだだだだ、と賑やかでしたが翌日からぴたっと静かになりました。

もしかして勝利?勝利した?

床下に続く穴を見に行くと気配もなくなっていました。勝った!!と思いきや、タヌキの出入りしていた入り口付近に細長ーい骨の残骸が…。近所の残飯捨て場から拾ってきたサンマの骨?それともヘビ?い〜や〜!!子タヌキが小さかったので親が獲物を運んで来ては床下で食べてたんでしょうな…。一体、私の足の下はどんな惨状になっているのでしょう。考えたくない…。

余談ですが、タヌキはとても臆病な動物で、鉄砲で撃たれると弾が当たっていなくてもびっくりして失神するのだそうです。そこからタヌキ寝入りという言葉が出たんだそうな。ちなみに、あまりに床下が騒がしい折り、金属製の鍋のフタを故意に床に落として、くわんくわんくわんと音を響かせてやりましたが、それでは大人しくなりませんでした。最近のタヌキは図太くなっているのかもしれません。

残った木酢は工房周りにまいてヘビ除けにしました。これで扉を開けたらヘビ!という恐怖の瞬間はなくなることでしょう。ああ、今日もなんとなく風がすっぱいなあ。


posted by UH.Komatsu at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 諜報員クマの事件簿

2016年07月20日

白いちまき 茶色いちまき

雨にも負けず湿気にも負けず、結婚式、同窓会、敬老会、式典と記念品作成の波の渦中にいる楢岡陶苑です。ロクロ場や窯場でちゃくちゃくと品物が作成されているのと同時に、化粧箱のラベル貼りだの、包装紙のカッティングだの内装用紙としおり折りだの膨大な量の地味作業に明け暮れている私です。品物が出て来たら、がーっと包装、包装の毎日に切り替わります。センスどうこうより忍耐力!!指関節保護のテーピングを買いに行かねば。1個の作業は問題なくてもチリも積もれば何とやらで、数が積もればロバの背を折る最後の藁の1本に早変わりです。

さて、作業が立て込んでいるので、体力勝負な状況にもなってきました。バテている場合でもないので、蒸し暑さによるだるさや気力低下によいというもち米で精気を養うことにしました。

ちょうど七夕の頃、スーパーで笹を配っていたので、キレイに洗って冷凍庫に入れて置いたものを引っ張り出して中華ちまきに挑戦!!
DSC02143_blog.jpg

松の実や梅酒の梅と一緒にもち米を炒めて
DSC02144_blog.jpg

包む。
DSC02145_blog.jpg

30年くらい前に笹巻き作りの手伝いをした折の記憶がたよりだったのですが、覚えているような覚えていないような。自分でやったところは覚えているけれど分業作業で親がやったところは覚えておらず。体験て大事ですね。具体的には中身詰めと紐かけの記憶がなかったので、そこは適当に。笹が思った以上に小さくて1口サイズがぽこぽこできたのですが、包む方は、あまりの作業の進まなさに半泣きでした。途中笹が足りなくなったので竹皮を代用したらおにぎりサイズに成長し、万歳したいほどさくさく作業スピードが上がりました。
笹巻き親子1_blog.jpg

翌日、お昼ごはんに会社に持って来て蒸しました。見よ!この1口サイズを。
蒸しあがり2_blog.jpg

一瞬でなくなった笹巻きの方。餃子やロールキャベツに通じる無慈悲さを感じました…。

ところで、この辺にはもち米だけを笹でくるんだ笹巻きなるものが存在します。蒸すかゆでるかしてキナコをまぶして食べるのですが、甘い物嫌いキナコ嫌いだった小さい頃、笹に包まれた中身が白いもち米オンリーか具材入り醤油味の中華ちまきかは、まるでロシアン・ルーレットそのもの。

両方準備する時と、白いもち米しか作らない時があったのですが、そんな作り手事情は小さい子供には関係なく、白いもち米の三角形が転がり出てくると単に「ハズレたのだ」と思って、当たりを求めて片っ端から笹をむいて怒られた記憶…。馬鹿だな〜と思うのですが、意外に同じことをした経験を持つ方が周りにいます。

味方を得たので、やっぱり小さい子には、べったりしたおにぎり(もち米であることすら分かっていない)にキナコ!?より炊き込みご飯の方がなじみがあるよな〜と勝手に自らの行動を正当化している今日この頃です。
posted by UH.Komatsu at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年07月07日

七夕

昨日から20℃前後の梅雨寒です。昨日は「バケツをひっくり返したような雨が降る」との予報どおり、お昼頃からなかなかな雨が降りました。今日は雨は上がりましたが、雲は分厚い7月7日、七夕です。昔から七夕らしいことをしようとして(例えば花火、夜散歩)は雨に降られた記憶ばかりが浮かんできます。

今夜も晴れないだろうなあ。

代わりに水鏡で月見ではないですが、手元に七夕の空らしい一枚を。

「かささぎの 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける ー大伴家持」
DSC02141_blog.jpg

*窯の中で起きた「酸化」と「還元」の境目だそうです。
posted by UH.Komatsu at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2016年06月15日

梅、どくだみ、せり

梅雨入りの声を聞いたとたんに栗の花が香り始めました。もったり甘い独特の香りは正直苦手なのですが、花の香りどうこうだけではなく、この香りと結びついているじめじめとした高湿度の不快な感覚が苦手なのかもしれません。

さて今年もこの時期到来ということで、はりきって梅を買ってきました。例年だと梅ジャムか梅シロップを作るのですが、今年はいよいよ梅干しに挑戦です。やってみたいと思いつつ、塩加減や日照時間最短の秋田県で仕事の傍らアパート住まいでうまく土用干しできるかが気がかりでしたが、思い悩んでいても仕方ないと思い切りました。けれど、漬けた量は500グラム。家人方の親戚からは、2キロ漬けが標準だと言われましたが、今年は試しの回なので失敗してもいいように少量から。および腰なのがみえみえです。

参考にした本は塩18%でしたが食べるときにきつすぎるように思えたので大幅ダウンしました。重しをしないで朝晩瓶ごと振って梅酢をあげます。現在、一週間が経過して瓶の3分の1程度まで梅酢があがってきています。
DSC02123_blog.jpg

梅漬け作業と同時にクコ酒も作りました。慢性疲労に効くのだとか。クコは主に中華材料を扱っているところで入手してきたので外国産当たり前と思っていたのですが、摘み菜の本を見てみたら、日本各地に生息しているのだとか。しかも栽培云々ではなく道端に。まさかの雑草扱い?見かけた覚えがないですが、実はこっそりはえているものなのでしょうか。気になります。

左側の瓶には乾燥ヨモギが入っています。今年の春、採取したもの。食用にする分は下ゆでして刻んで冷凍しました。こちらはお茶や入浴剤として使用する予定です。ヨモギは体を温めるので、冷えによる痛みや月経痛、肩こり、目の下のクマにいいのだそうです。

その他、現在、柿の葉とドクダミを乾燥させているところです。これもお茶用。ドクダミは工房周りのあちこちで採取してきたのですが、日向のものよりじめじめした日陰のものが丈も葉の厚さも立派でした。やっぱりドクダミはそういう環境の方を好むのでしょうね。

ドクダミの葉っぱの裏にはどなたかのハウスが出来上がっていたので草むらに返してきました。(カメラ忘れてきたので画像は後ほど)。

ドクダミを求めてうろうろしていたら、思わぬところにセリ発見。田セリというものらしいです。セリって水辺に生えるとばかり思っていたのですがちがうのですね。びっくりしながら刈り取って美味しくいただきました。DSC02120_blog.jpg

このあたりにセリが生えていました。ドクダミも立派な壁際のじめじめゾーンです。
DSC02121_blog.jpg

posted by UH.Komatsu at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年06月13日

夏の器 夏の器

初夏から夏寄り(梅雨ともいう)になってきたので、夏の器の注文が増えてきました。

先日は出き上がってきた三角ビール呑みの水張りチェックをしたのですが、雨がざあざあ降っていて湿度も高くて水を捨てていくら拭いても器のしっとり感が抜けなくて閉口しました。
DSC02126_blog.jpg

水漏れ品がないかのチェックなので、そりゃ器に水分が沁み渡ってますわな。しかし、納品の都合上、ゆっくり乾かしている暇はなく…。秘密兵器はタオル、新聞紙、除湿機など。その次の日からは、からりと晴れました。間が悪い…。これから雨と湿気のシーズン。陶器は水気のあるまま保管すると匂いがついたりカビが生えたりしますので、乾燥を大切に。

三角ビールに加えて、紋様スリムタンブラーに紋様ビアタンブラーとビール呑み三兄弟が出そろいました。
DSC02129_blog.jpg

紋様スリムタンブラーの垂れ具合が滝のよう。
DSC02131.JPG

蕎麦猪口もでてきました。ぐい呑み?と聞かれますが蕎麦猪口です。お酒飲んでも、問題はないですが。
DSC02128_blog.jpg

初夏の風物詩、タケノコも盛りですが、不作の影響かクマ被害の多い今季です。山に入られる皆様、お気をつけて。

シーズン初めにいただいたタケノコ。
DSC02106_blog.jpg

炒め物、味噌汁、グリーンカレーでいただきました。
posted by UH.Komatsu at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2016年06月01日

本好き、読書家の方へ

先日、工房併設のお店の片隅にブッククロッシング用の棚を設営しました。
DSC02112_blog.jpg

お気に入りの本に旅をさせよう。
世界中を図書館に。
ブッククロッシングとはなんぞや。

ブッククロッシングとは読み終わった本にブッククロッシングサイトに登録したIDラベルを張り付けて「ブッククロッシングゾーン(本の交差点)」と呼ばれる本棚に置き、次に手に取った人がIDラベル番号にアクセスして、その本の追跡や感想の共有を楽しむことを目的とする活動です。
DSC02114_blog.jpg

もともとはアメリカでスタートした活動で、現在は日本より海外の方が活発なよう。本の渡し方には、サイトに個人登録した登録メンバーとメール等で連絡を取り合ってやりとりをする方法と、公共のブッククロッシングゾーンに本を並べて読みたい人に手にとってもらう方法、だれか手にとってくれそうな人のいそうな場所に置いてくる方法の3つがあるのですが個人のやりとりは限りがあるし、置きっぱなしになっているものに日本人は手を伸ばしにくいと思うので、誰でも利用できる棚を作っちゃいました。全国の統計を見てみると、やはり公共の場に開かれた本棚がある地区が本の行ききも盛んで登録メンバーも多いようです。

基本はブッククロッシングのサイトにID登録してある本であれば持って行くのも置いて行くのも自由ですが、ネットを使わない方は、特に登録せずに置いて行っても問題無しです(次に手に取る方はつまらないかもしれませんが)。登録にこだわらなくても本を手にするきっかけになればとゆるく考えておりますので。ただし、お気に入りの本に旅をさせよう!世界中を図書館に!がコンセプトにあるので、うちに誰も読まない古い本がたくさんあるから少し整理しましょうかという場合は、古書店等にお願いします。

ブッククロッシングサイトに登録された本の中には海外へ運ばれていく本もあるようですが、うちはささやかなスペースなので、興味ある方はもちろんですが、本は読みたいけど書店や図書館は遠い、交通手段的に行きにくいという方や小中学生、ALTの方、本を持ち帰らなくても見学や陶芸のお客さん待ちの観光バスの運転手さんやガイドさんなどにも気楽に利用していただければと思います。店内にブッククロッシングゾーンを設営していますが必ず買い物しなくてはいけないということもありませんので。

現在並んでいるのは社内から出た4冊。まだまだ寂しい。
DSC02113_blog.jpg

ブッククロッシングの詳細と登録はhttp://bokcrossing.jp

posted by UH.Komatsu at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本について

2016年05月26日

炭化焼成の冷酒用杯

久しぶりに湿度の高い一日です。湿度は思っている以上に体調に影響しますので、皆さま、お体大切に。

さて、本日、お店に限定商品が並びました。冷酒用の杯なのですが、今現在は行っていない炭化焼成した品物です。ですので、最近の品物とは少し雰囲気がちがうかと思います。もともとは五個あったのですが、早々に1個売れてしまい残りは4個に。
DSC02108_blog.jpg

お気になりましたら、ぜひ店頭で実物をお手にとってみてください。

posted by UH.Komatsu at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | クマの製品紹介

2016年05月25日

藤の花とヒメジョオン

先日の日曜日。あまりの天気の良さに朝、少し回り道をして山を抜けて出勤しました。緑、緑、緑でまぶしい中に山菜採りの車があちらに一台、こちらに一台、そちらに一台。初夏ですね。

途中、藤の絡まった枝が折れて道路に落ちていたので、車を止めて花の綺麗な部分をむしってきました。車のダッシュボードに乗せたら、甘くて濃厚な、この時期の山の空気に確かに混ざっている香が充満しました。藤の花の香りの強さに改めてびっくりです。

花は束ねてレジカウンターに下げて置きました。ここでも香は濃厚でテントウムシや小さな虫が寄ってくるほど。造花だと思われていたお客様も香に「生花!!」と驚かれていました。
DSC02101_blog.jpg

2日ほど下げていたら、水分がとんで香はますます甘く濃厚に。これはポプリも作れるのでは?

しかーし!

ポプリより食い気なので、会社周辺でヒメジョオンとハルジオンを採取して、歯ごたえ用にタケノコと干しエビを足して天ぷらにしました。ヒメジョオンはキク科で春菊寄りのものなので鮮烈な香りを放ち、藤は熱を加えても色があせないので紫色のまま。ザ・春の天ぷら。ヒメジョオンが少し固かったですが、すぐになくなりました。春は気をめぐらすために香りのいいものを食べるといいといいますしね。余談ですが、ヒメジョオンはお茶にすると糖尿病と結石にいいんだそうです。

藤の花は色と香りから菫のように砂糖漬けもできるのではと思います。ただ採取が難しいですね。杉の木の上の方に絡まってたりするので。次回、採取できる機会を逃さないようにしたいと思います。
posted by UH.Komatsu at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月22日

五月晴れ

おそろしいほどの好天に恵まれた土日です。朝晩の天気予報で「この日差しを有効活用しましょう」というアナウンスを聞くたびに、そうか、それは何かせねば!と奮い立つあたり、自分の曇天慣れを実感します。

とりあえず有効活用の図。大根&にんじんを干してみる。
DSC02104_blog.jpg

農家の方は田植え作業大忙しの土日のようです。出勤時には苗床を積んだ軽トラックと行きちがい、国道のはじっこを田植えマシーンが走ってたりします。好天で田植え日よりではありますが、例年より気温が高く日差しもきついので大変そう。去年の今頃、仕事帰りに寄った温泉に来ていた農家の方々の尋常ではない日焼けっぷりに圧倒されました。日々のご飯に感謝。

水の入った田んぼに両側を挟まれた道路を走るのはまるで池の中を走っているようで開放的な気持ちになります。田植え前は大きな水鏡で空や山が映っていますが、田植えが終わると水面が濁ってしまうのが少し残念。代わりに、なみ縫いのような苗の並びが整然と美しくなるのですが。
DSC02092_blog.jpg

さて我々は室内で頑張ります。今回は窯3つ分の窯出し作業です。なかなかの迫力。
DSC02097_blog.jpg

初夏になったのでビール呑み等、作る器も夏仕様になってきました。さあ、高台みがいて検品、納品じゃ。



posted by UH.Komatsu at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月12日

椿餅

五月雨の続く本日です。春の花が終わって初夏の草花に移ろいはじめた窓の外。やわらかな緑色だった葉が青々として目にしみるようになってきました。

先日、スーパーに買い出しに行ったところ、横手市かぶき屋の椿餅発見しました!!
DSC02085_blog.jpg

2月ごろに出回るお菓子なんだそうですが、この辺では毎年5月の大型連休の頃に見かけます。このタイムラグは一体?ほんのちょっとの間しか出回らないので、年に一回は見つけたら必ず買います。ちょっとお高めですが並ぶとすぐなくなるようで、仕事帰りではサンプルとマジック書きされた小パックに一個だけ詰められたものが、寂しげに残っているのを見かけます。

椿餅本体は、椿の葉の間にこしあん入りの道明寺生地をはさんだもので、桜風味のない桜餅の様な感じです。椿の葉がつやつやで、ぶつぶつした道明寺生地が着色されていないので、小さい雪うさぎが並んでいるように見えます。かわいい。先日聞いたところによると、源氏物語にも出てくる日本最古の餅菓子なんだそうです。
DSC02086_blog.jpg

豆大福にしか見えないパンダ柄の手ぬぐいを敷いてみました。うん、ごちゃごちゃになった。
DSC02089_blog.jpg

その後、毎日売り場をチェックしていますが、椿餅の代わりにみたらし団子のパックが積み重ねられるようになりました。もしかして今季はもうおしまい?相変わらず終りが早い。本店行ったら、まだあるのかなあ。

次は蓬団子ベースの「あやめ餅」の時期でしょうか。和菓子の巡りはびっくりするほど早いです。

ちなみに私も5/9に蓬採取に行ってきました。雨が続いた後だったので、蓬も急成長してだいぶ硬くなってきていました。やわらかい部分はパンやケーキやガレットに、かたい部分はお茶にしてみようかと干し中です。どうかカビはえませんように。早く日が出ないかな…。
posted by UH.Komatsu at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記